息子の部屋のビルトインクローゼット 〜ドア〜

息子の部屋のビルトイン(造り付け)クローゼットにドアをインストールしました。

実は1年以上前に出来上がっていたのですが、ドアノブを作って取り付けるまでインストレーションを保留にしたため、ずーっとガレージ工房に置いたままだったのです。 ちょっと前このドアが邪魔になった際、動かしながら「これなんだっけ?」となったのがきっかけで思いだしました。未だにノブが付いてないのですが、ガレージにあると邪魔なのでインストール。ブルーのテープはとりあえず開け閉めができるように付けておきました。

前回このプロジェクトのことを書いたときの写真(↓)。

去年はランドリールームの増築工事が10月に始まったので、それでこのクローゼットのことを忘れちゃったのかな。息子の部屋にはほとんど入らないし、クローゼットは部屋のドアが開いたときの後ろに位置するので、視野に入らないんですよね。

家の外にもサッカーボールがいくつも転がってるのですが、部屋の中もサッカーボールだらけ。写真に写っている汚いボールは、明らかに外で蹴ってたのを中に持ってきたのだろうと、、、許されません。

余談。
ブラックフライデー/サイバーマンデーで買った物が届きました(↓)。

ダイソンの手持ち掃除機。想像していたよりも小さいので、持ちやすい!
普通サイズの掃除機とは別に、ササッと済ませたい小さいエリアのお掃除用に買いました。

息子用の新しいマットレス

息子にマットレスを買いました。
末っ子にベッドとマットレスを譲って以来、なんと1年以上も床にお布団を敷いて寝ていました。すぐに買ってあげる予定だったのだけど、アスリートにいいマットレスの記事など探して読んでたら頭がごちゃごちゃになり、リサーチから遠のいてしまったのです。

重い腰をあげてリサーチを再開したのが今年の夏休み。
レビューをたくさん読んだ結果、Bear Mattress(ベアマットレス)というブランドのものに決定。アメリカ製で、ネット販売のみ。ってことはお店に出向いて、試しにそのマットレスに横になることができないので、100日間以内なら返品可能だそうです。
そもそも末っ子にベッドを譲ったのは、ベッドのフットボードに足がぶつかるという理由だったので、ツイン幅ですが、XL(エクストラロング)という長いのを買いました。ほんの5〜6インチ長いだけで、$150も高くなるんですよ。

どうやって梱包したんだろう?ってぐらいぎゅーぎゅーに箱に詰められて送られてきました。プラスチックのカバーを外すと、送られてきた時のサイズからは想像ができない大きさになります。

ぼよよ〜ん!と開いた後、マットレスのカバーと、エクストラロング用のシーツを買わなくちゃいけないことを忘れていました。ので、とりあえずお布団のシーツで。
エクストラロングのマットレスの台も見つけたのですが、造り付けベッドにして〜という息子の要望で、また作り物が増えてしまいました。「今年中は無理かもよ?」って脅してみたのだけど、どうしても造り付けベッドがいいんだそう。

睡眠中にトレーニングで疲れた体のリカバリーをしてくれるというマットレス。ものすごーく気に入った様で、返品はなさそうです。

写真に写るサッカーボールですが、家の外にも10個以上のサッカーボールが転がってるのに、息子の部屋にも新しいサッカーボールがいくつも。買ってあげてないのになぜサッカーボールがどんどん増えるのか聞いてみたら、所属のクラブにもらったり、なんとご近所さんからもらったりしているんだそう。「がんばって練習してるから。」って。ありがたいです。涙

大学でもサッカーをプレーしたい!願わくば奨学金を取りたい!という夢があり、今年の頭からお世話になっているメンターとその会社が、息子の試合のハイライトをまとめたビデオを作ってくれました。

息子の部屋のビルトインクローゼット 〜引き出し完成〜

息子の部屋のビルトインクローゼットに、引き出しの前板が付きました。

builtincloset_iz

前板は1枚でもダメにしてしまうと木目が合わなくなるし、前板と前板や前板とフレームとの隙間合わせが大変で、毎回緊張します。

今回は引き出しのプルをメープル材を使って手作り。

drawerpulls

さぁ〜、一番上の収納部分にドアを付けて完了!と思ったら、ドアのカットに大失敗。何を考えていたのか、1インチ短く切ってしまったのです。ムカムカするけど誰のせいでもない自分のせいなので、どんよりムードに突入。材料を再度買いにいく気力が出てくるまで保留です。

builtincloset_iz2

中央のオープン棚と右側のハンガー部分は、部屋のドアを開けたときにドアがぶつかるクローゼットという妙な位置関係が理由で、ドアは付けずにオープンのままにします。

本やピカチュウが置いてあるオープン棚の部分は、私がたたんだ洗濯物を持って行って、息子が引き出しにしまうまでの一時的に置くスペースとしてちょうどいいのですが、ピカチュウも本も埋もれて見えなくなるほど服を引き出しに入れません。何も言わないと1週間分ぐらいの服が山積み。こんなに整理整頓しやすくしてあげてもこの様です。

息子の部屋が白くなりました

あっと言う間に夏休みも終わり。我が家は今週から一人すでに登校しています。他2人はあと1週間ちょっとで開始。

夏休み中に(もう1ヶ月ぐらい前ですが)、息子がグリーンだったベッドルームを白く塗りました。気が長いと言うか、要領が悪いと言うか、、、こんな小さな部屋のペンキ塗りに4〜5日かけてました。

whiteroom_iz

私もグリーン好きだけど、息子が選んだグリーンは好きじゃなかったので、白に塗りたいと言ってくれて内心ほっ。どんなグリーンだったかはこちらからどうぞ

*ベッドを末っ子にあげて以来、床にお布団で寝ています。作らなくちゃいけないものがたくさんあるので、ベッド作りに着手するのは先になりそうです。それと、ベースモールディングの上がまだグリーンなのは、モールディングをもっと背の高いものに変えるからです。

drawerpulls

上の写真はここ数日かけて作った引き出しのプル(取っ手)。息子の部屋のビルトインクローゼットに取り付けるものです。あともう少しきれいにヤスったらオイルを塗って、クローゼットがいよいよ(やっと)完成です。

息子の部屋にローマンシェード/クローゼットの進行状況

息子の部屋の窓にバンブー製のローマンシェードを取り付けました。

BambooRomanShade

日本のすだれのようなシェードで、オフィスの窓のローマンシェードと全く同じ物を同じ会社から買ったのですが、今回はベッドルームなのでプライバシーライナーと言う裏地付きにしました。

窓の上にある4つの小さな点は、もともとカーテンにするつもりでカーテンレールを取り付けてあったので、取り外してネジの穴を埋めたものです。息子はこのグリーンの壁に飽きたらしく、今度は白にしたいというので、次のペンキ塗りで埋めた穴も塗ってキレイになる予定。

この部屋のビルトインクローゼットの進行状況ですが、一番上に乗るキャビネットの取り付けが終わったところです。

BuiltinCloset

前回のクローゼットの記事はこちら
今回乗せたキャビネットぐらいの幅となると、私のテーブルソーでは危なくて切れません。そういう時は、今通っていないにも関わらず、大学の木工科の先生に連絡してスライディング・テーブルソーという大きなソーを使わせてもらいに大学へ行くのですが、それも結構面倒臭いので、先日フェスツールの丸ノコを買いました。この間買ったドミノで、フェスツールの買い物になんだか勢いがついた感じ。

FestoolTrackSaw

とってもスムーズで綺麗に切れて気持ちいいです。これで大きなキャビネットも問題なく作れるようになります♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...