キッチン片側のキャビネット完成!

白くペンキで塗った引き出しの前板を全てインストールして、キッチンの(片側だけですが)キャビネットが完成しました。

前板なしでもキャビネットは機能するのですが、やっぱりキャビネットというのは引き出しの前板やドアが雰囲気を決めるので、できあがってウレシ〜です♪
こちら(↓)が前板をつける前の状態のキャビネット(今年の5月)。

前板に使ったプルはRejuvenation のMassey Bin Pull。20%オフのクーポンをもらった時に買っておきました。
添付の説明にあるパイロットホール(ネジ用に前もって開ける穴)のサイズが間違っていて四苦八苦しました。説明書ってブランドによってはあてにならないので、まずは端材を使ってテストしないとダメですね(自分へのリマインダー)。

ディッシュウォッシャー右横の浅いオープンシェルフ(↑)は窓から遠くて直接陽があたらないので、上段にはバスケットを置いてジャガイモや玉ねぎの保管場所にしています。デザインの段階で、この余った小さな面積をどう利用しようかと頭を絞って出したアイデアだったのですが、とっても気に入っている部分です。

上はクリスマス当日の朝の写真。
翌日にはツリーを片付け、掃除機をかけてスッキリしました。枝はグリーンリサイクルへ。木は薪木の足しにします。

引き出しの前板インスタレーション開始 in キッチン

キッチンキャビネットの引き出しの前板をインスタレーションしています。

どの工程も気を使いますが、最後のインスタレーションで失敗すると全てが台無しになるので、焦らず慎重に、、、。

キャビネット横にはエンド・パネルと呼ばれるものを付けました。このパネルももちろんシェーカースタイルで製作。

今息子は高校サッカーのシーズンで、私たちも週2〜3回の試合に夕方から応援へ出かける日々です。

昨夜はアウェーゲーム。雨は降ってなかったのに、スタンド席はビチョビチョ。タオルで拭いて座ったはいいけど、冷たーい。その上霧が漂い出して、キンキンに冷えた約2時間でした。

試合終了後(↑)。
両チームともコーチの話しが長いっ、、、。

真横ではウォーターポロの練習中。夜9時なのに。寒いのに。でも楽しそうな声が響き渡っていました。

ドアヒンジの穴開けジグ

先日シェーカースタイルの前板とドアを製作中の写真をアップしましたが、背の高いドアはパントリー用ドアです。
ドアに付けるヒンジの穴開けは、計算してテープメジャーで測ったところに開けるという方法なのですが、今回はヒンジ用の穴開けジグ(治具)を作ってみました。

こんなのです(↑)。
私はいつもユーロシステムでキャビネットを作っているので、システムホールの穴の間隔は32ミリ。上のジグにも32ミリ間隔の穴を2つ作り、ぴったり真ん中に線を引きました。 棚を乗せる用の金具を使って、このジグをキャビネット本体側面のシステムホールでヒンジを入れたい位置にはめ込みます(↓)。

ドアのテンプレートとなるMDF材を立てかけ、引いた線のたどり着いたところにマークを入れます。

こーんな感じ(↑)。

テンプレートになっているMDF材の下部は、この様にしてキャビネットに対して直角を保たせます(↑)。

このテンプレートにつけたマークに従ってドアに線を転写し、そこへヒンジの穴を開けます。

ヒンジ用の穴開けジグはRockler のヒンジドリルシステム

さていよいよドアをキャビネット本体に付けてみると、、、

ぴったり!手間をかけただけの甲斐があり、キレ〜に納まりましたよ。これからのヒンジの穴開けは、このジグ方法でいきます。
ドアの内側の写真を撮り忘れてしまいましたが、背の高いドアなのでヒンジは3コ付けました。

まだペンキを塗っていないので、ドアノブを付けてもすぐ外す羽目になるのですが、どんな感じかな〜と気になって付けてみました。Rejuvenation のMassey Round ノブです。

先月の里帰りで買って帰ってきたGrande Riviereの季節限定品。ラズベリーと抹茶のチョコレートでカバーされたラスク。この間気がついたら翌日が賞味期限だったので、急いでみんなで食べました。おいしかった〜♪

引き出しの前板作り in キッチン

キッチンの引き出しの前板やキャビネットのドアを製作中です。

今回作っているのは全て白く塗るものなのでフレームにはポプラー、パネルにはMDFを使用しています。ほとんどがキッチンのシンク側に取り付けるものです。

上の写真で見えるレンジの両サイドの引き出しの表を飾る部分です。最終的にはプル(取っ手)が付きます。
シェーカースタイルと呼ばれる飽きのこないシンプルさが人気を集めるスタイルです。

上のビットのセットを使ってドアを組みます。

あけぼのの姫栗もなか(↓)。栗の形をしたもなかがカワイイ。そしておいしいー。

ブレックファーストヌックのベンチにニトリのシートクッション

2週間ちょっと日本へ行ってました。
持って帰って来たものの一つが、ブレックファーストヌックのベンチ用シートクッション。

本当は小さめ座布団を買ってカバーを作るつもりでいたのだけど、小さめ座布団がどこにも売ってなかったのです。そんな時に見つけたニトリのシートクッション。740円と激安な上、色も気に入ったので買ってしまいました。

鉢植えを置いている部分を除いて、買って来た6枚のクッションがぴったり収まりました。これのせいでスーツケースがパンパンッでしたよー。

ちなみに、こういうクッションは手洗いができないものだと勝手に思い込んでいたのですが、できるんですね。

今日は散らかっている家中の掃除。途中、叔母にもらった茶の菓(京都限定お菓子)で一息つきました。ホワイトチョコのまろやか〜な甘みと抹茶クッキーの苦味のコンビがとってもオイシイんですよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...