クリスマスじたく

クリスマスのしたくを始めました。

Christmas Decoration

去年はバスルームのリモデル中で、どうせ飾り付けしてもホコリだらけになってしまうと思いツリーすら買いませんでした。今年もあれこれプロジェクトが進行中ですが、去年子供たちにはちょっぴり淋しい思いをさせてしまったので、ある程度の飾り付けはしようと思っています。(と言っても、箱から出してきて置いたり引っかけたりするだけの作業ですが。)

まずはダイニングのシャンデリアに水銀のツララを追加。

Christmas Decoration
(ふだんはこんなシャンデリア

忙しくて写真撮れなかったけど、夕焼け時はツララの先っちょがオレンジ色に!

うちはどんどん高くなるVaulted Ceiling という天井で、一番高いところで4メートルを超えます。開放感は好きなのですが、壁面積が大きくなるので殺風景に見えるのが難です。どうしたら開放感を保ちながらオシャレに壁をデコレーションするか、これからの大きな課題。

Christmas Decoration

夜はこんな感じでシャンデリアの影が壁に柄のように写り、なかなかドラマチックです。

下駄箱の上にはサンタのおうち。
こちらは1階↓

Christmas Decoration

ドアを開けるとオルゴールのようにクリスマスソングが流れる仕組みになってます。
こういう家って小さい子にはたまらないようで、末っ子はドアを開けたり閉めたりしながらサンタのおうちを眺めてます。

こちらは2階↓

Christmas Decoration

もう10年ぐらい前に買ったものなのでデザインも古臭いですが、天井からぶら下がるライトが凝っていたり、クリスマスソングと一緒にサンタや木馬が動いたりして可愛いんです。

Christmas Decoration

サンタ家の横にあるミニチュアクリスマスツリーはTrader Joe’s から。名前はEuro Tree(ユーロツリー)。生の木なのに葉っぱにキラキラがたくさん付いていて、このままで十分クリスマスの雰囲気を楽しめるツリーです。

今週は残りのクリスマスデコグッズを出してきて、ツリーも買ってくるのが目標!

余談ですが、Gerald Butler(ジェラルド・バトラー)が主役を演じる映画「Playing for Keeps」の上映会チケットが手に入りました。今週も忙しいけど、彼を見逃すわけにはいかない。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ダイニングルームのシャンデリアとバレンタインのデコレーション

ダイニングルームのシャンデリア、入居した時は金色でプラスチック製のシャンデリアが付いてました。ホコリまみれな上、7つぐらいあったアームの内の2つが壊れてセロハンテープで止められていた状態。

新調するにあたり、「掃除が大変だからクリスタルは少なめ」ということと「あまり流行性のないもの」という条件の元に探して見つけたのはPottery BarnBellora Chandelier

Dining Room Chandelier

クリスタルがよくあるティアドロップ型でなく、まん丸ボール型なのが気に入りました。全部で35コ。ジャラジャラと100コ以上付いてるのに比べたら少なめだよね?
アイロン製のアームもお気に入り。

このシャンデリア、Pottery Barnで見つけて気に入ったのですが、買ったのはoverstock.com。もともとPottery Barnよりも安かったのにも関わらず、クーポン利用で最終的にはなんとPottery Barnの半額!
その上シャンデリアを吊るす付属のチェーンが、Pottery Barnの12インチに比べ、overstock.comは40インチ。ダイニングルームの天井が高いので、我が家には好都合なお買い物でした♪

シャンデリアの向こう側の壁にかけたのはバレンタイン仕様のプリント♡
壁は今日塗り終わったばかりのホヤホヤ状態。

Valentine's Day Wall Display

この無料プリントは、PIZZAZZERIESのValentine’s Day Art Prints! からダウンロード。

5枚の中から3枚セレクトしました。私の一番のお気に入りは「Bee Mine」かな。

先日姉に「サンディエゴは2月ごろから真夏日がちょっとずつ訪れるんだよなー。」なんて言っていた矢先。まだ1月なのに、今週のサンディエゴは最高気温29℃なんて日もあり、ドライブ中の腕がジリジリするほど。でも気持ちいい〜♪

小さな手作りクリスマスツリー

日本の母から子供たちに、小さな手作りクリスマスツリーが届きました。

末っ子の↓

christmastreebygrandma_1

長女の↓

christmastreebygrandma_2

息子の↓

christmastreebygrandma_3

私のお気に入りは2番目の(長女の)。
チャットで母が自分用に作ったものだと言って見せてくれたのですが、「それがいい!」と言って長女用のと変えてもらいました。
ビンテージ感があって可愛いでしょ♪

