ランドリールームにビンテージ糸鋸アート

先日ビンテージショップで糸鋸のアートを買いました。

ライトハウスがあったりカモメが飛んでたりするけど、ビーチっぽくない様子がなぜか気に入ったのと、日本の木版画っぽい線にも惹かれて、「ランドリールームに飾る!」ってすぐ決定。

お値段35ドル。
良心的なお値段の物がぎーっしり詰まったビンテージショップでした。次回たくさんの写真と一緒にショップ情報をアップします。

シンク周りの使い勝手/古いキッチンの写真

先週のことですが、ウッドペッカーに起こされました。
暑かったのでベッドルームの窓を開けたままで寝た日だったのですが、朝5時半ごろに大音量でコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン!びっくりして飛び起きました。


*写真はこちらのサイトより

コンコンのスピードといい音量とといい、ウッドペッカーって元気ですね〜。あのくちばしで家の外壁でもつっつかれたりしたら、あっと言う間にインテリアの壁に穴が開いちゃうんだろうな。

さて。新しいキッチンが機能し出してから、3ヶ月が経ちました。
ファームハウスシンクやモーションセンサー付き水栓などの使い勝手をアップしておきたいと思います。

まずは水栓から。
モーションセンサーの水栓は、初めの1週間ぐらいは水を無駄にしている感じがしていたのですが、どの範囲に手をかざすと水が出るなどという基本を押さえてしまえば、無駄もなくなりとっても使い易いです。お肉を混ぜた直後などの汚れた手で水栓ハンドルを触らずに水が出てくるのは、本当に便利。そのため水栓に汚れが付かないので、指紋もなくピカピカに保てます。シャワー機能も付いてますが、言うまでもなく、シンクが隅々までキレイに洗い流せるのは気持ちいい〜。
ひとつ問題があるとすれば、モーションセンサーじゃない水栓を使っている時でも、手をかざして水が出てくるのを待ってしまうこと(笑)。

次はファームハウスシンク。エプロンフロントシンクとも呼ばれています。機能的には普通に大きいシンクと変わりないですが、私が感激したのはシンクの底に敷くグリッド。シンクがファイアークレイでできているのでそれを守る役目をしているのですが、グリッドがあるお陰で食器やスポンジから水が切れるし、食材のゴミや流した汚れにも触れないことになるので清潔を保てる感じがします。

でもこのシンク、フライパンやお鍋など金物のキズが付くんです。真っ白なシンクにキズって、、、、って思い検索したところ、ファームハウスシンクを使ってる人たちがこぞって勧めていたのがこのBar Keepers Friend(↓)。半信半疑で買ってみたら、、、

なんと真っ白に!

タライがシンクにぶつかってできていたシルバーの線もなくなりましたよー。
お鍋などの調理器具、トイレ、バスルーム、タイルなどなど、なんでもキレイになるみたいです。

上の写真はルクルーゼのお鍋。底に付いていた黒い跡も取れました(左がビフォアで右がアフター)。
クエン酸でも落ちなかった食器洗浄機のドアに付いていた水垢も、Bar Keepers Friend でキレイになりました。おススメです。

以前書いた食器の水切りマット(↑)も、やっぱり水切りカゴから変えて正解でした。
食器をすぐに拭く癖が付いたし、頻繁に洗って乾かすので清潔です。

一度も載せたことがなかった古いキッチンの全体写真(↓)。

この写真を撮ったのは、増築工事が始まって10日後ぐらいだったかな?「そろそろキッチンの壁をぶち壊すので、キャビネットなど空っぽにしてくださーい。」と言われて、いそいそとキッチン用品をダンボールに詰めてた日。なんだか懐かしい、、、。

造り付けメディアセンター上の棚作り 〜取り付け直前〜

リビングルームの造り付けメディアセンターの上の棚を製作中です。

この4段の棚を、この間できあがったリビングルームと玄関の間の仕切り壁に取り付けます。

棚のひとつには、ガラスのスライドドアを入れるトラック(ドアレール)を埋め込みました。スライドドア使用の家具作りは初めてかも。ドアを入れるのが楽しみです!

