造り付けメディアセンター 〜棚の取り付け〜

造り付けメディアセンターのプロジェクト記事の更新です。前回の棚作りの様子はこちらからどうぞ。
棚が小さなガレージ工房を陣取って他の作業に問題があったので、仕上げ塗りが終わった翌日にはさっさとインスタレーションしました。

どこに取り付けたかというと、DIYして作った玄関横の仕切り壁のリビングルーム側です。仕切り壁はこの棚を支える役目もあったのでした。

一番下の棚のドアはディスプレイラックに。ドアを斜めに取り付けて上に開けるタイプにすることで、ドアの表に本や雑誌をディスプレイしておくことができるアレです。たまに図書館や本屋さんで見かけますよね。

その斜めに取り付けるドアのヒンジ探しでネットをかなりウロウロしたのですが見つからないので、Rockler のサイトでヒンジをひとつひとつ検討した後、直接お店に行って店員さんに相談しました。何が作りたいか説明したあと、選んだヒンジを使うことに賛成してくれたので、これに決定。上の写真のPivot Hinge(ピボット・ヒンジ)がそれです。

そのヒンジで斜めに取り付けたドアの後ろは、隠しておきたいDVDなどを収納します。

下から2番目の棚はガラスのスライドドアを入れる予定。

上の写真でドアレールが見えるでしょうか。
ガラスのドアを入れなきゃいけない理由はないのですが、ディスプレイラックと一緒で、なんとなく面白みを加えるために入れてみました。

そして上2つの棚はオープン棚です。

テレビやケーブルのコードがワンサカしてますが、最終的には引き出しの後ろを通り、グロメットを渡ってテレビの後ろに出すのでスッキリする予定。、、、このグロメットですが、市販品で開けた穴に適したサイズのが見つからなかったので旋盤で挽いて作りました。

出来上がったグロメットをキャビネットに入れるとこんな感じ(↓)。

ぴったりんこ。

もともとテレビは下の写真のようにキャビネットで囲むデザインで製作していました。

テレビの下に、手前に引っ張り出せる台を取り付ける予定だったのですが、リビングルームに大した奥行きがないので、引っ張り出す必要ないかっと思いプラン変更。

CDやDVDの収納キャビネットだった部分は、こんなオープン棚に変わりました(↑)。
2年ぐらい前にAnthropologieのセールで買った長細い植物プランターがサイズ的にぴったりなので、これに植物を植えて置いておいたらいいかも〜と思っています。

デザイン変更したけどプライウッドは無駄にならないよう、解体したキャビネットのプライウッドもめいいっぱい再利用しました。上の写真の棚で、右側面が一部剥がれたりしているのはそのせい。でもフィニッシュエンドパネルと言って、もう1枚プライウッドを両サイドに被せるので、最終的にはダメージは隠されて綺麗になる予定です。

あとは棚の上を天井まで埋めたりする細かい作業が残っています。すでに材料は買ってあるので、できるだけ早く終わらせたいです。

息子用の新しいマットレス

息子にマットレスを買いました。
末っ子にベッドとマットレスを譲って以来、なんと1年以上も床にお布団を敷いて寝ていました。すぐに買ってあげる予定だったのだけど、アスリートにいいマットレスの記事など探して読んでたら頭がごちゃごちゃになり、リサーチから遠のいてしまったのです。

重い腰をあげてリサーチを再開したのが今年の夏休み。
レビューをたくさん読んだ結果、Bear Mattress(ベアマットレス)というブランドのものに決定。アメリカ製で、ネット販売のみ。ってことはお店に出向いて、試しにそのマットレスに横になることができないので、100日間以内なら返品可能だそうです。
そもそも末っ子にベッドを譲ったのは、ベッドのフットボードに足がぶつかるという理由だったので、ツイン幅ですが、XL(エクストラロング)という長いのを買いました。ほんの5〜6インチ長いだけで、$150も高くなるんですよ。

どうやって梱包したんだろう?ってぐらいぎゅーぎゅーに箱に詰められて送られてきました。プラスチックのカバーを外すと、送られてきた時のサイズからは想像ができない大きさになります。

ぼよよ〜ん!と開いた後、マットレスのカバーと、エクストラロング用のシーツを買わなくちゃいけないことを忘れていました。ので、とりあえずお布団のシーツで。
エクストラロングのマットレスの台も見つけたのですが、造り付けベッドにして〜という息子の要望で、また作り物が増えてしまいました。「今年中は無理かもよ?」って脅してみたのだけど、どうしても造り付けベッドがいいんだそう。

