手作り木製トレーのフィニッシュ

去年のことですが、ブラックウォールナットで深めのトレーを作りました。
木工を始めて2作品目とかだったのでその時は何も思わなかったのですが、ちょっぴり知識が付いてきたせいか(?)ジョイント(角のつなぎ目)の隙間が気になる気になる。
木目がキレイなウォールナットをペンキで塗り潰してしまうのは悲しいので、隙間をウッドフィラーで埋め、角だけ白いペンキを塗るというフィニッシュにしてみました。

*「フィニッシュ」とは、家具や木工作品にヤスリをかけたりオイルを塗ったりする仕上げ作業のことです。

Handmade Wooden Tray

ちょっとモダンな感じに変身。

この後オイルを塗り込んだらブラックウォールナットの木目がさらに美しく浮き上がるはずなのですが、これは無垢のままでいいかな。

Handmade Wooden Tray

「ウレタンだけは塗った方がメンテナンスが楽かな。」なんてしつこくあれこれ繰り返し思うのだけど、裸っぽい感じのままがいいよね。

このトレーは、郵便物や子供達が持って帰ってくる物の一部保管所として作りました。日々忙しくて1週間ぐらい郵便物の整理が出来ないと、ダイニングテーブルに山ができるんです。ほとんどがジャンクメールやクーポン付き広告などですが、お買い得情報は見逃したくないので(主婦の基本!)、座ってゆっくり目を通すまでとっておきます。

Handmade Wooden Tray

ショッピングカタログや大きめ郵便物もすっきり収まるサイズで重宝しています。
もちろん写真は「山」をどかして撮ったので、本来の姿ではないです。笑

ペンキを塗るエリアを囲むのに使うペインターズテープですが、大学の先生おススメの3M ScotchBlue™ Painters Tape for Delicate Surfacesを買い、手持ちのテープ数種類と使い比べてみました。
インテリアのペンキ塗りや絵を描くのにマスキングとしてテープを使う人は経験があると思いますが、テープがきれいに剥がれなかったり、剥がれたはいいけど表面にダメージがあったり、さらにはテープとの境目部分のペンキが盛り上がってしまったり、ペンキを少し剥がしてしまったり・・・と問題あれこれ。
もちろんペンキの種類や技術で違いも出たりすると思いますが、このテープは問題を最小限に食い止めれる感じ。
他のブランドや3Mの他の商品に比べて50セントぐらい高いかもしれまんせんがおススメです!

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ビンテージカンナと家具製作プラン

Stanleyのハンドプレーン(カンナ)を購入しました。
1940〜50年代辺りのビンテージカンナ。$30。

Stanley Hand Plane
(ずっしり重いのでブックスタンドに最適♪)

アメリカの手工具屋さんと言えばStanleyだそうで、1860年代から製造されていたようです。(日本やヨーロッパの古くて伝統のある鍛冶屋さんとは比べ物にもならないと思いますが。)
Stanley のビンテージカンナは、ハンドル部分にチェリーウッドの木が使われているものが価値あるようで、私のもラッキーなことにチェリーウッド。肝心な刃の部分はサビサビのガタガタでしたが、研げば輝く状態だったので$30はお買い得だったと思います。

なぜビンテージカンナを購入したかというと、いきなりコレクターになったわけでなく(ブックスタンド用でもなく)、昨年に引き続き大学のCFT(キャビネット&ファニチャーテクノロジー)科でクラスを取っていて、中古カンナの購入が必須だからです。
今学期は「古いハンドプレーンを購入し、分解してお掃除。研いで実際家具作りに使う」というのが、実際の家具作り以外の小さな課題。
個人的には、ザラザラで艶をなくしたチェリーウッドハンドルもピカピカに蘇らせたいなと思っています。

メインの家具製作ですが、前学期はグランドファーザークロック製作で、すでに出来ている時計製作プランから好きなのを選べばいいだけだったのですが、今回の家具製作は自分でデザインしなければいけません。

Furniture Design
Pottery BarnBallard Designsのカタログで、家具デザインのヒント探し。)

水彩画材やクラフト道具、裁縫道具箱やミシン、さらにはカメラなんかも「す・べ・て」すっきり整理整頓できる家具を作りたいのですが、考えて、測って、計算して、線を引いて、気が変わって、線を消して・・・。
「ギャー」と叫びたくなるほど。
「家具のデザインなんて朝飯前。」と高をくくっていたら大間違いでした。
趣味で通っているクラスに、本職?と思うような時間を費やすこのごろ。笑
やっと仕上げて提出したプランは、「大きさのわりに作りが弱い。」(by 先生)とあっさりやり直し命令。クラスメイトの大半がすでに木材のカットに入っているのに、私は今週もプラン直しでデスクに向かっていたのでした。

残り12回のクラスで、本当に家具が完成するのか。
できあがったらアップします。

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

グランドファーザークロック製作

去年「グランパ時計」を作るクラスを取りました。
〜大きなのっぽの古時計ぃ〜♪ の歌に出てくるような木の時計を、アメリカでは「グランドファーザークロック」などと呼ぶようです。
私の時計は大きくものっぽでもないですけどね。

選んだ木はブラックウォールナット。
前半は調子良く失敗もせず進んでたのだけど、11月に風邪を引いてしまったためクラス期間内に仕上げることが出来ませんでした。風邪が長引いてダラダラし、文字盤の注文も間に合わず・・・。
クラスの最終日、せめて文字盤がはまっている状態にしておきたかったので、この日のためだけ用の文字盤を、前夜に自分で描いてみました。

clock_1

数字はオンラインで見つけたフォントを真似て、チョウチョは数字のイメージに合うよう適当に。

この時計は日本の両親へのクリスマスプレゼントにする予定だったのに、間に合わなかっただけでなく、木のパーツが揃った時点で重さを量ってみたら想像以上に重い。
こんなに重いものの送料払えないよ〜なんてことになり、送るのは諦めました。次回会うときに渡す予定なので、それまでには完成させます。

clock_2

取っ手はAnthropologieでセール品を購入。6ドルぐらいだったかな。

残っている作業は・・・

  1. やすりがけ
  2. オイル塗り(すでに1コート塗り済みなので、あと2コートぐらいかな)
  3. ヒンジの取り付け
  4. ガラスの取り付け

って感じでしょうか。

母に未完成の時計をチャット画面で見せたら、私の描いた文字盤がいいと言ってくれたので、文字盤はこのままで。
数字の位置が微妙にずれてる可能性もあるけど、愛嬌愛嬌♪

いつか本当に大きくてのっぽな時計を作ってみたい。
たとえばこんなの素敵だな〜↓

grandfatherclock

(↑突き当たりにある時計です。)

今年も自分ペースで、肩こりが酷くならない程度に(笑)物作りを楽しんでいこうと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...