末っ子の部屋の模様替えと繕い物

この間ウッドペッカーに起こされたと思ったら、今度はコヨーテに起こされました。
「ジャック(お隣りさんのジャーマンシェパード)、昨日の夜は家にいれなかったのかな?」とダーリンに聞いたら「犬の鳴き声じゃないだろ〜。コヨーテだよ。区別つかないの?」と言われて飛び起き、急いで裏のキャニオンを見てみたのだけど、もう何もいませんでした。鳴き声どころか犬とコヨーテの見た目の区別もつかないんですけどね。

お掃除がてら、末っ子の部屋の模様替え。

ここ1年ちょっとはヘッドボードが壁に面するこんなレイアウトでした(↓)。

両サイドからアクセスできるベッドの配置は、長女と息子の部屋よりもちょっと大きい末っ子の部屋のみ可能です(私たちのベッドルームを除いて)。この配置はベッドメイキングも両サイドからできて楽なのですが、残ったフロアスペースが分割されて狭く感じます。片付けが上手でない末っ子の部屋なので、特に。

ついでにずーっと気になっていたキルトの繕い作業。

もともとは長女のベッド用で、彼女が1歳ぐらいのときに買ったキルトです。バタフライの羽があちこちから剥がれだしていました。17年も使っていれば、当たり前かな。
私は繕い物をするとき、脳内BGMが「母さんが夜なべをして〜♪」になります(笑)。

部屋の反対側(↑)。
末っ子は来週から小学校5年生。6年生は中学になるので、小学校最後の年の始まりです。もう使わなくなったおもちゃのキッチンなども処分して、狭いなりにもすっきりして広々と感じる部屋になりました。

末っ子の部屋のウィンドーシルとお下がりベッド

末っ子の部屋の窓にウィンドーシルをつけました。窓の下枠とか窓台と呼ばれる部分です。

windowsillDIY_1

あっさりインテリアに溶け込んで、ウィンドーシルなしの状態がどうだったのか分からなくなりますが、付ける前はこんな感じでした(↓)。

NewRug_GRoom

今まで使っていたベッドはフルサイズ(日本ではダブル?)の大きなベッドで窓枠にかかるほど背が高かったので、この部屋のウィンドーシルは後回しにしていたのです。最近になり息子のお下がりでチェストを移動した後、今度はツインベッド(日本ではシングル)も移動することになり、ウィンドーシルをつけれることになりました。

pinkroom_windowsill

こちらがベッドを配置したところ(↓)。

pinkroom_newoldbed_1

やっぱり小さな部屋には小さいベッドがぴったり。
今回ベッドを中央に配置したことで、末っ子本人が日々四苦八苦していたベッドメイキングが少しは楽になった様子なので、そういう点でもめでたしでした。

succulent

過去のウィンドーシルプロジェクトは下のリンクからどうぞ。

オフィスのウィンドーシル
ダイニングルームのウィンドーシル
息子の部屋にウィンドーシル
長女の部屋にウィンドーシル
マスターベッドルームのウィンドーシル (←家具の記事のリンクですが、最後にウィンドーシルの写真があります。)

末っ子の部屋 〜お古の日本製チェストが仲間入り〜

息子が約13年も使った日本製のチェストを、末っ子の部屋へ移動しました。

PinkRoom

いままで末っ子の洋服は、イケアのマルムシリーズのチェストに収納していたのですが、イラッとするほど重いし、左上の引き出しがなぜか斜めに傾いていて、とても気に入らなかったのです(↓)。

groom3

しかもこの斜め問題は末っ子のに限らず、世界中のインテリアブログで見かけるマルムのチェストにも同じことが起きているんです。究極は、イケアのサンディエゴ店内に置いてあるフロアモデル用のまで、左上の引き出しが斜めになっている始末。
これはどうしてかと言うと、左上の引き出しのランナー(ガイド)の高さが両サイド均等でないという単純な問題なのですが、なぜイケアは直してくれないのか、フシギ。

それに比べ、息子が使った日本製の引き出しは100%本物の木でできているのでお値段も2.5倍ぐらいしましたが、本当に頑丈だし、経年変化で深みのある色になっていくのも楽しめます。ただ問題はそれぞれの引き出しが浅いので、180センチの息子の服は半分以上が収まらなくなってしまい、床に洋服を山積みする癖がついてしまったのです。そこで末っ子の部屋へ移動し、イケアのマルムチェストはサヨナラ。息子には造り付けのキャビネットを作ることになりました。

artmirror_mushrooms

チェストの背が極端に低くなり壁が空っぽに見えたので、私が作ったキノコのアートミラーをかけてあげました。本人が使えるように低くかけたので、自分の顔を見て喜んでます。

toy_cakes

上の写真はずーっと前に姉が末っ子に作ってくれたフェルトケーキ。もらった時は「すぐ壊しちゃうだろうな。」と密かに心配していましたが、なんといまだに健在です。今日はお友達とこのケーキも使って遊んでましたよ。

新しいラグ/ うちのティーンズ

末っ子の部屋に新しいラグを購入しました。

NewRug_GRoom

約束してから1年以上経ってしまいましたが、やっと親子で納得できるものを見つけました。Rugs USA のBerber Moroccan Rug (ベルベル・モロッカンラグ)です。
本人が気に入ったというのはもちろんですが、成長と共に、いつかこの部屋のピンク度を下げなくてはいけなくなると思うので、それも考慮して一緒に選びました。

NewRug_GRoom2

マルチカラーで、なんちゃってモロッカンラグなのが可愛いでしょ。
このラグに合わせて、ベッドスプレッド(キルト)なども新調したいところですが、大きな出費が続く時期なのでもうちょっとガマン。ベッドスプレッドは長女のお下がりで、なんと15年もの!

そんな長女ですが、先々週16歳になりました。

16

そして先週は息子が中学を卒業。写真下の左から2番目です。

promotion

早いもので、8月から高校生になります。長女とは別の高校を選んだので、3人の送り迎えがますます大変になりますが、こんなこともあと数年。毎日を噛み締めて楽しみたいと思います。

アートフレーム/今日のバラ

先日ゴッホのアイリス用にフレームを作った際、小さめのフレームもまとめていくつか作りました。

ArtFrame1_G

そのうちの一つには、だいぶ前に買ったエミリー・マクダウェルさんのアートプリント「Everything you can imagine is real by Picasso」を入れました。どこにかけようかと考えていたら、末っ子が自分の部屋に欲しいと言うのでここに。絵のイメージが末っ子の部屋に一番合ってるなーと思うので、落ち着くべきところに落ち着いた感じでしょうか。
ちなみに、飾る壁や位置、高さをガッツリ指定されました。

ArtFrame2

今回使った木はホワイトオークにSpline はウォルナットです。

そして今日のバラ。

roses417

まだつぼみがいくつもあるのですが、すでに咲き疲れた様子なのが数個あるので、全盛期はここ1週間ぐらいで終わりそうな予感。

10月に作った格子フェンスはやっぱり気に入らないので既製品を注文しました。咲き終わったら設置しようと思います。

BlackMagic

虫に食われてしまい大幅に切って短くなったブラックマジックも、追いかけるようにつぼみを増してきてますよ。

groundcovers

そしてステップストーンの周りに植えたグラウンドカバーのアリッサムとクリーピングタイム(↑)。
アリッサムは上のようにドンと大きくなったのと、スプリンクラーのお水が届いてないらしく、枯れかけているのと両方。クリーピングタイムは、予想以上のスピードで地を覆ってきています。

そろそろバラの横に植える何かを決めたいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...