ユーカリの木でキッチンスクープ/木工旋盤の本

1年ぐらい前に作ったスクープにやっとオイルを塗りました。
お砂糖や小麦粉なんかのキャニスターに入れておくようなスクープ(スプーン)です。

友人宅の裏庭で倒れたユーカリの木で、チェリーの木の色に似てますが硬さが全然違くて、ユーカリの方が硬いです。

ユーカリは落葉樹。落葉樹は英語でDeciduous trees。口語的にはHard wood (ハードウッド)と呼びます。パイン(松の木)などはsoft wood(ソフトウッド)になりますが、英語だとまるで木の硬さでカテゴリーが決まるような響きがあるので、誤解している人が多いと木工の先生が言ってました。

スクープの周りにナイフでテキスチャーを入れてみました。

スクープの器の部分は旋盤から外した後、バンドソーで上の写真のように斜めに切って口になる部分を広げるというプロセスです。
こんな当たり前なプロセスも、初めて学んだ時には目からウロコで興奮しました。

上は私が買った唯一のウッドターニングの本で、リチャード・ラッファンさん(イギリス人)のTurning Wood です。

いまだに時々開けては技術の確認をしています。オススメ!

木製ギターピック

末っ子が一昨年のクリスマス前に「おもちゃのギターじゃなくて、本物のギターが欲しい!」というので、小さめのギターをクリスマスプレゼントに買いました。その後すぐにギターレッスンに通わせるはずだったのですがダラダラしてしまい、1年半過ぎて最近やっとスタート。大学で音楽を専攻したという大卒ホヤホヤのアレックス先生が気に入ったらしく、まだ1ヶ月しか経っていないのに、簡単な曲が弾けるようになってきたんですよ。若いってすごいな〜。

私は音楽音痴なので何も手伝ってあげれないのですが、先生にもらった黒いナイロンのピックが「もうちょっとだけ大きいといいのにな」と言うので、木で2種類ほど作って応援。

白い方のピックはバーズアイメイプル。親指があたる部分に少し凹みをいれました。娘はこの凹みが気に入ったよう。
真ん中のは以前箸置きとして作った栗(ウォールナットとホワイトオークの組み合わせ)を薄く削ってピックに。
早速ママの手作りピックでトュインクル・トュインクル・リトルスターと、エルビスのラブ・ミー・テンダーを唄いながら弾いてくれました。嬉しくって、アンコールを何度したことか!

先週終わった小学校4年生の1年間は学校のバンドに入り、サックスを練習していたんですよ。先日リタイアしたおじいちゃんの音楽の先生が素晴らしくて、たった9ヶ月でこんなに吹けるようになりました。

いつも思うことですが、素晴らしい人たちとの出会いが、本当にありがたいです。

ガレージ工房の水回りをリニューアル

増築工事でランドリールームができたので、ガレージにあった洗濯機と乾燥機がなくなり、工房として使えるスペースが増えました。

上の写真のコーナースペースが、以前は洗濯機などがあった場所です。端材を収納している4段の赤いボックスの後ろには、無駄に右往左往した水道管がありました。下がビフォア写真。

入居時からこうだったんです。水道管が壁の外な上、引っ張るとグラグラ〜。赤と青のタンクのような物は、ウォーターフィルターかな。プラマー(水道屋さん)に来てもらって、不必要な管をカットしてもらい、タンクも取り除いてもらいました。(この作業費が予想より高くて悲しかった、、、。)

水道管をカットしてもらう際にシンクや水栓も繋ぎ直しだろうと思ったので、使いずらかったシンクのキャビネットを作り替えました。キャビネット本体のプライウッドとシンク&水栓は再利用。買ったのは引き出しのレールとイケアのカウンタートップのみです。イケアのカウンタートップはオーク材のものですが、反りがひどかったー。

