ペーパーコードのスツール完成

サンディエゴは40度を超える日々が去り、最高気温が20度を切るシーズン到来。一気に寒くなりました。今年の初薪ストーブはいつになるかな。

どんどん編み進めていたペーパーコードのスツールを、やはり作り直しました。

スツールを組み立てながらすでに気になっていたことがあったのですが、編み始めてから出てくる「あー、ここはこうしておけばよかった。」と気がつく木工面の具合もあり、さらにはペーパーコードの編み具合も気になりだして、、、。結果、思い切って作り直してよかった。すぐにやり直したことで、再確認できました。

ホワイトオークを旋盤で挽いて作ったサポートの部分は、ちょっとデザインを変えてみました。こんなに小さなことでも意味があったみたいで、全体的にしっくりくる感じ。気に入っています。

座面のペーパーコードも、やっぱりカーブがあるとペーパーコードが横に流れていってしまって難しいのだけど、この間のよりは丁寧に編み上げれた。次回はもっとキレイに!目指すぞ。

ペーパーコードのスツール 〜座面あみあみ〜

サンディエゴは気温が上がったり下がったり。先週末の最高気温36℃も十分暑かったですが、今週は40℃の予報がついてる日もあります。なのに21℃なんて日もあるので、もうちんぷんかんぶん。
そんな極端な天候が続いているせいかどうかは分かりませんが、末っ子が肺炎になってしまいました。日本行きも延期。

先週の日中は、カウチで横になる末っ子を見守りながら、ペーパーコードのスツールの座面を編んでいました。

前夜に手袋をしないで編み出したのですが、分かってはいたけど手が真っ赤っかに。アイスパックで冷やしてから寝たので大事にはならなかったけど、ヒリヒリ痛かった〜。あみあみ系作業はいろいろやってきましたが、ペーパーコード編みは他と比べ物にならない痛みです。持っている男性用ゴルフ手袋が大きく、付けると作業がしずらくなると言う理由でついつい避けたくなったりするのですが、この痛さは半端じゃないので近々女性用を買おうと思います。

初めての試みで座面にカーブを付けました。これで座り心地にどれだけの変化があるのか半信半疑でしたが、違うものですねー。お尻が馴染みます。ほんのちょっとの手間だけど、かけるだけの甲斐がありました。
反対に、カーブを付けたことでペーパーコードを綺麗に整列させるのが難しくなったような気がします。もっともっと細心の注意を払って編むべきだったと反省。木工作業の面でも反省点があるので、作り直そうかな。

木工旋盤で作る器などもそうですが、こうして我が家では成功作と失敗作の間をさまよう微妙な木工品が増えていきます。

ペーパーコードのスツール 〜ウォルナット&ホワイトオークで〜

2年前に実家の両親に作ったペーパーコードのスツールが、足に痛みがある父が立ち上がり易い高さなのだそう。で、ある日母と電話中に、「あと2〜3脚あったら家中に置いておけていいんだけどねぇ。」って。そんな事をさらっと言うんですよー。笑

と言うわけで、2〜3脚は無理だけど1脚製作中。(写真はドライフィットです。)
前回はスポルテッドのホワイトオークにブラックのペーパーコードで編んだのですが、今回はウォルナットとホワイトオークの組み合わせにナチュラル色のペーパーコード。

この木の組み合わせはReese’s のピーナツバターカップに見えますね。

ホワイトオークだけ、旋盤で丸くしてみました。

今回はドミノで作っています。8ミリのカッターを新しく購入しました。
明日組み立てて、明後日には座面の編みに入れるかな。

何年も前に作った家具の仕上げ

4年ぐらい前に作った大型の家具。

HandcraftedFurniture1

未完成の状態でも立派に仕事をしてくれていたので放ったらかしにしてしまっていたのですが、最近思い立って、引き出しを作り終わらせました。
材料は基本アフリカン・マホガニーですが、足りなくなって買い足した分はホンジュラス・マホガニーだった記憶があります。マホガニーは好きじゃないので、当時なぜこの木を選んだのか、、、。比較的安い材なので、そのせいかな。

HandcraftedFurniture2

作り出した時は真剣に「丁寧」に作っていたはずですが、今となってはちょっぴり恥ずかしいアバウトな作りの家具です。それでも思い出いっぱいの家具だし、収納力があるので、なくてはならない存在となりました。

HandcraftedFurniture3

今回やっと作り終えた引き出しを入れてみたら色が少々違かったのですが、家具が焼けてしまっていたので全体にもオイルの塗り直しをしてみたところ、それほどの差がなくなりました。太陽の光が強いので、この部屋のローマンシェイド(すだれ)は日中も閉めたままにしているのに、それでも焼けるんですよ。
家具のメンテナンスは分かっていてもなかなかやらないので、引き出しを作り終えたことでメンテナンスもできて、いい機会でした。

黒いペーパーコードのスツール 〜両親にプレゼント〜

座面がペーパーコードのスツールを作りました。
これに挑戦するのは2回目で、1脚目はこんな感じに仕上がっています
そして下の写真が今回のもの。

DanishCord_Stool

今回は実家の両親のために。・・・とは言っても、母が縫い物をしたり、つるし雛を作ったりする部屋で使うのがメインです。

stool1

スツールの木工作業部分は、サンディエゴで。前回のスツールも十分に頑丈にできたのですが見た目がちょっぴり華奢過ぎたので、今回は足を太めにしました。高さは母のリクエストに合わせて。
これを日本へ持って行き、日本のお店で黒いペーパーコードを注文して編んだのですが、編み終わってから間違えを1箇所発見(涙)!上下を繰り返して編まなくちゃいけないのに、上を2回繰り返してしまったところがあります。はぁ。

stool2

1脚目と同じく、スポルテッドのオークを使っています。黒い線がキレイ〜。
残りの材であともう1脚作れるかどうか微妙ですが、作れたら、3脚目は丸足にしようと思っています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...