ゼブラウッドでフードブログにお似合いなまな板

ゼブラウッドをいただきました。
その名の通りシマウマのような木です。
8X28センチと小さめだけど、5センチもの厚み。
通常(約2センチ)の厚みのゼブラウッドが30センチ四方で$25ぐらいだったと思うので、ゼブラは木のセレブです。

そんなわけで「また」まな板作り。笑
今回はゼブラウッドだけを使って素朴なまな板にしました。

Zebra Cutting Board

厚みがあって面積が小さかったので、まずはまっぷたつにスライスしてノリづけ。そうするとノリづけした中心を基準に左右の木目が対称になり、まるで本を開いたかのように見えるので、この方法を英語で「ブック・マッチング」と呼びます。下の写真で木目がシンメトリーになっているのが分かるかな?

Zebra Cutting Board

ゼブラまな板は日ごろお世話になっている人へのプレゼントとか、売る用にストック行きにするつもりでしたが、小さなヒビが数個。涙
ヒビ部分がなくなるようにカットすればいいのだけど、試しに使ってみたらなかなかいいサイズだったので切っちゃうのがもったいない。

Zebra Cutting Board

先週末、Sproutsへ行ったらイチゴが4パック5ドル!
コンデンスミルクをかけてそのまま食べたり、バナナと一緒にミキサーにかけてシェイクにしたり、チーズケーキに入れたり。ゼブラまな板と一緒に写真を取ってみたら、写真に個性が出てフードブログに似合うかも?なんて。
私はお料理するけどお料理好きではないので、フードブログはもっぱら読む側ですが。

Zebra Cutting Board

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

手作りアルファベット・クッション

クッションを縫いました。

Alphabet Cushion

オットマンを作るのにQuiltHome.comというお店で布を買ったのですが、$50以上の購入で送料が無料になるシステムにあとちょっと足りなかったので、クッションにする布を0.5ヤード買いました。IKEAソファにクッションを増やしたかったので、ちょうど良かった。

この布のデザイナーはKathy Millerという方で、QuiltHome.com内でのKathy Millerさんデザインの布ページはこちら
このオンライン布屋さんは今回初めて利用したのですが、注文した翌日には「送りましたよ」メールが届く早さで気に入りました。しかも商品の小包の中に手書きでメッセージが入っていたのにホロッときてしまいました。何でもコンピューター化されている中、こういうマニュアルな配慮を同封されると弱いです。笑

Alphabet Cushion

この生地、かわいいでしょう?
両面に家族みんなのファーストネームのイニシャルが入るようにカットしたので、そのイニシャルにだけ刺繍でもしようかなと思っています。

でも残念なことに布が足りなくなり、クッションを囲う周りの布を表面のアルファベットの向きと揃えることができませんでした(↓)。これだけ布を注文し直すのも面倒なので、向きがチグハグですが無視して縫いました。上下がある布って、こういうときにちょっと面倒ですね。

Alphabet Cushion

オットマンに続き、このクッションもパイピング。2度目の挑戦でした!
追記:パイピングは、ポンポンクッションと同じピンクのカラーリネンを使いました。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト4週目

週末を利用して進めているピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト、4週末を終えてやっと本体のペンキ塗りが終了しました。
このプロジェクトの1週目2週目3週目はそれぞれのリンクから見てね。

Wardrobe Project in Pink Room

ようやくビジョンが形になってきた感じ♪

前回のステップで勢いがついていたので、「ペンキ塗ってクローゼット用ロッドを取り付けたら、来週には次のブログ記事書けるぞ。」と張り切っていたのですが、配達屋さんのミスでロッドを引っかけるフランジ(両サイドの金具)がなくなってしまい送り直してもらったため、こんなに時間がかかってしまいました。こういうことあると、やる気なくなっちゃうんだよね。笑
送り直してもらったフランジが到着した数日後、ガレージにいた息子にご近所さんが「これお宅の荷物だよね。」と言ってフランジの入った小包を持って来てくれました。配達屋さんが間違った住所に届けてしまったということなんだろうけど、できればもう少し早く持ってきて欲しかった。2週間近くもたってるんですけどー?笑

Wardrobe Project in Pink Room

ペンキの色選びですが、私は「赤!」ダーリンは「白!」末っ子は「ピンク!」
大きな物だからやっぱり赤は圧迫感あり過ぎるかなと思うけど、ピンクルームに白なんて退屈すぎ。結局ピンクになりました。ピンクルームと名付けた部屋だから当たり前と言えば当たり前かな。部屋の壁が極めて薄いピンクなので、コントラストが付くように濃い目のピンクで話しがまとまったのですが、その「濃い目ピンク選び」は想像以上の難題でした。
赤だったら好きな赤は数個に限られているのであっさり決定できるのだけど、ピンクはどれもカワイイ。紫が入ったラベンダーのようなピンクは若いころから大好きだし、グレー入りのピンクもシックでいい!オレンジがかった珊瑚ピンクも好き。
混乱してきたのでフォトショップでピンクのサンプルファイルを作っていたある日、デスクの上に転がっていたハローキティーのメモ帳のピンクがカワイク見えて「これだ!」と決定。メモ帳片手にHome Depotへ行ったはいいけど、他のピンクを見てまた悩み、最終的にはBEHR(ペンキのブランド)のサンプルカラーの中から選びました。さっさとHome Depotに行っておけば良かった。笑

