木口切りカッティングボード

今月は日本へ里帰り。端材を使って、友達に配るギフト用のまな板を作りました。

どれも小さめ。
これまで様々なサイズのまな板を作ってきましたが、自分で使ってみて思うのは、毎日使うまな板には小ぶりなものが一番!欲を言うならば、小ぶりまな板が2〜3枚ある状態がベストかな。さっさと料理してさっさと食べたい私の場合、途中でまな板を洗う羽目になるのが面倒なので、数枚あると手間が省けていいのです。お肉用、お魚用、野菜用と決めておければ尚いいです。

全てウォルナット。1枚を除いて、あとは木口切りにしました。英語で木口切りはEnd Grain と言います。小さな木口をいっぱい並べてできた柄が、箱にぎっちりつまったチョコレートのようで美味しそう。

先週出先で食べたもの。
Beard Papa’s のシュークリーム(↓)。韓国系カフェMochiでBeard Papa’s のシュークリームを扱っているというだけなので、プレーン味とチョコレート味だけしかなくてちょっとがっかり。抹茶味とか食べたかったんだけどなぁ。

友達とWholly Crapeブランチ(↓)。ただのバナナキャラメルクレープなのに、特別美味しかった〜。2時間居座ってもしゃべり足りなかったので、この後また他のカフェに移動(笑)。

メキシカンレストランのMiramar Fish and Tacos で、Octopus Taco(タコのタコス)!ここは家族で。

タコのタコスは初めて。プエルトバジャルタでも見かけなかったなぁ。お味はまぁまぁですが、何かが足りない。

ナンタケットバスケットのウッドベースの作り方

ナンタケットバスケットのウッドベースの作り方を、ブログを読んでくださってる方からちょくちょく聞かれます。ちょうど先日ウッドベースを製作中に写真を撮ったので、簡単な説明を。

私が使う方法は3種類です。(写真付き説明は最後の方法だけ。)

  • 旋盤で挽く

この方法は丸いウッドベースのみ可能です。
ガウジで荒削り、スクレーパーで綺麗にし、パーティングツールで溝を入れます。
市販のウッドベースの溝は1ミリ幅ぐらいだと思うのですが、1ミリ幅のパーティングツールというのがアメリカではどこを探してもありません。約2ミリ幅のパーティングツールを持っているのでそれで挽くと、ケーン・ステーブを指すにはぶかぶか。でもウッド・ステイブにはいいんじゃないかな〜と思います(ウッドステイブでバスケットを作ったことがないので、あくまでも予想ですが)。

  • 2〜3枚の木を糊付けて作る

これは一番面倒で時間のかかる方法です。
3番目の方法に必要な機械類が揃う方は、この方法で作る必要はないと思います。
まずバンドソーか糸鋸で木を切り、機械のサンダーや手ヤスリを使って最終的な形に整えます。これを2枚準備するか、1枚の木を2枚にスライスします。この方法の場合、溝になる高さを2枚の内の1枚に作る必要があります。トリマーで溝部分を作ってもいいですし、手工具で作ってもいいし、2枚の間にさらに小さい1枚を入れて3枚を糊付けするという方法もあります。

  • ドリルプレスにソーブレードを設置して作る

これは一番簡単で一番危険な方法です。挑戦する方はご自分の責任でお願いします。
まずバンドソーか糸鋸で木を切り、機械のサンダーや手ヤスリを使って最終的な形に整えます。

その後ドリルプレスにソーブレードを付け、溝を作りたい高さとソーブレードの高さを合わせます。スイッチをオンにし、準備したウッドベースをあてると下のような溝ができます。このソーブレードは1ミリ幅。

どんなソーブレードかというとこんなの(↓)。

ハイスピードスチール製です。Amazonの商品ページ→ 5-Piece High Speed Steel Saw Blade Set
サイズ違いで5つ入ってますが、奥行き3/5インチで1ミリ幅というのがまさにぴったり都合がいいので、私はそれを使っています。
Amazon の商品ページの写真ではDremel みたいな手持ち電動ツールに付けて使ってますが、ウッドベース作りでそんなことしたら、絶対にダメです。ドリルプレスで溝入れしてください。私はレザーの手袋を付けてがっつりウッドベースを握り、ゆっくりゆっくり進めます。無理にぐいぐい押し込んだり、ちゃんと握ってなかったりすると、木がすっ飛びます。(木がすっ飛ぶのはいいのだけど、その時に手がブレードを触ってしまったりしたら大事件です。)

