ナンタケットバスケット 〜1コ目のリム〜

1個目のナンタケットバスケットが編み上がりました。このバスケットの前回の記事はこちらから

次の作業はリムの取り付けです。

basket_rims

リムを上の写真のように数日間留めて形を記憶させます。まさにシェーカーボックスを作った大学のウッドベンディング(曲木)の授業で習った技術!このあと小さいピンのような釘をリムに打ってバスケットに取り付けるという手順です。

2つ作ったバスケットモールドの内、もう1つの方はまだ使っていないのですが、普段使いの小ぶりなバスケット製バッグが欲しいので、それ用のモールド(型)を作っています。

basketmold3

バッグにするのは円柱じゃないので旋盤でモールドを作ることができません。そこで希望の形のテンプレートを作り、そのテンプレートを使ってルーターで何枚ものプライウッドを同じ形にカットし糊付けしました。まだ半信半疑なモールドの製作方法なので、バスケット作りにどう影響するか定かじゃないのですが、とにかく挑戦。上の写真は底になる部分からサイドへのカーブをカンナで削っているところ。

w1000_h1000

上の写真は、去年歯医者さんの待合室でめくって見ていた雑誌の1ページ(雑誌名忘れました)。カワイくて釘付けになり、「こんなバスケットのコレクションがあったら、お出かけごとに選べて楽しいだろうな〜。」なんて思ったのが事の始まり〜。

バスケットの編み作業は、日々のスケジュール上、木工やウッドターニングで木屑だらけになりたくない日中や、息子のサッカーや陸上の練習の待ち時間潰しに材料を持って行って出来るのがいいです。木工は当たり前だけど、出先に機械を持っていて暇つぶしに作業するというお手軽さがないのが難なんですよね。

drivinglessons

とは言え、夏休み中に上の子供たち2人が仮免を取ったので、彼らが運転するようになる日も目と鼻の先(上はインストラクターとの初日のドライビングレッスンの写真)。免許を取ったら自分たちで出かけるようになると思うので、スポーツの待ち時間をバスケットの編み編み作業に活用するというプランは、あっという間に終わりそうです。

ナンタケットバスケット 〜1コめの経過〜

ゆーっくりですが、バスケットのモールド作りで紹介したモールド(型)を利用して、やっとバスケットを編み出すところまでたどり着きました。

NantucketBasket1

編み出す前に、バスケットの底になる部分も作りましたよ(↓)。

BasketBottoms

これは旋盤で木を丸くして溝を入れればいいだけの話しなのですが、手持ちのツールにこんなに細い溝を入れれるツールがありません。しょうがないので、2枚の木を間に隙間をあけて糊付けする方法で作りました。

まだ編み終わっていませんが、バスケットをモールドから取り外すと、中はこんな感じ(↓)。

NantucketBasket2
 
シェーカーボックス作りに似ていて、かなり気をつかうクラフトです。想像していたよりも難しくて、ビシッと綺麗に編めなく手こずってるのですが、まだ1個目なのでしょうがないかな。
ケーンを引っ張っていると手も痛くなるので、また気が向いたときに進めます。

手作りミニバスケットとクッション

煮て柔軟にしたパインニードルを使って編んだバスケットが完成。

Pine Needle Basket

柔軟になったのでボキボキ折れなくなったのはいいのですが、編んでてクニャクニャするという問題が発生。一難去ってまた一難。
でも負けずに、今回は違うステッチを入れてみたり、チェコビーズも加えてみたりと挑戦しました。

Pine Needle Basket

母が新しい箸置きセットを送ってくれたので、このバスケットもまたまた箸置き入れに。

Pine Needle Basket

今回もバスケットの編み始めはウォルナットスライス。

末っ子が熱を出して、初めて学校を休んでます。皆勤狙ってたのになぁ。
不調で家にいても、私にべったりするわけじゃないけど仕事をさせてくれないので、バスケットを仕上げたあとはクッション作り。コンピューターに向かうのはダメだけど、クラフトやお裁縫をするのはいいみたい。末っ子は横でおとなしく、頼んでないけど針山のまち針の色分けをしてくれました。

Pillow with Salvaged Fabric

このクッションのフリフリ部分は、長女がまだよちよち歩きのころに母が作ってくれたラッフルスカートの生地。可愛くてずーっと捨てれなかったのです。

バスケット用、柔軟なパインニードル完成

Result from Baking Pine Needles

パインニードルが生まれ変わりました。
「何のことだ?」という方、前回の記事の結果です。

Result from Baking Pine Needles

数時間、オーブンで焼かれてこ〜んがり。そして驚くほど柔軟になりました。
どれぐらい柔軟?ってこれぐらい↓

Result from Baking Pine Needles

スパゲッティ並み。
焼く前はこんなことしたら、1周ぐるんする前にボキッでした。
グリセリンのパワーってスゴい。
私たちの肌(化粧水)にも使われるぐらいですもんね。

松の種類によってはもともと柔軟性がよく、そのままで完璧なパインニードルもありますが、焼くことで色がダークになるので、糸の色とのコントラスト付けにいいかも。
早速編んでみたら、ほら(↓)何だかキレイでしょ。

Result from Baking Pine Needles

バスケットの先生に、「パインニードルをカラフルにステインしてみたいなぁ。」と言ったら、軽く反対されたことがあります。「自然らしさがなくなる。」という「ピュアリスト」的お考えらしいのでそれ以上突っ込みませんでしたが、私は「何でもありスト」なので内緒で挑戦してみます。
次はステインの実験かな。

今回の実験のおまけ。
パインニードルのお鍋をオーブンに放り込んで1時間を過ぎたころ、家中がまるで森林のよな自然の香りに包まれました。ポワ〜ンとしてくる森林浴フレグランスをふりまいた感じ。はまりそう。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

バスケット用パインニードルのプレップ

前回のパインニードル・バスケットは、パインニードルがボキボキと折れてしまいあまりキレイにできなかったので、今回は先生に教わったボキボキ防止に挑戦です。

まずはパインニードル(松の葉)と枝をつなぐ部分をキレイに処理してから・・・

Cooking Pine Needles

お鍋へ。

Cooking Pine Needles

グリセリンとお水を足して、数時間浸します。

Cooking Pine Needles

そしたらオーブンで焼いちゃいます。

実家の庭にも松の木が植わっていますが、日本の松の葉はすごく短いですよねぇ?
このぐらい(手前の3束↓)の長さだと思います。

Pine Needle Comparison

いちばん向こう側のサンディエゴの松の葉は、少なくとも2倍の長さ!
松の葉は、暖かい地域の方が長くなるそうですよ。
日本でパインニードルのバスケットが浸透していないのは、松の葉が短いためにバスケットの材料として不向きなんでしょうね。(たぶん。)
でも今度実家へ行くとき、短い松の葉のバスケットに挑戦してみたいです。

去年シガールボックスをくれた木工所のエルトンさんから、木工やクラフト関係の本をたくさんいただいたのですが、その中の1冊が「ハンドメイドバスケット」。

Book, "Handmade Baskets"

ずいぶん古臭い本だな〜と思ったら(笑)、1992年に出版されたものでした。
でもバスケットを編むということ自体が昔から伝わる古臭い作業だから、内容は今も昔も同じ(はず)。ちなみに私が挑戦しているパインニードル・バスケットは、コイル編みのカテゴリーに入ります。

オーブンから出てきたパインニードルは、明日(か明後日)アップします!

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...