作業中に外遊びから戻ってきた末っ子(↓)。汚い手足でよじ登られて、さっそく汚されました。でもピンクワードローブに喜んでくれたので、汚したの許すぅー。笑

Wardrobe Project in Progress

ヤスリかけを怠ったためミルマーク(機械の刃物の跡)が残ってるのが悔やまれますが、ペンキはスプレーしたかのようにキレイに塗れました。MDF材はペンキの付きが本当にいいです。そしてこのピンクは大正解!とても気に入ってます。

目の前のベースモールディングはまだ置いてあるだけなので、早く釘を打たないと。釘の頭をJoint Compoundで隠してキレイにしたら「さー、次はドアと引き出し作り!」といきたい所だけど、収納できる時点まで到達したのでちょっとお休み。というのはマスターベッドルームの収納スペースも確保したいので、先にそっちの本体作りを進めたいんです。
今回このプロジェクトで反省点がいくつかあるので、早速それをマスターベッドルームで活かして再度挑戦です(というとまるでピンクルームをテストに使ったみたいに聞こえますが、そうじゃないですよ。)

狭い部屋なので正面写真が面倒なのですが、100%完成したら、ベッドを動かしてでも正面写真を撮ってアップします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

手作りスツール/オットマン

5ヶ月越しのプロジェクトがほぼ完成です。

Handmade Ottoman

「大きめのスツール」が欲しくて作りました。「オットマン」と呼んでもいいかな。
座面の円の直径は25インチ(約64センチ)、イス全体の高さは15インチ(約38センチ)。
大人1人なら余裕で。子供なら2人腰掛けられるぐらい大きいです。
足の爪切りにパーフェクトな高さ♪ 笑
妊婦のときにこんなフカフカなローチェアがあれば、足の爪切りに苦労しなかっただろうに。

なぜこんなスツールが欲しくなったかというと、以前のブログ記事 雑誌「Anthology」とイクレクティックスタイルインテリアで語ったAnthology。この2011年秋号に載っていたオットマンチェアのような丸いスツールを見たのが事の始まりでした。
左ページに写る丸イスです↓

Anthology magazine Fall 2011

存在感のあるイスに心奪われてしまいました。
クロースアップ写真はこちら↓

Anthology Magazine

上の写真のお部屋の持ち主は、ラージャスターン(インド)への旅でこのオットマンを買ったと語っています。似たようなイスを探していたら、そっくりなオットマンをSerena & Lilyで発見。Chakkiという名前で売られています。インドのミル(製粉機)からインスピレーションを受けてデザインしたのでChakkiと名付けたそうです。やっぱりインドでした。お値段は$450。

グッドタイミングなことに、丸スツールへの思いとIKEAソファの購入で14年間使ったカウチが不要になることが重なりました。インドのChakkiのような彫刻は入れれないけど、とにかく丸いスツールが欲しかったので古カウチの座面スポンジを再利用して作ることにしました。

座面のスポンジを丸く切ったのは1月ごろだったでしょうか。それから布を決めたり足を決めるのに4ヶ月も。(Mollie Makes Issue 13と創刊号の無料ダウンロードにも書きましたが、布選びなどでタラタラと時間をかけていたため、Mollie Makesの最新号に載っているスツールカバーの作り方を真似たみたいな形になってしまいました。違うんですよ。笑)
足は自分で作ろうか買おうか迷った末、オンラインでミッドセンチュリースタイルの足が見つかったので買いに決定。チェリーの木を選びました。これから少しダークになるようフィニッシュする予定です。(追記:足のフィニッシュしました。フィニッシュあれこれで完成した姿をどうぞ。)足が付いている土台は、以前のプロジェクトの余りPlywoodを丸く切っただけ。

Handmade Ottoman

カバーは洗えるようにしたかったので、裏は取り外しが効くようゴムを通しました。
「ゴム」と聞くだけで、いきなり生活感がでますよね。笑
でも「取り外して洗える」というのは主婦の強い味方。安心します。

使った布はAnna Maria Hornerさんデザインのもの。(彼女のことは、以前もイギリスのハンドメイド雑誌 Mollie Makesで語っています。)

