玄関横の仕切り壁が完成

エントランス(玄関)横に、新しい壁ができました。

エントランスの横がリビングルームなので、誰かが来たときに中が丸見えになるのがイヤで、仕切りの役目を果たす壁を作ったのです。
下の写真が去年、壁を立てた時の様子。フレームを設置し終わって、ドライウォールを取り付けているところです。

この後、ジョイントコンパウンドを塗る作業が面倒臭いなと思っていたところで増築工事が始まったので、例のごとく何ヶ月も放ったらかし。
ちなみにジョイントコンパウンド塗りの作業は今までやったDIYの中で一番か2番を競うぐらい不得意なので、もう自分たちでやるのやめることにしました。そんなわけで、先日やっとドライウォールの業者さんを呼んで、ジョイントコンパウンドを塗ってもらいました(↓)。

上の写真は1コート目が終わったところ。この上に「サンタフェ」というテキスチャーを付けてもらって終了。プロは早い!しかも全くヤスったりしないで綺麗にできあがってしまいます。

ジョイントコンパウンドが乾いたら自分たちでペンキを塗り、ベースモールディングを付けて完成!まるで入居したときからあった壁のように馴染んでいます。

新しくできた壁に取り付けたフックラックは、Rejuvenation のIron Double Hook Rack

5人家族なので、5つのフックがちょうどいい!と思って選びました。

以前作った小さなペーパーコード編みのスツールがぴったりなスペースになりました。
新しい壁のリビングルーム側の写真は、エンターテイメントセンターの設置が終わったらアップします。

増築のエクステリア 〜照明器具とドアの色〜

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

新しい勝手口ドアのライトには、こんな照明器具を選びました(↓)。

Ballard Designs のVerano Outdoor Wall Sconce という商品です。11月の20%オフの時期にゲット。うふふ。
郵送で届くカタログの商品ページはこんな風にスタイリングされています(↓)。

サイズが2つあって、勝手口ドアに付けたのは小さい方。ついでに玄関前のライトも新調することにして、こちらには大きい方を。

照明器具と壁との間に薄っぺらい木の棒を入れて真っ直ぐに保させているのですが、前もって壁の垂直さを確認したり、電気の線の穴を開ける位置をプランすればこんなことにはならなかったことが判明。あとで自分たちで直す予定だけど、ビルダーさん、もう少ししっかりしてくれないかなっ。

話しは戻り、同じ照明器具の小さい方をさらに2つ購入し、外壁にあと2つ(裏とサイドウォーク側に)あるライトも取り替えましたよ。

それと今悩んでいるのは勝手口のドアの色。グリーンの外壁にしたことで、玄関の木のドアが素敵に見えるようになって嬉しいのですが、勝手口のドアにはペンキを塗るグレードのドアを買ったので、すでにプライマー(白の下地)が塗られています。グリーンの外壁に黄色やオレンジなどの発色のいい色も素敵なのですが、けっきょく控えめ色にすることにして3色まで絞りました。

黒(↓)。

紺(↓)。

ラテのようなクリーム系(↓)。

フォトショップで上の3色をドアに塗ってみました。

古いコミュニティーに馴染ませることを考えるとクリーム系かなと思うけど、前の通りからこのドアは見えないので、あまり馴染ませる心配はしなくていいかな。どの色も素敵で捨て難く、なかなか決心がつきません。

玄関にパンプキンツリー

毎年この時期になると小さなカボチャのような実のなった木が売られます。トレーダージョーズでの商品名は「パンプキンツリー」。「オーナメンタル・エッグプラント」とか「パンプキン・オン・スティック」とか様々なニックネームを持つこの植物、正式にはナス科のようです。

PumpkinTree_1

私はあまりハロウィンのファンではないので「また見かけたら買おっ!」程度に毎年思っているのですが、必ず売り切れ、それに結構ガッカリさせられます。ハロウィンのデコレーションは乗り気でなくても、この木は気になるってことかな。今年は見かけるなりすぐに買いました。

パンプキンツリーは黒い花瓶が合う気がします。今度黒い花瓶を買おっと!