この後バスケットの内側になる側に、トリマーでカーブを付けてできあがりです。

レッドマリーの木 〜ナンタケットバスケットのウッドベースに〜

「ゴージャス〜♪」と思ってだいぶ前に買っておいたレッドマリー(Red Mallee)の小さなバール杢。レッドマリーの日本語名はなんだろう?ネットで調べたらユーカリ科のようです。

日本でナンタケットバスケットを編んでいる方から、変わった木でウッドベースをというご注文をいただいたので、レッドマリーの出番です。もちろん自分にもウッドベースを1枚確保します。

バンドソーでスライスしてドラムサンダーにかけたら、なんとも贅沢なバール杢が現れました。バンドソーで切った感覚は、過去に扱ったことのあるユーカリと同じで「硬め」。

一番右側のは赤いのでレッドマリーという名が理解できるのですが、左2つは黄色。でも買った時には両方レッドマリーというラベルが付いていました。イエローマリーなんてのもあるのかな?

裏(↓)。

ご注文用ベースのテンプレートに合わせて、どこら辺を使えば一番キレイな表情がでるか考えます。

お水をかけて、仕上げを塗った時の状態を想像する(↓)。

リッチな色になって、ますますゴージャス!
バスケットの木のパーツは仕上げを塗らずにお送りしてますが、レッドマリーにはオイル系が良いですよ。

数日前にiPhoneで撮ったビデオ(↓)。
夕日の光が裏庭キャニオンからユーカリの木のシルエットを家の中に運んできます。

壁にこのキラキラを見れる日は、なんだか得した気分。

ボウタイ付き丸サービングボード

ドラマチックなヒビが入っているホワイトオークの使い道を散々悩んだ末、サービングボードにしました。

カッティングボード(まな板)でもいいのだけど、お肉とかを切った後にヒビの中まで洗いきれないことを考えると、やっぱりサービングボードと呼んでおいたほうが無難かな。

裏も表もなく両サイド使えます。片側はボウタイ2コ。反対側はボウタイ4コ。
ボウタイ(バタフライ)作りもハメ込み作業も慣れてはいるのだけど、何回やっても面倒です。今回は数が多いだけで平らな面に付けたので、その点は楽でした。器の曲線面だったりすると、もっと気を使います。

ざっくり切ったあとに旋盤で丸くして、周りにちょっとだけ角度を付けています。こうしないとテーブルに吸い付いちゃって、持ち上げたい時に結構な力を要し、テーブルから離れた瞬間にボードの上のお料理がすっ飛んでしまったりするんじゃないかと。、、、そんな経験があるのは私だけかな?

以前同じホワイトオークの板から、ボウタイ付き手鏡も作っています。

余談。
友人宅でのベトナム料理ディナー。フォーをいただいた後は生春巻き!

まるで手巻き寿司のように、自分で巻くんですよ。生春巻きの皮をお水にさっと通すのだけど、やりすぎると皮がペットペト〜。自分で好きな物(フライのお魚、パイナップル(!)、野菜など)を巻いてパクッ。

美味しかったです。

ウォルナットのテーブルスプーン

先日新しい方法で研いでみたフックナイフを使って作ったウォルナットのスプーンが完成。

上は器部分を削ったあとにバンドソーでスプーンの形に切ったところ。

チェリーの方は以前作ったテーブルスプーンで、もう1年ぐらい使っています。今回作ったウォルナットのスプーンもテーブルスプーンとして作ったのですが、器部分から持ち手への角度を変えて作りました。上の写真でスプーンの横顔の違いが分かると思います。
使いやすさや持ちやすさは実際に使って比べようと思っていますが、見た目はチェリーのスプーンの角度の方がいいな〜。

後ろ姿。

オイルを3コートほど塗って、洗って。
ダーリンにあげました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...