オリーブのボトルストッパー

ツリー型のボトルストッパー。オリーブの木で。

オリーブは何にしても可愛い。

特にガレージ工房の大掃除はしませんが、年末が近づいているせいか、いつもならやらないような掃除をしたくなります。今日はチャックを軽く分解してキレイにしました。数個あるので、それなりに時間がかかりました。

小さな鉢植えのバラ。

10日ほどで蕾が開きました。そして蕾がいくつか増えました。

シンク周りの整頓 〜シリコントレーとシェル〜

ちょっと前に買ったシンク周り用のシリコントレーが素晴らしく気に入っています。

上はマスターバスのバニティ。バニティトップは天然のマーブルで、ソープが垂れた跡もシミとなって残ったりします。いずれ自然と消えることが多いのですが、それまででもシミが気になるので、陶器製トレーでサイズが合う物をずっと探していました。そんな時、他の買い物でCrate & Barrel のウェブサイトを見ていたらシリコン製のトレー(Crate & Barrel Interdesign Silicone Sink Tray)を見つけ、サイズ的にも良さそうだったので買ってみました。

とってもいいです。
マーブルの色もグレーのせいかトレーがしっくり馴染み、見た目もチープじゃないのが気に入っています。垂れこぼしをキャッチしてくれるし、メンテナンスもラクチン。お値段も$5.99とリーズナブルぅ〜。
シンク周りに置いておくソープ類って、トレーにまとめて置いた途端に整頓しました感が漂っていいですね。

キッチンのシンク用にも買いました。

残念ながらいつも使っているmethod の食器洗剤は大きすぎてトレーに乗らなかったのですが、手洗いソープ、惚れ込んでいるバーキーパーズフレンド(ソフトクレンザー)、そしてザルなどを洗う日本製タワシはすっきり収まりました。
キッチンカウンターはメンテナンスフリーのクオーツ(人工石)なのでシミ問題の心配は一切ないのですが、キレイすっきりまとまっている感じが欲しかったのです。

そしてトレーのあっち側にあるアワビの貝殻はMr.Clean の受け皿として使っています。Mr.Clean は日本の激落ちくんみたいなものかな。

もちろんタワシやボンスター受けとしてもいいですよ。
(キッチン用Mr.Clean を切らしてしまったので、写真はバスルーム用Mr.Clean です。)

この貝殻は以前記事に買いたTuvalu というお店で3枚買いましたが、ネットなどでも簡単に手に入ります。1枚$4ぐらいだったかな。どれも穴が空いています。汚れたら食器と同じように洗うだけ。見た目がカワイイ上に機能面でも高得点なので、このアイデアは◎でした。

シンク周りの使い勝手/古いキッチンの写真

先週のことですが、ウッドペッカーに起こされました。
暑かったのでベッドルームの窓を開けたままで寝た日だったのですが、朝5時半ごろに大音量でコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン!びっくりして飛び起きました。


*写真はこちらのサイトより

コンコンのスピードといい音量とといい、ウッドペッカーって元気ですね〜。あのくちばしで家の外壁でもつっつかれたりしたら、あっと言う間にインテリアの壁に穴が開いちゃうんだろうな。

さて。新しいキッチンが機能し出してから、3ヶ月が経ちました。
ファームハウスシンクやモーションセンサー付き水栓などの使い勝手をアップしておきたいと思います。

まずは水栓から。
モーションセンサーの水栓は、初めの1週間ぐらいは水を無駄にしている感じがしていたのですが、どの範囲に手をかざすと水が出るなどという基本を押さえてしまえば、無駄もなくなりとっても使い易いです。お肉を混ぜた直後などの汚れた手で水栓ハンドルを触らずに水が出てくるのは、本当に便利。そのため水栓に汚れが付かないので、指紋もなくピカピカに保てます。シャワー機能も付いてますが、言うまでもなく、シンクが隅々までキレイに洗い流せるのは気持ちいい〜。
ひとつ問題があるとすれば、モーションセンサーじゃない水栓を使っている時でも、手をかざして水が出てくるのを待ってしまうこと(笑)。