PumpkinTree_2

バラのようにトゲがあるので、カボチャと思って扱っていると容赦なしに刺されます。

ウッドショッピング/枝ハンガー

ウッドターニング用木材の仕入れへ行ってきました。

WoodShopping4

写真上は大きなシカモアの木。スポルテッド・シカモアです。墨の線のようなスポルテッドがとっても素敵で、じーっと眺めてしまいます。

でも今回のお目当てはブラックアカシア(↓)。木材屋さんの「これはもう当分入らないよ。」という連絡にノセられました。小さめのを2コゲット。

WoodShopping1

写真下の手前はシルバーメイプル。こちらは1コ持ち帰り。

WoodShopping2

このゴミ山(↓)のようなのはブラックウォルナット。カラッカラでスカッスカ、しかもヒビが入りまくっている木が多い中から、いい状態で面白そうなのを探してみました。

WoodShopping3

そんな中、動物の角のようにスタイルのいい枝を見つけたのでまじまじと眺めていたら、持ってっていいよと言うのでもらってきました。先日プランターにした木と同じジュニパーの枝です(↓)。

Branch2

粗めの紙やすりで軽くヤスリ、樹皮がポロポロ落ちるのを防ぐためにウレタンを1コートだけ塗りました。あまりリッチではない自然な色味をキープしたかったので、油性ではなく水性のウレタンを使っています。そこへ、末っ子の部屋の指人形ガーランドを作るのにも使ったScrew eyes を差し込みます。ちょっと大きめサイズのScrew eyes をガレージで発見したので、今回はそれを使いました。糸を付けたら枝ハンガーのできあがり。

とりあえず、以前布の張り直しをするつもりで買った中古のスリッパーチェアの上に引っ掛けてみました。

Branch1

枝に何かぶらさげたいのだけど、何がいいかな・・・。
そんなことより、木材をたんまり買い込んでしまったので、頑張って旋盤回さないと。

外壁の色 〜グリーン色々〜

家のインテリアだけでなく、そろそろエクステリア(サイドウォークや庭、家の外壁)に手を加えたいという思いはどんどん高まってきました。イメージがまとまり次第、実行に移したいのが外壁の色。家全体はスタッコなのですが、正面だけはサイディング。まずはこのサイディング部分の色を決めてペンキ塗りを始めたいと思っています。

散々憧れたのは白い外壁に赤いドアとか、深い紺色の外壁。でもフツー(フツー以下?)の家が立ち並ぶ古いエリアなので、我が家だけいきなりファンシーなのもオカしい気がするんです。かと言って今のままの色は絶えられないので、コミュニティに馴染める色合いを考え、今の時点ではグレーがかったグリーンがいいのではないかということになっています。
というわけで、今日は今まで集めてきたグリーンの家の写真を。

greenhouse1

Better Homes and Gardens – 20 Ways to Add Curb Appeal

greenhouse2

Better Homes and Gardens – Revive Your Home’s Exterior

greenhouse3

Apartment Therapy – Green on Green: Verdant Decor Outdoors

greenhouse4

Better Homes and Gardens – 17 Quick Fall Fix-Ups for Your Home

下の写真はサイディングではなくてレンガですが・・・。

greenhouse5

House & Home – Photo Gallery: Front Yards With Curb Appeal

greenhouse7

Better Homes and Gardens – Lighting Ideas for Outdoor Rooms

Leslie Shewring さんのインスタグラムより(↓)。グリーンに黒いトリムも素敵。

A photo posted by A Creative Mint (@leslieshewring) on

このグリーン(↓)はちょっと違うタイプだけど、嫌じゃないかな。

greenhouse6

上の写真はTumblr で見つけたのですがリンクがなかったので、どこの画像か不明。

実は玄関前のペンキを既に息子とゴリゴリと削りだしてまして、新しいペンキを塗る気満々なのです。下の写真の柱が削られた姿。こんなボロボロ状態でいつまでもいれないので、早く新しい色を決めないとー。

planters

ぶら下がっているミニのハンギング・ブランターは、今夜会う友達の娘さんがちょうどお誕生日だということが分かったので、先日作った小さな器2コで即席プランターを作ました。ミニチュア多肉植物入れてプレゼント。
うちの分もつくろーっと♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...