ナンタケットバスケット製作 〜リムのモールド作り〜

自分で作ったモールドで編んでいたナンタケットバスケットが、まだ完成してないのですが編み上がっただけで興奮して、レザーのハンドルをクランプで付けたりしていました。

ステーブが流されてしまっているのは早くに気がついたのだけど、とりあえずこれは進めて完成させて、次回へのバネにしようと思いながら編んでしまいました。

さて編み終わってモールドを抜こうと思ったら、キッツキツで抜けない!モールドがプライウッドなので、冷蔵庫に入れて冷やしたところで縮まないはずなので、ちょっぴり残念だったけど長めのネジを2本入れて引っこ抜きました。

次はリムの作業。まずはこのバスケット用のリムを曲げるモールドを作らなければいけません。曲げ木と同じようなモールド作りです。今回はリードリムにする予定で、リードの幅が7/16インチなので、1/2インチのプライウッドでのモールド作りがちょうどいいです。
内側のリムのモールドはバスケットのモールドと同じサイズで。以前買った本には「内側のリムのモールドは3/8インチ小さく作りましょう。」と書いてあるのですが、どう考えてもそれはおかしい、、、ので、ここは自分の計算を信じて進めます。

糸鋸で中をカットし、スピンドルサンダーできれいにヤスリます。

外側のリムはステーブとケーンで編んだバスケットの厚み(1/8インチ弱)分大きくしたいので、モールドを1/8インチ大きく作ります。

本によって、リムはオーバラップが4インチとか5インチとか違いがあるのですが、今回作っているタッパーは小ぶりなので4インチでいこうと思います。

内側と外側両方のリムのモールドの周りを測ったら4インチ足した分のリードを切り、オーバーラップ部分がスカーフジョイント(まさに首に巻くスカーフのように、巻いた時に1つにまとまるよう)になるようカンナで削るのですが、スポークシェーブの方がコントロールして削りやすい感じがしました。

そしてリムのモールドにリードを巻きつけてクランプで留めます。これで最低1日は寝かし、やっとリムをバスケットに付ける作業にたどり着きます。

節約も兼ねてますが、できるだけ自分の手で作りたいと思うと、それぞれの段階で「作る」だけじゃなく「準備」も関わってくるので、とにかく時間がかかります。将来同じものを作る時は準備が済んでいるので楽になるのですが、改良版が必要になったりするので繰り返して同じような物を作ることもしばしば。面倒が分かっていても自分の手で作りたいんですよね〜。
末っ子も私に似てなんでもやりたがる・作りたがる派で、私がバスケットを編んでいるのを見て「私もやりたーい!」と毎日訴えていたので、すでに作ってあったミニのオーバルのモールドで挑戦させることに。

とは言えステイブとかの準備部分は10歳児には難しいと思うので、そこは私が準備しました。どんな感じに仕上がるかな。これも楽しみです。

赤いナンタケットバングル 〜半失敗談〜

息子が運転免許を取得したので、夕方のサッカーの練習へ自分で行ってくれるようになり、母親業のスローダウンが始まりそうな予感の日々です。こんな日を待ち望んでいたのに寂しい。外の空気を吸いながらボーッとサッカーの練習をする姿を見るのが楽しかったな〜なんて。

さて。ナンタケットバングルの赤バージョンが作りたくなったので、材料の染めにチャレンジ。ネットで調べたところ、アメリカで出回っているRIT というブランドのダイ(染め粉/染め液)を使うように書いてありました。布用だと思います。でも木用のダイ(染め粉)しか手元になかったので、木用で染めて編み始めたのですが、、、

なんと、編みこんでいくうちに赤があちこちに滲みだしてきてしまいました。染めた後、クリアのウレタン塗装もしたのにぃ。編み終わってから滲んだ赤をヤスってきれいにできればいいのだけど、赤があちこちに残ってしまう可能性もあるので、残り半分を編むのが無駄な気もしてきています。
とは言え赤ってやっぱりカワイイな〜!紺や黒も作ってみたいです。

トレーダージョーズで上のクッキーを買ってみました。ドライブルーベリーのグニョッが楽しい食感。

Save

ナンタケットブレスレット

まだ完成の1歩手前なのですが、ここ数ヶ月作りたいと思っていたナンタケットブレスレットをやっと!

手がつりそうになりながらも頑張った甲斐ありました。早く暖かい季節、こないかな。

キャップをまだ糊付けしていないので中途半端な状態の写真(↑)ですが、次はキャップも自作してみたいので、糊付け前にサイズを測っておこうと思い、まだこの状態なのです。

ほうきの枝で手作りシンプルリース

リースを作りました。

Wreath_Handmade

究極なほどにシンプルなリースですが、木工旋盤で作ったツリーを付けて私らしさを。あとで玄関のドアに掛ける予定です。

ベースとなる輪っかは、トレーダージョーズで売っていたほうき(小枝)を解いて作りました。このほうきはシナモンの香り付きなので、ホリデー気分アップするんですよ。

TJ_CinnamonBroom

$3.95とかだったかな?デコレーション用なので実際のほうきとしての役は果たせないようです。残った分はまたまとめてくくって、デコレーションほうきに戻します。

CakeByMyGirl

ダーリンと末っ子で作ったケーキ。
甘すぎず、なかなか美味しかった♪
「ダディが手伝ってくれて作ったの。私が手伝ったんじゃないのよ。」だって。

初挑戦のマクラメでプラントハンガー作り

友人に誘われて、「マクラメで作るプラントハンガー」教室へ行ってきました。

macramePlantHanger1

上の写真はレッスン後ですが、この狭い部屋に30人以上の女性がギューギュー詰めになりながらマクラメをしました。最終的には外の通りにラグを敷いて、10人ぐらいは外で座っての作業。

右の長身の女性が先生。Women’s Craft Beer Collective という名のビール好き女性グループの代表を務めているらしく、$18の授業料に加えて、みんなとシェアするビールを持参するという決まりの教室。要するにビールを飲んで女だけで盛り上がろうぜ!と言う、あまりマクラメに真剣な様子はありませんでした。笑
左の女性がオフィスを解放してくれたインテリアデザイナーで、友人の友人。

macramePlantHanger2

初挑戦したマクラメの感想。なかなか難しいです。きれいに結ぶなんてことは二の次で、形にするだけで精一杯。太いロープで編むプラントハンガーぐらいでややこしく感じたので、タペストリーなどのアート作品は、知識、経験、高度な技術が求められるんだろうと思います。

早速ダイニングルームの壁に吊るしてみました。
木のフックは、3年前に大学で曲木のコースを取ったときに作った曲木フック。やっと吊るす物ができてウレシい。

macramePlantHanger3

ボトルに砂、石、貝殻、エアプラントなど好きなものを選んでお持ち帰り〜。
楽しい夜でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...