次はファームハウスシンク。エプロンフロントシンクとも呼ばれています。機能的には普通に大きいシンクと変わりないですが、私が感激したのはシンクの底に敷くグリッド。シンクがファイアークレイでできているのでそれを守る役目をしているのですが、グリッドがあるお陰で食器やスポンジから水が切れるし、食材のゴミや流した汚れにも触れないことになるので清潔を保てる感じがします。

でもこのシンク、フライパンやお鍋など金物のキズが付くんです。真っ白なシンクにキズって、、、、って思い検索したところ、ファームハウスシンクを使ってる人たちがこぞって勧めていたのがこのBar Keepers Friend(↓)。半信半疑で買ってみたら、、、

なんと真っ白に!

タライがシンクにぶつかってできていたシルバーの線もなくなりましたよー。
お鍋などの調理器具、トイレ、バスルーム、タイルなどなど、なんでもキレイになるみたいです。

上の写真はルクルーゼのお鍋。底に付いていた黒い跡も取れました(左がビフォアで右がアフター)。
クエン酸でも落ちなかった食器洗浄機のドアに付いていた水垢も、Bar Keepers Friend でキレイになりました。おススメです。

以前書いた食器の水切りマット(↑)も、やっぱり水切りカゴから変えて正解でした。
食器をすぐに拭く癖が付いたし、頻繁に洗って乾かすので清潔です。

一度も載せたことがなかった古いキッチンの全体写真(↓)。

この写真を撮ったのは、増築工事が始まって10日後ぐらいだったかな?「そろそろキッチンの壁をぶち壊すので、キャビネットなど空っぽにしてくださーい。」と言われて、いそいそとキッチン用品をダンボールに詰めてた日。なんだか懐かしい、、、。

プライウッドの端材収納ラック/蠍が出た

造り付け家具を作ると中途半端なプライウッドがたくさん残ります。いままでこれらを壁に立てかけておいたのですが、いろいろなサイズの物が何十枚にもなると在庫管理が難しくなるし掃除も面倒くさくなるので、収納ラックを作りました。

上の写真の赤いキャスターの付いた物が、今回作ったその収納です。
前部分にはアルミのチューブ(パイプ)を利用して、小さな端材も管理しやすくデザインしました。

アルミはハックソーで切ります(息子の手↑)。

本体に使ったプライウッドは、家具を作った時のマホガニーの残り。接合は端材の収納だからネジでいいかなと思ったのですが、なんとなく気になったので見えてしまう部分だけはドミノで繋ぎました。

キャスターは回転式でロック付き。1つに対して300パウンド(136キロ)までの重量を支えられるというのを買いました。ということは4つで1200パウンド。どのぐらいの重さになるか検討がつかなかったのですが、1200パウンド(544キロ)支えれれば大丈夫だよね?