睡眠中にトレーニングで疲れた体のリカバリーをしてくれるというマットレス。ものすごーく気に入った様で、返品はなさそうです。

写真に写るサッカーボールですが、家の外にも10個以上のサッカーボールが転がってるのに、息子の部屋にも新しいサッカーボールがいくつも。買ってあげてないのになぜサッカーボールがどんどん増えるのか聞いてみたら、所属のクラブにもらったり、なんとご近所さんからもらったりしているんだそう。「がんばって練習してるから。」って。ありがたいです。涙

大学でもサッカーをプレーしたい!願わくば奨学金を取りたい!という夢があり、今年の頭からお世話になっているメンターとその会社が、息子の試合のハイライトをまとめたビデオを作ってくれました。

クラスペディアと木のベース

トレーダージョーズで買ったクラスペディアというキク科の花を、以前作った一輪挿しに入れてみました。

木のベースとの相性がいい!(そして久しぶりにインスタグラムのアップしました。)
クラスペディアってたまに見かけるのだけど、名前を覚えておけません。見た目と名前が不釣り合いな感じがするからかな。レジの若いお姉さんは、「かわいい〜!何このボールみたいのぉ!」って興奮してました。とってもかわいい女性で、1本差し上げたかった。笑

トレーダージョーズではマカロンも買ってみました。
ん〜。色合いは好きなんだけどなぁ。

末っ子の部屋の模様替えと繕い物

この間ウッドペッカーに起こされたと思ったら、今度はコヨーテに起こされました。
「ジャック(お隣りさんのジャーマンシェパード)、昨日の夜は家にいれなかったのかな?」とダーリンに聞いたら「犬の鳴き声じゃないだろ〜。コヨーテだよ。区別つかないの?」と言われて飛び起き、急いで裏のキャニオンを見てみたのだけど、もう何もいませんでした。鳴き声どころか犬とコヨーテの見た目の区別もつかないんですけどね。

お掃除がてら、末っ子の部屋の模様替え。

ここ1年ちょっとはヘッドボードが壁に面するこんなレイアウトでした(↓)。

両サイドからアクセスできるベッドの配置は、長女と息子の部屋よりもちょっと大きい末っ子の部屋のみ可能です(私たちのベッドルームを除いて)。この配置はベッドメイキングも両サイドからできて楽なのですが、残ったフロアスペースが分割されて狭く感じます。片付けが上手でない末っ子の部屋なので、特に。

ついでにずーっと気になっていたキルトの繕い作業。

もともとは長女のベッド用で、彼女が1歳ぐらいのときに買ったキルトです。バタフライの羽があちこちから剥がれだしていました。17年も使っていれば、当たり前かな。
私は繕い物をするとき、脳内BGMが「母さんが夜なべをして〜♪」になります(笑)。

部屋の反対側(↑)。
末っ子は来週から小学校5年生。6年生は中学になるので、小学校最後の年の始まりです。もう使わなくなったおもちゃのキッチンなども処分して、狭いなりにもすっきりして広々と感じる部屋になりました。

キッチンドアの窓枠をブラックに

キッチンドア(勝手口)の内側の窓枠をブラックに塗りました。

キュッとしまった感じになってウレシい。
今まではどんなだったかと言うと、こんなでした(↓)。

このドアの外側の窓枠はすでにブラックに塗ってあるのですが、ペンキが付いちゃいけない部分はテープを貼ったりして準備をするのが面倒だったので、窓枠をドアから取り外してスプレーペイントすることに。できれば外側の窓枠もスプレーペイントで塗りなおしたかったのですが、外れたのは内側だけ。真ん中に挟まられているガラスも外側の窓枠に糊付けされてて外れませんでした。

上の写真は内側の窓枠が取れて、ドアを横に寝かせた状態。こうして見ると分かると思うのですが、外側の窓枠の裏側が白いままで、さらには塗った黒いペンキが滲んでたりしています。これが内側から見えてイヤなのですが、外れないからどうしようもできない、、、。すっごく気になるんだけど、見て見ないふりするしかなさそう、、、。

外れた内側の窓枠は両面セミグロスのスプレーペイントで数コート塗りました。こういう細かい部分は、取り外してスプレーペイントが楽ですね〜。

ドアのフレームとドアの内側はブラシとローラーで白く塗りました。

ドアが白く塗れたら、スプレー塗りした窓枠を元通りはめ込み、、、

ドアをまたインストールしなおしたら出来上がり〜!

今日の皆既日食をネガで見ていたら、近所のお兄さんがすっ飛んできてくれて「これで見ろー!」と専用メガネを貸してくれました。太陽が三日月状態で、不思議でした。あと暗くはならなかったのだけど、真昼間なのになーんとなくフィルムがかかったかのような明るさ、というか暗さで、不思議な感じがしました。
サンディエゴは朝晩冷えてきて、もう秋です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...