ホワイトオークのケーキペダスタル

友達がオーダーしてくれたケーキペダスタルできあがり〜。

cakepedestal1

彼女いわく、幼少時代からあったのを覚えているという手持ちのガラス製ケーキドームの写真を送ってもらって、それに合うようにペダスタルを作りました。シンプルに、昭和のぽってり感を出しながら、でもあまりビジュアルが重たくならないようにしたかったので、材料はホワイトオークで。

cakepedestal2

色があまり深くならないように、仕上げは水性です。
気に入ってもらえるといいな〜。

今日は朝から雨が降っていたと思ったら、虹が出たり、ザーザーぶりになったり、晴れたり、曇ったり。忙しいお天気でしたが、それでもビルダーさんは増築工事を頑張ってくれてました。

additionexterior

勝手口のドア周りの外壁材も付いてきて、「あ〜ん、サイディングってやっぱりカワイイ〜。」とワクワク。早くペンキが塗られた姿が見たい。

木製ネックレス

アプリコットの木のバール杢を使って、ネックレスを作ってみました。

necklace_apricot

ティアドロップ型なので木工旋盤で。

necklace_apricot1

こんなに小さなものでも準備、作業、仕上げ塗り、そして最後は金具や紐を通したりと意外と時間がかかります。でもこういう過程があるからこそ、自分で作った物への愛情って大きいんだろうな〜。

スポルテッド・リキッドアンバーの器

もうだいーぶ前に買ったリキッドアンバーの木のあまりを切ってみたら、スポルテッドになっていました。むふふ、うれしい〜。

spaltedliquidamberbowl1

しかも黒いインクのようなスポルテッドの線が、メラメラとまるで炎のようにドラマチック。

spaltedliquidamberbowl4

6 3/4インチ x 3 1/4インチ(17センチx8センチ強ぐらい)です。

ボウタイ付きオレンジの木の器

以前ラフターンしておいたオレンジの木を、少しずつ仕上げています。

orangetreebowl_bowtie1

これには小さなヒビにボウタイ(バタフライ)を入れました。全てのヒビにボウタイを入れるわけではないのですが、これは入れた方がいい雰囲気でした。

orangetreebowl_bowtie

天板などの平らな部分に入れるボウタイとは違い、器に入れるボウタイは毎回緊張します。これはきっと何百回やっても緊張するんだろうな。

オリーブの丸小箱たち

お馴染みのオリーブの小箱。今回は大好きなコロン系の形を追求し、もう一つは背を高めにしてみました。

oliveboxes1

コロン箱の方は、蓋の収まりを変えてみました。これまでは落し蓋タイプ(?)にしていたのですが、これは箱本体の上部全体を被すタイプ。調べてみたのですが、桟蓋(さんぶた)という種類の蓋になるのかもしれません。

oliveboxes2

奥の背が高い方の箱は、まだツマミを接着していません。というのは、、、

oliveboxes3

どど〜んと極端に大きいツマミ(↑)もいいのではないかと思い、2サイズ作ってみたのです。球の直径約0.5インチ(約1.3センチ)の差。
置き換えては眺め、、、を繰り返してるのですが、まだ悩んでいます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...