パントリー作りが始まります

以前廊下のニッチを作るのにパントリーのドア(オーク)を再利用したと書いたことがあります。
固定棚で使いづらく、おまけに臭かったパントリーは今年の3月に解体しているのですが、いよいよ新しいパントリーを作る時期がやってきました。
ネットやインテリア雑誌ではウォークインパントリーとかゴージャスなものをよく見ますが、我が家のパントリーはいたって普通サイズのパントリー。

以前のパントリーの写真を見つけましがブログに載せたくないぐらいイヤなので、ご興味のある方はクリックで私のflickrアカウントへ飛んでご覧下さい→ Our Old Pantry
パントリーのドアを外した後の写真ですが、サッサと壊したかった理由が分かってもらえると思います。

前回の記事にも書きましたが今学期は大学で3クラス受講していて、その内の1つが住宅用キャビネットのクラス。ヨーロピアンスタイルを主にしたキャビネット製作クラスです。
大学で木工の勉強を始めたときに一番取りたかったのは、実は家具作りではなくてこのキャビネット作りのクラスでした。

先週のキャビネットのクラスではキャビネットのデザインとサイズを提出し、KCDというキャビネットのソフトに入れてイメージを起こしました。同時にサイズと必要な材料の計算をしてくれる優れたソフトです。

まずは3D図↓
My Pantry Design in KCD software

正面図↓
My Pantry Design in KCD software

正面ドアと引き出しフェイスなし図↓ (棚はもちろん可動式。)
My Pantry Design in KCD software

そして上から見た図↓
My Pantry Design in KCD software

パントリーなのでカウンタースペースは必要ないのですが、コーヒーメーカーや料理の本などを置いてデコレーションできたら楽しいかもと思いこうしてみました。
常温野菜の保存用にバスケットでできた引き出しも欲しいのですが、見た目的にどうなのか、ちょっと悩んでいます。

色とカウンタートップはまだ決まっていなくて、このど派手な水色は決定ではありません。最近は毎年のように好みが変わるので、あとでこの水色に後悔したらという心配が。

なんとなく家具っぽいキャビネットに見せるために、足をつけるのもいいかな。

パントリー製作の続き、追ってアップします。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

IKEAカウンタートップ、シンク、蛇口でとりあえずキッチン

母の日は、我が家に出会ってからちょうど1年の記念日でした。
私の記憶によると、翌日にはオファーを入れ、それから返事をもらってインスペクションで再びこの家に訪れたのが7月末。無事に家が自分達のものになり8ヶ月前に入居したのですが、2回見たぐらいじゃ分からないことってありますね〜。苦笑
その1つがキッチン!ずばり、古くて汚いです。キャビネットの引き出しやドアを開けると、数十年間可愛がられていなかった匂いがポワ〜ンとします。入居後すぐにでも粉々に壊したかったほど。
でも来年にはキッチンを丸々新調するつもりでいるので、ダーリンに「がまんしてください。」と言われて耐えていました。シンクからタイル製のキッチンカウンターに水が乗っかってしまうと、その水はタイルの目地を伝ってあちらの方までビチョビチョになるんです。一部のタイル目地が腐っているところを見ると、きっと前のオーナーさんはビチョビチョだろうがなんだろうが放っておいたのでしょう。

そんなビチョビチョになるタイルカウンターを毎日拭くこと8ヶ月。やっぱり耐えられなくなった私はダーリンに来年までの「IKEAとりあえずキッチン」を提案しました。その提案とは、シンクとタイルカウンターを撤去し、IKEAのLAGANカウンタートップLAGAN蛇口BOHOLMENシンクを取り付けるというもの。
カウンタートップが1枚$39で3枚必要なので$117。蛇口は激安の$19.99。シンクはお店の方がオンラインよりも安い$129。トータル$265.99。
蛇口とシンクはキッチンでの役割を果たした後はガレージで活躍させる予定なので、無駄になるのはカウンタートップの$117だけ。「このカウンタートップも作業台とかに変身させて、ガレージや庭で再利用できるはず!」
「僕は来年まで我慢できるけどね。」としつこく繰り返してましたが、「君がそんなに嫌なら・・・。」と言うので、気が変わらない内にHome Depotからツールをレンタルして、タイルカウンターを壊しました。

Original Kitchen Countertop

まだ親指の骨折が完治していないので私が頑張るつもりでいたのですが、カウンターが高過ぎて、私の身長じゃツールを持つ手に力が入らないので、結局ダーリンがほとんどやる羽目に。

この時点ではタイルを一枚一枚剥がすつもりで目地を破壊していたのですが、あとから「周りのタイルだけ破壊すれば、カウンタートップごとごっそり剥がせるんじゃない?」と気が付きました。
そうと分かったら早いのなんの。あっという間に破壊終了。
せっかくツールを1日レンタルしたので、「そのうち・・・」と思っていたマスターベッドルームのフロアタイルも剥がしてしまいました。

そして翌日、IKEAキッチンカウンターをサイズに切り、シンク用の穴も切り、シンクと蛇口をはめたら出来上がり!

Temporary Kitchen Countertop from IKEA
(冷蔵庫がシンクのあっち側にあるのって変じゃない?と気が付いた方。訳あって冷蔵庫が定位置に戻せないので「とりあえず」ここにあるだけです。笑)

プラミングは全部ダーリンがやってくれて、軽く感激のショックを受けました。
「そんなことぐらいどこのダーリンもできて当たり前でしょ。」と思われてしまいそうですが、うちはハンディーマン系の人ではないと思っているので期待もしてなかったのです。
シンクが変わった事で下水のパイプの位置も変わるのでカットしなくてはいけなくなったし、ディスポーザーが壊れているから取り除くとなると、そのパイプの処理もあるので、「もしかしたらプラマーを呼ばなくちゃいけなくなるかも?」なんて思っていたんです。なのに無事終了。アンビリーバボー。

そして来年新調予定のキッチンですが、キャビネットの色や形が不揃いだったり、電化製品とキャビネットのスタイルが不揃いだったりするミックス&マッチなスタイルのキッチンを夢見ています。

Source: bhg.com via Motoko on Pinterest

 

 

Source: tumblr.com via Motoko on Pinterest

 

サラ・ジェシカ・パーカー主演のI Don’t Know How She Does It のキッチンも、不揃いスタイルでとってもキュートでした。(リンクのビデオにはちょこっとしかキッチン写っていません。悲)

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...