ツールバッグとブックバッグ

今学期大学で受講しているハンドツールのコースですが、購入しなくてはいけない手工具がいくつもありました。しかもいちいち高い!

toolbag1

でも、いちいちステキなんです。
使わなくても眺めるためだけに持っている価値があるのではないかというぐらい。
上の写真の一番手前にあるブロックプレーン(小さいカンナ)は鉄と真鍮があり、もちろん真鍮を選びました。カワイイでしょ。
こんなオシャレなツール達をプラスチック製のツールボックスに収納するのは悲しいので、なんちゃってオーストリッチ(ビニール素材)の布でツールバッグを作りました。久々のミシン作業です。

toolbag2

こういう素材でバッグを作るのは初めてだったので学ぶことが多く、失敗だらけの恥ずかしいバックですが、今週の授業からこれで行っちゃいます。
布は息子のイスの布はりをしたときと同じもの。ちょっと多めに買っておいたのでした。

残った布は、長女が教科書とバインダーが入るバックが欲しいというのでブックバッグを縫いました。

bookbag1

しばらくたたんで置いてあった布なので折り目の山が目立ちますが、その内消えてくれることでしょう。

bookbag2

ツールバッグで失敗した部分からいろいろ学んだつもりでしたが、このブックバッグでもほどいて縫い直したい部分がいくつか・・・。(直さなかったけど。)

bookbag3

上の写真でバックを持っているのは末っ子。「私も欲しいぃ。」そうです。
バッグの中にはグレーの花柄布を使ってみました。とっても気に入ってもらえました。

手作りミニバスケットとクッション

煮て柔軟にしたパインニードルを使って編んだバスケットが完成。

Pine Needle Basket

柔軟になったのでボキボキ折れなくなったのはいいのですが、編んでてクニャクニャするという問題が発生。一難去ってまた一難。
でも負けずに、今回は違うステッチを入れてみたり、チェコビーズも加えてみたりと挑戦しました。

Pine Needle Basket

母が新しい箸置きセットを送ってくれたので、このバスケットもまたまた箸置き入れに。

Pine Needle Basket

今回もバスケットの編み始めはウォルナットスライス。

末っ子が熱を出して、初めて学校を休んでます。皆勤狙ってたのになぁ。
不調で家にいても、私にべったりするわけじゃないけど仕事をさせてくれないので、バスケットを仕上げたあとはクッション作り。コンピューターに向かうのはダメだけど、クラフトやお裁縫をするのはいいみたい。末っ子は横でおとなしく、頼んでないけど針山のまち針の色分けをしてくれました。

Pillow with Salvaged Fabric

このクッションのフリフリ部分は、長女がまだよちよち歩きのころに母が作ってくれたラッフルスカートの生地。可愛くてずーっと捨てれなかったのです。

IKEAカーテンとギャザリングテープ

リビングルームにIKEAのカーテンレールをつけてからカーテン探しをしていたのですが、なかなか決まらないのでずっと手持ちのレースカーテンで過ごしていました。
欲しいのは「白地に黒いパターン」のカーテン。
気温が下がりだすとレースカーテンだけのインテリアは寒く感じるので、見つからないなら自分でデザインしようかと思った矢先、IKEAにKAJSAMという白黒カーテンを発見。希望とは逆の「黒字に白いパターン」なので完璧ではないですが、ユニークな木のデザインと$24.99という値段に負けて決めちゃいました。

IKEA KAJSAMIA Curtains

このカーテンはカーテンポール用に作られているので、この窓に付けたカーテンレールには合いません。そんなときはRIKTIGというIKEAのギャザリングテープ(写真下)を縫い付けて、カーテンレールに対応させます。

IKEA RIGTIG Gathering Tape

「ギャザリングテープ」と言ってもギャザーを寄せずに縫いつけました。
というのは、この2枚のカーテンではカバーできない窓の幅なので、ギャザーすることでカーテン幅を狭くしてしまいたくないからです。

リビングルームのカーテンのトータルコスト、$27.98(プラス消費税)。
むふふ。

Break Time with Ittala Mug & Chicken in a Biskit

一仕事終えたあとは、ブレイクタイム。
今日はIttala(イッタラ)のマグとガラスボールに、コーヒーとビスケット。
数年前、末っ子がベイビーシッターさんからもらってきて以来はまってしまったChicken in a Biskit。チキンの味はしないけど(?)、塩加減がなんともたまらないお気に入りのビスケット。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

長女のバースデー/洋服の直し

Tatjana on Her 13th Birthday

13歳の誕生日を迎えた我が家の長女です。
あっと言う間にティーンエイジャー。
数ヶ月前に病院で測ったら160センチに到達。ちょっとヒールのあるブーツを履くと、母親の私は見上げないと会話できないのが悔しいです。笑
力を入れると筋肉がモリッと出っ張るアスリートタイプの体型ですが、細いのでサイズの合う洋服を見つけるのが大変。特にボトムスに関しては、ウェストに合わせて7〜8歳児ぐらいの物を買うか、身長に合わせて買いウェストを直すか。

先月買ったOld Navyの激安スカート(写真下)は、母さん夜なべをして直しました。
たかがお直しなのにガーゼ素材のせいか難しく、途中投げ出したくなったほど。

Tatjana

この年になっても幼児のように動き回る子なので、写真がブレるブレる。
今年クロシェ(鍵編み)を始めたので、13歳の1年はじっと座っている時間が増えてくれるかなーと期待してます。親子でのハンドメイドの時間も増やしていきたい。

Tatjana on Her 13th Birthday

Tatjana on Her 13th Birthday

Tatjana on Her 13th Birthday

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

IKEA DIGNITETでベッドスカートレール

ベッドの下にIKEAのワイヤーカーテンレールDIGNITETを取り付けてベッドスカートを吊るしてみました。
ベッドの下から見た図です↓

IKEA Curtain Rail for Bed Skirt Rail

もともと長女が使っていたベッドを今は末っ子が使っているのですが、ベッドに直接マットレスを乗せるフレームタイプのベッドです。
ベッドスカートはマットレスの下に敷いて挟みますが、このフレームベッドの場合、マットレスが乗る(すのこの様な)部分が周りのフレームの上部よりも低い作りになっているので、ベッドスカートがぎこちなくて格好悪く見えるんです。ベッドスカートってマットレスをボックススプリングに乗せるタイプのベッドだけのものなのでしょうか?
どうにかならないかなと考えて思いついたのが、このIKEAのワイヤーカーテンレールを取り付けるアイデア。
イメージ通りにいきました♪

IKEA Curtain Rail for Bed Skirt Rail

ワイヤーがダラ〜ンとならずピーンと張ってくれて強力なので、ベッドスカートがたるむ心配がなく嬉しいです。
IKEA店内ではカーテンレールとしてだけでなく、絵などを吊るしてギャラリーにする使い方もディスプレーされていました。末っ子が毎日のように絵を描いて家中散乱しているので、上手な作品をワイヤーレールに吊るして展示/整理するのもいいかも。

IKEA Curtain Rail for Bed Skirt Rail

ベッドスカートはベッドとほぼ同時(12年以上前)に買ったものです。あまり使っていなかったので、いい状態のまま。カットして端を縫いました。
これでベッド下のゴチャゴチャが隠せて気分爽快。
スカートがちょうど床に届く長さなので、ベッド下にホコリが入るのを防ぐ役目も果たしてくれるかも?と期待しています。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...