ツリーの後ろに写っている窓は、先週末入れ替えてもらった新品の窓。
朝晩5℃なんて日々が続いた10月にオーダーしたものです。
ブルブルと凍えながら過ごす日々だったので、窓の新調で寒さが和らぐだろうと期待してたのですが、ここ数日暖かくて、効果はまだ体感できてません。
でも80年代の黒いサッシ窓が白くなっただけで、インテリアがパッと明るくなりました。うれしい♪

窓が新しくなって喜んだのもつかの間、8枚の内3枚の窓の開く方向が間違ってました。(アメリカって窓の片側しか開けれないタイプが多いんです。)
すぐに作り直してくれることになったとは言え、取り替え作業員さんたちは土足であがって作業をし、最後の掃除なんてとてもじゃないけど私の納得する掃除の仕方ではないので、帰った後に私が拭き掃除をする羽目になるわけです。
我が家は他のリモデルも進行中なのですが、積もったホコリって掃除機だけじゃキレイにならないので、毎日のように床に這いつくばって拭き掃除。もうくったくた。早くのんびりとした生活がしたいー。

手作りクリスマスリース

今年フェルトクラフトを始めた姉が、クリスマスリースを作って送ってくれました。

christmaswreath_1

基本は白でリクエスト。
リースに付ける小さなオーナメントもいくつか一緒に送ってくれたのですが、自分でも作ったり買ったりして付け足せます。
赤やオレンジの暖色系がいいかな〜と妄想中。

christmaswreath_2

感謝祭後の週末、サンディエゴの気温は一気に上がり、日曜日の最高気温は29℃!
今週12月に突入するとは思えないお天気です。

感謝祭/雑誌「Better Homes and Gardens」/オンラインマガジン「Sweet Paul」

今日アメリカはThanksgiving Day(感謝祭)です。
我が家では朝からちょっとしたドラマがありましたが、なんとか乗り越えてまったりとしたランチタイムを迎えております。

感謝祭近くになると「What are you thankful for?」なんていう文章をよく目にするのですが、毎年やっぱり感謝することは、ありきたりだけど家族みんなが健康でいるということ。
でも今日は特にダーリンに感謝。
毎年ホリデー料理担当のダーリンが感謝祭に勤務になってしまったので、「じゃ、今年はファーストフードでランチして、適当に過ごす。」なんて冗談半分で言った私の発言を真に受けたのか(?)、出勤前に感謝祭のご飯を作り、手があいた隙間にはグリーンルームのペンキ塗りを進めて、朝の家族のドラマもサラッと対応してくれたことです。
マイホームに入居してから家のプロジェクトでイライラしていた私だけど、常に家族の為に頑張ってくれるダーリンには頭が上がらない。(←「この発言撤回!」なんていうイライラがまたすぐ起きたりするんだけどね。笑)

さてやっと本題。
好きな雑誌の一つ、Better Homes and Gardens
その名の通り、家と庭がメインの雑誌です。
どっぷりアメリカンスタイルなので、私好みのインテリアってわけではないですが、情報満載で「試してみたいな〜」と思うアイデアが雑誌のあちこちに潜んでるんです。

12月号は、ホリデーシーズンのデコレーションアイデアがメインでした。

Better Homes and Gardens

私がとくに気に入ったのは、Paul Loweさんのブルーをテーマにしたデコレーションアイデア。

Better Homes and Gardens

我が家のデコレーションもしたくて、ムズムズしてきちゃいました。
でも、リモデル中の我が家は物がごった返していて、デコレーションのスペースがないし、飾ったところでホコリをかぶるだけ。

さてこのPaulさんという方ですが、ノルウェー出身のニューヨーカーで、スタイリスト兼クラフター。Sweet Paulというブログを書いてるのですが、彼はブログだけにとどまらず、無料のオンラインマガジンも発行しているんです。今回のホリデー号はなんと172ページ!
画像クリックで、Sweet Paulマガジンのそれぞれのページにジャンプします。

Sweet Paul Magazine

Sweet Paul Magazine

すごいボリュームでしょ。とても個人が作っているとは思えない。
Paulさん出身の北欧の匂いがプンプンして(行ったことないですが。笑)、夢見心地気分でページをめくるんです。
画像を見てるだけでも楽しいのに、クラフトアイデアも満載で、もうそれはワクワクドキドキなマガジンなんです。
「いつか作るぞ!」と勝手に誓ったのが、ドイリーで作るランプシェード(下の画像)。こちらは秋号でした。

Sweet Paul Magazine

雑誌は手に取って楽しみたい派なのでプリント版を買いたいのですが、26.55ドル。うー、結構高いのね。涙
デジタルで楽しみます。
よろしかったらどうぞ♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...