オーク材アートフレームのホワイトウォッシュ仕上げ 〜マスターバスのアート〜

マスターバスの壁にかけた水彩イラストです。

artframe_whitewash1

以前水彩画アーティストの作品集を買ったときにチラッと紹介したYelena Bryksenkova さんという方の「bath nude」というプリントです。

artframe_whitewash3

イラストのテーマも小ぶりサイズ(6x8インチ)もこの壁スペースにぴったりなんです。

アートフレームは手作りし、仕上げはホワイトウォッシュ。

artframe_whitewash2

ホワイトウォッシュは特にどうと言ったテクニックではなくて、少量の白いペンキに水を多めに足して2コート塗ったものです。白いアクリル絵具でも代用できると思います。私はフォームブラシを使って塗りました。ホワイトウォッシュには木目の荒い木材がオススメ。仕上げ材を通してでも木のぬくもりが感じれるのが素敵です。このフレームにはオーク材を使いました。

イラストの方ですが、ヌード女性とは言えども、Yelena さんの作品なのでイヤらしい感じはまったくないと思うのですが、長女には「え〜〜」と言われてしまいました。マスターバスのバニティ周辺に合う絵が欲しいなぁと思っていたので、ぴったりなのが見つかって私は嬉しいのですが、、、。

マスターバスの現状況はこちらからどうぞ

マスターバスのバニティのペンキ塗り

いつものように気が向いたら進めている家のプロジェクト。
久しぶりにマスターバスの更新です。

MasterBath1

アッパーキャビネット(吊るし戸棚)はメイプル材の温かみと木目をそのまま残したいと早くから決めていたので、既にクリアのウレタンを塗っています。問題は下のバニティ(洗面台)の仕上げ。気持ちはグリーンかブルー系に揺らいでいたものの、思い切りがつかず時は立つばかり。でも今年になってグレーが頭によぎった途端、すっきり解決しました。

とは言えグレーって難しいー。Pinterest などでグレーのキャビネットを見れば見る程、どのグレーも素敵なので決めれないのです。しょうがないのでHome Depot からグレーのスウォッチをたくさんもらってきて、その中からイヤなのを落としていく方法で選択しました。

MasterBath_CabinetPaintColors

いざペンキ塗り。
物置小屋のペンキ塗りに続き、最近塗り作業が好きじゃないせいか、なかなか進まないったら。1回に1枚ずつ、気が向いた時にちんたら塗ってたら、ペンキを買ってきてから1ヶ月も過ぎていました。スローすぎだ。

MasterBath2

次はハードウェア(バニティのドアノブと引き出しのプル)です。なかなかピッタリなハードウェアがないので、手作りしようかな?と思ってるところです。

MasterBath_lights

それと。Rejuvenation のMist Double Sconce というライト(↑)が気に入って買いました。配達されるのに数週間もかかったんですよ。でも待った甲斐ありのカワイさです。
以前のライトは、Hall Bath で使っています。そちらも近々写真をアップします。

マスターバスのメンテナンス

マスターバスの浴槽とタイル(壁)の間のコーキングを塗り直しました。

MasterBath_Maintenance

一部がめくれてしまっているのに気がついて「やり直さなきゃー」と思ってから、行動に移すのに半年以上!その間にコーキングにしつこい赤シミも付きだしました。メンテナンスって本当に面倒です。ユニットバスにしておけば日々のお掃除だけで済んだのでしょうが、タイルが好きで作ったバスルームなので、目地のお掃除や浴槽との隙間のコーキングのやり直しなど、様々なメンテナンス作業も仕方ありません。

まずは古いコーキングを取り除いて綺麗にしたら、上下(タイルと浴槽)のギリギリに近いところにブルーテープを平行に貼り、その間にコーキングを塗ります。ブルーテープを貼ることで、ぼてぼてしたりコーキングがあちこちに付くのを防ぎます。テープはコーキングを塗ったらすぐにはがします。

たかがコーキングだけど、コーキングの線がすっきり綺麗にスリムだと、気持ち良いです。

SoapGirl

上は末っ子がクリスマスにくれたプレゼントの石鹸。グレープフルーツの香りがバスルームいっぱいに広がってとっても気に入っていたのですが、だいぶ香りのパワーが落ちてきました。柑橘系の香りが好きです。

難関クリア!マスターバスのキャビネット製作

今年は少しずつですが木工作品を購入していただいたり、ドューパ!でコラムを書かせていただいたり、クラフトフェアへ出店したりと人並みに忙しいせいか、家のプロジェクトがなかなか進みません。言い訳っぽいですが。

でも今日はマスターバスのキャビネットを進めました。

MasterBath

L字型やコの字型キャビネットはコーナーのドアがちょっぴり複雑で、以前大学でキャビネトリーのコースを取ったときの先生の話しだと、ヒンジは特殊なものになるし、ドアとの兼ね合いもなんだかややこしい記憶があったんです。そのため材料は揃えてあったものの、やる気が起きず・・・。でも慎重に考えながら進めると、ちゃんと仕上がるものですね。

下部のキャビネットの一番右はランドリーバスケットを入れる引き出しで、立てかけてあるのは引き出しの前板です。今日は時間切れになってしまいましたが、明日取り付けます!

MasterBath_OriginalPlan

上はマスターバスのキャビネット製作に取り掛かる前に、KCDというソフトで作ったプランです。(プランの他の角度から見た図はこちらから→ マスターバスのバニティ製作
上部のキャビネットは下部に直接乗せる予定だったのですが、バニティトップのマーブルを隠すのがもったいないので、一番上の写真のように壁に取り付けました。浅い引き出し数個もなくし、ドアなどもフラットでシンプルな物にしています。

TiledSink

あとはキャビネット周りのモールディングを作って取り付け、仕上げを塗るだけ。この仕上げなのですが、ペンキを塗るつもりでいたのでドアの木目を合わせなかったのですが、今になってこのメープルの色味が好きになり、クリアの塗料にしようかなと思い始めています。

とりあえず今日は、難関だと思ってずーっと見て見ぬ振りをしていたコーナーのドアが無事に取り付けることができてメデタシメデタシ。

小さなモノクロギャラリー

マスターベッドルームのカーテンの横に、3ヶ月分のカレンダーをフレームに入れて飾っていたのですが、子供たち3人のギャラリーに変更しました。

MasterBed_Curtains_RibbaFrames

それぞれの写真を同年齢に揃えるつもりでいたのですが、なかなか気に入るのがなくてバラバラの年齢に、、、。選んだ写真の色バランスも悪かったので、モノクロに編集しました。

bw_t

bw_i

bw_g

私側のベッドの横の壁なので、どんなに子供たちに腹を立てた日でも、写真を眺めながら「あの頃は可愛かった〜♪」なんて思いながら眠りにつける予定です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...