収納の後ろの片側だけは、微妙に大きい端材を出っぱらせて収納できるよう、サイドをオープンにしておきました。

早速手持ちのプライウッドを入れてみたら、このオープン部分が役に立つ〜(↑)。

キャスター付きなので、必要あればサッと動かせる収納のできあがり!便利になりました。

小さなスコーピオン発見!
1年に1匹ぐらいの割合で家の中に現れます。スコーピオンって動きがスローなので、いつも死んでる?って思うのですが、生きています。ツンツンすると海老反りになります。
この家で初めて蠍を見つけた時は、私にとっては生まれて初めて生で見る蠍だったので怖くなり、ちょうどその翌日にあった子供の健康診断でドクターに相談しました。「万が一、家族の誰かが刺されたりでもしたら、救急へ連れて行った方がいいですよね?」と言う私に「連れて行きたいなら連れて行ってもいいけど、サンディエゴにデンジャラスなスコーピオンはいないから、大丈夫よ。あっはっは。」と笑われました。そんなものなのか。
裏がキャニオンなので、ガラガラ蛇も2回見ました。おっちょこちょいのガラガラ蛇が多いらしく、2回ともちょうど出かけるのに車を出したお隣りのおばさんに引かれてました。
ラクーン(たぬき)やウサギ、スカンクはちょくちょく見るのですが、去年の夏は生まれて初めてポッサムの親子(3匹のベビーを連れたママポッサム)を見ました。隣りのおじさんによるとポッサムは意地悪なので、ちょっかいを出すと仕返しされるからやめておいた方がいいということです。(意地悪じゃなくても、ちょっかい出したら仕返しされますよねぇ。笑)私はポッサムに限らずどの動物も怖いので、ちょっかいどころか一目散に逃げます。
コヨーテも現れるようですが、私には犬との区別がつきそうもないと思うので、教えてもらわないと分からないだろうな。

薪ストーブとセメントタイルのお掃除(いまさらですが薪ストーブの設置費)

もう1ヶ月まえぐらい前のことですが、かわいいかわいい薪ストーブの大掃除をしました。
この間の冬はいつもより寒くて、薪ストーブを設置した初冬でしたが早速大活躍。最後に使ったのは4月の頭だったかな?

ドアのガラスがピカピカですが、シーズンちゅうは真っ黒こげで、ストーブ内の炎が見えないこともしばしば。Windex で取れないしつこい汚れはMr.Clean を使ってこすりまくりました。

ストーブ下にアシュトレーがあるので、灰を掃いてそのトレーに落とすのですが、灰が空気中に舞って大変なことになるので、ゆ〜っくりゆ〜っくり。これが面倒ったら。
煙突内を通っているパイプのお掃除はプロにお願いするのですが、2年に1度でいいと言われたので今年はパス。でも冬の最後にめいいっぱい薪を入れてアッツアツに焚くと、パイプ内が熱でお掃除されるそうです。

薪ストーブが置いてあるセメントタイルも汚れがあちこちに。まずは雑巾掛けをして、それでも取れない汚れは紙ヤスリでゴシゴシ。220以上の細かいヤスリ紙で円を描くようにヤスリるとすっきり綺麗になります。

上の写真はヤスリがけ後。そしてMiracle Sealants Company から出ている511という仕上げ材を塗り、タイルメンテナンス終了です。

薪ストーブにかかる費用を記録していたのに、設置完了した時にブログに記録するのを忘れてたので、いまさらですが 載せておきます。前もってネットで調べた平均費用は、日本が100万円。アメリカが7000ドルとなっていました。我が家は、、、

暖炉の撤去作業費: $300.00
薪ストーブ(Vermont Casting のEncore Flexburn): $2799.00
セメントタイル: $459.75
モルタル(シンセット): $18.41
壁の修復作業費: $250.00
暖炉の設置費: $600.00
設置にかかる材料(パイプなど): $1,630.91
—————————————
合計:$6,058.07

もともと暖炉があったので撤去作業費がかかっていますが、なければかかりません。その代わりに壁に穴を開ける作業費がかかると思うので、ケースバイケースですね。タイルは下手っぴながらも自分で敷いたのですが、壁の修復作業はやる気になれずプロを雇いました。それと薪ストーブはアメリカ製を選んだので、国内生産品でお手ごろ価格だと思います(それでも高いお買い物ですが)。ヨーロッパからの輸入薪ストーブを見ていた時期があったのですが、倍以上のお値段でした。ちなみにうちの薪ストーブは日本では輸入品になるので、やはり倍ぐらいしているようです。
それと州外のお店から買うと消費税を払わずに済むので、州外でさらには送料無料のお店を探しました。

薪ストーブは私が欲しくて取り付けたものですが、シーズン中はダーリンと息子の方が楽しんでた気がします。男性は薪を焚くことにロマンを感じるなんてどこかに書いてあったのですが、おかげで私はあまり薪運びをせずに済みましたよ。

トレーダージョーズのこのSliced French Brioche というパンが(↑)甘くて美味しい♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...