Handmade Ottoman

端のパイピングは初挑戦だったので完璧にはほど遠いですが、とりあえず許せる出来映えです。
気に入った布を見つけたら取り替え用も作って、気分で違うカバーをエンジョイしたいと思います。

ちなみにこのオットマンはマスターベッドルーム用です。夫婦お揃いの日本製洋服ダンスがダークブラウンなので、マスターベッドルームはそれを基準にインテリアを考えていく予定です。

Handmade Ottoman

古カウチは3パーツからなるL字型でした。今回使ったのはコーナー部分だけなので、長方形の大きな座面スポンジがあと2個残っています。ニマ。
縫い物が続くと木工が恋しくなり、木工が続くと縫い物が恋しくなる浮気性な性格なので、今回は「こういう両方が絡むプロジェクトはいいバランスかも?」という発見がありました。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

長女の部屋のウィンドーシルとカーテン

長女の部屋の窓にウィンドーシルをつけました。ディテール(装飾)です。窓のディテールはWindow Sill(ウィンドウシル)、Window Casing(ウィンドウケーシング)とかCase Molding(ケースモールディング)、さらにはWindow Trim(ウィンドウトリム)とも呼ばれます。
ウィンドーケーシングは窓の4辺をモールディングなどで囲みますが、底部だけというのもありです。底部だけをさすのがSill とかStool、口語的にはLip(リップ)とも呼ばれるそうです。窓の下唇部分ってことなんだろうと勝手に解釈しています。
家の窓のほとんどをカーテンにする予定なので、窓の底部だけのディテールがいいかと思ったのでウィンドーシルを取り付けます。というのは窓の4辺すべてをCasingしても、通常スタイルのカーテンの場合はCasingの大半が隠れてしまうので、底部だけで十分だよねという理由です。
ちなみに家中の窓すべてディテールなしなので、これから1つづつチビチビと付けていく予定です。うちはほんっとうにディテール度ゼロの家です。だからこそ作業のしがいがあるとポジティブに考えています。そうでもしないとね。笑

まず下の写真が窓の底部を付ける前。
「まだ家建て中?」なんて思うほど装飾なしで寒々しく見えます。

Blue Room Window Before Bottom Casing
(窓の右上部からぶら下がる物と外のごちゃごちゃした景色は無視してね。)

そしてこれ(↓)が底部を付けたところ。
(カーテンロッドも付けた後の写真になってしまいました。)

Blue Room Window after Bottom Casing is IN!

窓の枠内ではなく壁に添って付いている部分はMolding(モールディング)とかApron(エプロン)と呼ばれているようです。

Blue Room Window Bottom Casing is IN!

家の装飾部分を担当するディテール職人さんやカーペンターは、ここにクラウンモールディングとお揃いのモールディングを付けたりもするようです。うちの場合クラウンモールディングは付いていないしベースモールディングもシンプルなので、Casingもシンプルに平らがいいなーと思い、何かのプロジェクトで残った木を薄く加工して作りました。
たかがCasingですが、これだけで窓がちょっぴり嬉しそう。

そしてカーテンを縫いました。

Blue Room Window Curtains

長女が選んだ生地で、テキスタイルデザイナーのTanya Whelanさんの生地です。
前にも書きましたが、Tanyaさんは私の好きなYvestown BlogのYvonneさんとお友達だそうで、Tanyaさんのソーイングブックの写真はYvonneさん邸で撮影されていたりします。Yvonneさんがその事をブログで発表する前に気が付いてしまった私は、かなりのYvonneさんストーカーです。笑
Tanyaさんデザインのお花柄生地はCath Kidsonの物にかなり似ているので、キャスファン=Tanyaファンな確率が高いですが、逆に「キャスの真似してる!好きじゃな〜い。」なんて思っているキャスファンもいるのかも?
私はTanyaさんにはTanyaさんのお花ワールドがあると見ています。それと私は若いころからペイズリーが好きで、このブログのタイトルも「ペイズリー」という単語をどうにか入れようと考えたほどなので、Tanyaさんのペイズリーとお花を混ぜたデザインも大好き&おススメです。(ペイズリーをブログタイトルに入れるのは無理矢理過ぎて諦めました。笑)

ブルールームのカーテンロッドはIKEAのBETYDLIG。リビングルームの窓に使ったIKEAのKVARTALのインストールは、大人2人プラスたまーに子供を使って数時間かかったのに比べ、今回はちょちょいのチョイ。私1人でインストールできました。
いずれレースカーテンも作って2重使いしたいけど、カーテンレールではなくカーテンロッドがいいなぁと思って探していたら、このカーテンロッドが条件にピッタリでした。ロッドとブラケットの一部をもう1セット買い足せば、2重カーテンが可能になる作りです。

「6月の誕生日は、一番好きな友達2人を呼んでお泊まり誕生パーティーにしたい。」という長女の希望に添えるよう、急いでブルールームに手を加えています。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...