水道管はすっきりしたものの、ドライウォールの修正をしなくちゃいけなくなりました。

スペース的にもちょうど良いので、とりあえず赤いボックスでドライウォール隠し(↓)。笑

作業スペースの改善は永遠に続きそうですが、少しずつ気持ち良い作業ができるようになってきました。

ダーリンが1年ぐらい前に買ってきてくれた消化器。やっと箱から出して、壁に付けました。木工品にオイルなどを塗ることが多いので、念には念を。

キッチンの引き出しを整理整頓 〜仕切りを付けて〜

キッチンのシンク横の引き出しの幅は約1メートル。下2段の深い引き出しは、お鍋やフライパンなどの大きい物に便利なのですが、ナイフやヘラなどのキッチンユーテンシルを幅広い引き出しに入れると、中で大混乱を起こします。そんなことになるのは目に見えていたのでユーテンシル用の引き出しだけ仕切りを付けて3セクションに分けておいたのですが、それでもゴチャゴチャ。

主な問題は一番広く確保しておいた右側の包丁などを含むセクションでした(↑)。そこで包丁を刺しておけるブロックを作り、残りのスペースを測って仕切りトレー2つも製作。

やっぱり包丁には指定位置が必要ですね。整理整頓されて、やっとスッキリ気持ち良くなりました。

写真で、一番大きな包丁の先っちょが飛び出ているのが分かりますか。WusthofというブランドがIn Drawer Knife Block という下の写真の包丁を刺しておく引き出し用のブロックを売っていて、なぜデザインが波状なのかと疑問に思ったことがあるのですが、自分でブロックを作ってみてなんとなーく謎が解けました。

包丁ってハンドル部分の大きさやデザインが様々なので、波状にすることで、それぞれの包丁のブロックへの収まりを調整できるのだと思います。私が作った単純なブロックはそんな仕組みがないので、大きさやデザインに寄っては包丁の先が飛び出てしまいます。引き出しの深さがあるので収納上問題なくそのままにしましたが。

キッチンユーテンシル用引き出しの左2つのセクションは、ベイキング類とあまり使わないユーテンシル類に分けました。使わないユーテンシル類というのはダーリンが単身赴任中に必要になり買った物が多いので、すでに家にあるものと被っていてほとんど出番なし。
これらのセクションにはイケアの引き出しマットを敷きました。Variera Drawer Matという商品で、最高のマット!と私は思っています。

キッチンカウンターは奥行きが24インチで、引き出しの奥行きが21インチ、それから引き出しの厚みを引き算すると20インチ弱になるのがスタンダードだと思うのですが、イケアのマットはぴったりに作られているんです。カットすればいいのは幅だけ。$3.99というお値段もウレシい!新しいキッチンに大量買いしました。

クリアのマットなので、下に布を敷いて楽しんだこともあります。

上の写真の記事「仕切りトレー 〜パントリーの引き出し用〜」からもう4年以上経ってますが、この引き出しは写真の状態のまま。プライウッドで作った仕切りトレーは、いつか作り直したいな。

一番頻繁に使うキッチンユーテンシルは、カウンター上で2サイズある木製のスタンド(自作)に入れてます。

整理整頓して、ますますキッチンが気持ち良くなってきました。

新しいクローゼットに棚を付けて整理整頓

増築でできた新しいクローゼットに、物の出し入れがしやすいよう棚を付ました。

4段とも壁に木の棒をネジで留めてプライウッドを乗せる式の棚にするつもりだったのだけど、上の2段は浅い棚のため、両サイドの木をネジで留める柱が壁の後ろにない様子だったので諦め、L字ブラケット式の棚に変更しました。

上2段は空きボトルや瓶、使っていないケトルや水切りカゴなど。
ランドリールームにあるクローゼットですが、とりあえず収納したのは今の時点でキッチンから溢れているものが多いです。でもキッチンにもっとキャビネットが増えるので、いずれ収納の方向性が変わる可能性が高いかな。

下2段は電気鍋などと、アイロン&洗濯用品。床スペースはヒーターとクーラーボックス。11年前に日本から引っ越してきたときに持ってきた物干し竿も。

裏のキャニオンに、鮮やかな色をした鳥を発見。

2〜3本の枝に止まった後、あっという間に飛び去っていきました。

今年の春はキャニオンから上がってくる虫の数も種類も多くて、ドアの開け閉めをチンタラやっていると家の中にまで入ってきてしまって嫌だったー。ここ10日間ぐらいで、やっと落ち着いてきたところです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...