オリーブの丸小箱たち

お馴染みのオリーブの小箱。今回は大好きなコロン系の形を追求し、もう一つは背を高めにしてみました。

oliveboxes1

コロン箱の方は、蓋の収まりを変えてみました。これまでは落し蓋タイプ(?)にしていたのですが、これは箱本体の上部全体を被すタイプ。調べてみたのですが、桟蓋(さんぶた)という種類の蓋になるのかもしれません。

oliveboxes2

奥の背が高い方の箱は、まだツマミを接着していません。というのは、、、

oliveboxes3

どど〜んと極端に大きいツマミ(↑)もいいのではないかと思い、2サイズ作ってみたのです。球の直径約0.5インチ(約1.3センチ)の差。
置き換えては眺め、、、を繰り返してるのですが、まだ悩んでいます。

栗の豆皿、栗の箸置き

栗の箸置きをまとめて製作中。

chestnuts2

それとウォルナットのサップウッドが入っている部分を利用して、栗の豆皿も作ってみました。

chestnuts3

箸置きの方は糸鋸で切り、その後ナイフで削るのですが、出来上がった時に2種類の木材のつなぎ目に丸みを帯びたラインが出るよう(写真下)、カットの角度に一工夫を入れています。

chestnutrests

お皿の方は、指輪との比較でサイズがつかめるかな。

chestnuts1

ほんとうに小さい豆皿です。

ココボロの小箱

ココボロでシンプルな小箱を作りました。

cocobolobox_front

私の使うウッドターニングの材料は、多分95%ぐらいの割合いで南カリフォルニア(主にサンディエゴのローカル)の木を使ってると思うのですが、この小箱のココボロは材木屋さんから買いました。いつも行く材木屋さんなのですが、ほとんどの木材を他州から仕入れていると思います。ここは普段ウッドターニング用の木なんて扱ってないと思ったのですが、珍しく隅っこに置かれててて、小さいけど生意気そうなこのココボロが可愛かったので、つい買ってしまいました。

cocobolobox_back

箱の内側の木目もキレイなんですよ〜。

cocobolobox_open

特別なジュエリーケースとか、日本の方だったら赤ちゃんのへその緒入れとかにしたらいいかなと思うサイズです。

オリーブのソルトセラー

またまたオリーブの小箱を作りました。

olivebox2

オリーブ独特のこの木目(柄)を、こういう風に箱の側面に出すには、オリーブの木が細めじゃないといけません。最近ちょうどいい細めのオリーブに出会えてなくて、手持ちも少ないので心細い。オリーブの木を在庫にがっつり抱えていてくれる木こりさんをを探さないと。

olivebox

これ系の箱はソルトセラーにと思って作ってますが、先日大きめのをお買い上げくださった方の奥さまは、ハーブ入れにしているのだそう。なるほど。
増築が終わって新しいキッチンが完成したら、自分用にも作ろうっと。

olivebox_saltcellar

メープルの器

maplebowl_front

メープルの器です。
よくあるメープル色よりも濃い目で、ピンクがかっています。

maplebowl_side

仕上げ材の幅というか知識を広げたくて、General Finishes から出ているサラダボウルフィニッシュというのを買って使ってみました。

saladbowlfinish

定番のオイルが数種類あると、私の場合は他の物を気に入ることが稀になるのですが、これはいいですよ〜。今回は一番小さいピントサイズを買いましたが、次回は大きいの買おう。

maplebowl_top

サテンの光沢が綺麗なのです。木の器を持っている方は、メンテナンスにもいいと思いますよ。

今年の春にベンチグラインダー用の新しいウィールを買って入れ替えてから、グラインダーがグラグラするようになってしまい、調整の仕方をネット検索していろいろ試してみたのですがスッキリしませんでした。騙し騙し使っていたのですが、昨日やっと問題解決!

benchgrinder

ブッシングを遊びのないピッチピチギューギューのに変えて、ウィールドレッサー(手前のT字型の)でスルスルしたらスムーズに〜。いい加減プロの人にみてもらおうかと思っていた矢先なので、自分で解決できて嬉しかった。やっぱり機械のメンテナンスの勉強が必要なので、また大学の木工科の授業を取ろうかな、、、とちょくちょく考えています。最後に木工の授業を受けたときから、気が付いたらもう2年。時が経つのが恐ろしく早いです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...