明日か明後日には取り付け作業に入れる予定ですが、プランでは先週取り付け作業を開始しているつもりだったんですよ。仕上げの塗り作業を軽く見ていました。

この程度の大きさの棚でも、うちの小さなガレージ工房では大変なサイズなのです。テーブルソーや作業台の上は元より、旋盤やちょっとした物の上にまでパーツを広げて仕上げ剤を塗ります。本当だったら乾くのを待つ間に他の作業ができるのですが、機械類が埋もれてしまっているので、なーんにもできない状態に。あー、もうちょっと大きい工房ならなぁ。

あともう一息。がんばります。

余談。
先週家族みんなでThe Big Sick という映画を観に行きました。公開の数週間前にプレビューを見て以来、とっても楽しみにしていたのです。

主役のパキスタン人の男性が奥さんとの馴れ初めをストーリーにした映画で、「自分」を演じています。
ラブコメディなのですが、こうして映画などを通して、あまり交流のない国や宗教の人たちの人間らしさを垣間見ると、一気に愛情が湧いてきます。こういうのもっと作って欲しいな。

オフィスの壁をサユリタ土産で飾りました

どの壁に飾ろうかとさんざん悩んだサユリタで自宅用に買ったお土産の壁掛けプレート(ボール?)です。やっとオフィスのデスク前の壁に決めました。

壁選びだけじゃなくて、サイズ違いのプレートなので、どの順で飾るかとかあーだこーだと悩んだのです。
上に一番小さいの&下に一番大きいのを配置すると、安定感は感じるけど重い感じがする気がして。でも逆に一番大きいのを上にすると、不安定に感じる?じゃ、左右に並べようか、などなど。途中で考えるのがイヤになり、しばらく放ったらかしておきました。私の場合、「いい加減、床に置いてあるのを見たくない!」という理由で「決心」が付いたりします(笑)。今回もそのパターンで、さらに末っ子に「いつになったらこれ壁にかけるの?」って言われてしまいました。

結局プレートの並び順は、大きい方から下へ向かって小さく。と言うのは、どっしりした器のような壁掛けプレートなので不安定には感じないだろうというのと、逆に物自体にビジュアルな重みがあるので、雫のように下に流れると共に小さくなる方が、少し軽い感じを得れるかな?という計算をしてみたんです。あとあと天井がどんどん高くなっていく造りなので、上に大きいのを配置する方がつじつまが合うよねー?とか。

この壁、増築工事中にビルダーさんのうっかりミスだかで大きな穴を開けなくちゃいけなくなり(理由が思い出せない)、そのお陰で壁全体を増築部分とキッチンに合わせてフラットなテキスチャーにしてもらうことができたんですよー。ラッキーでした。

小さなエアプランツでもちょこっと乗せてあげたらもっと華やかになるかな?

週末に、ベトナムの肉まん屋さんを見つけました。TP Banh Bao 3。

肉まんはあちらではBanh Bao (バンバオ?)っていうのかな。これが美味しくって。感激!

ボックスに9コ入れてもらうと安くなるので、豚肉5コと鶏肉4コで9コ買いしました。どれがどれなのか、親切にマーカーで書いておいてくれましたよ。

上は豚肉まんで、ゆで卵入り〜。ベトナム人の口に合うように作っているのだろうから、どれだけ私たちが食べれるか?という冒険心で買ったのですが、癖とかまったくなくて、ふっかふか熱々のデリッシュ!でした。

働いている女性もとても感じいいし、何よりキッチンで夏休み中の子供達(女の子2人)が、扇風機を回しながらお手伝いしてるのが微笑ましかった。また行こうっと。

クローゼットドアのペンキ塗り

ランドリールームにある小さなクローゼットのドアを塗りました。ペンキ塗りが嫌だというのもあるのだけど、ドアを一人で取り外せないので、夏休みで息子がいる今になってしまいました。

このドアには家の外壁みたいなグリーンを塗るのもいいかなって思ったのだけど、なかなか決心つかないのでやっぱり白。

あとランドリールームへのポケットドアやバスルームへのドアのフレームも塗らなきゃいけなくて、あ〜メンドウ。しかもフレームの上部にビルダーさんの間違えで起きてしまった余計な部分の修正とかしなくちゃいけなくて、気が重い。でもビルダーさんには「これでもかっ!」ってぐらい苦情言って、残っていた支払いを踏み倒したので、スッキリはしてるんですけどね。

ペンキ塗りが終了したので、とーっくのとーに買ってあったKwiksetの黒いドアノブをやっと取り付けることができました。ハードウェア系はやっぱり黒だと空間がぐっと締まるな、ってつくづく。
このスリーパネルのシェーカースタイルドアもすっごく気に入ってます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...