マスターベッドルーム 〜IKEAの布でカーテンなど〜

マスターベッドルームにカーテンを付けました。

ikea_curtain_2

使った布はIKEAのStockholm。1ヤードの価格$8.99。

ikea_curtain_1

以前リビングルームのカーテンを作るのに使ったIKEAのギャザリングテープはもう扱っていないと言われたので、Home Sewing Depot という会社から買ったプリートテープを使いました。

ikeafabric_stockholm

こういうテープを使うと、カーテン作りがあっと言う間!

ikea_curtain_3

カーテンを閉めるとこんな感じ(↑)。
カーテンロッドは、ファミリールームに使ったのと同じものです。

リビングやダイニングの明るさとは打って変わり、我が家のベッドルーム側は太陽光が入りずらく、どの部屋も暗め。とは言え、写真にするとなぜか一段と暗く見えます。ちゃんと撮れるように、写真の勉強したいなぁ。

下のクッションもIKEAの。カーテンに使った布と同じStockholm という名です。

master_bed

壁のミラーはAnthropologie より。
ブラックフライデーに1日だけの全品25%オフセールがあり、たんまり服などと一緒にゲットしました。アクリルじゃなくて、ちゃんとしたガラスのミラーですよ♪ 気に入ってます。

ベッドルームには、早くナイトスタンド(ベッド横に置く家具)とその上に置くランプを作りたいです。ダーリンにも同じものを作るので、2セットづつ。いつになるかな。

2週間ちょっと前の中指の怪我、おかしいので病院へ行ったら骨折してました。どーりで痛いわけだ。ぷぷっ。・・・全治6週間だそうです。そんなにじっとしてたら、ベッドルームの家具どころか何も進まな〜い!涙

masterbedroom

マスターバスの続き

子供たちだけのバスルームだけでなく、私たち夫婦のマスターバスもゆーっくりですが進めています。最後にマスターバスのことをブログに書いたのは壁紙を貼った3月で、9ヶ月も過ぎていました。

MasterBath1

つい先日、トイレットペーパーホルダーを付けました!
って当たり前のものなのに、もうずーっとなかったので、この小さな存在がすごい進歩のように感じるんです。色はやっぱり黒。

MasterBath2

私たちのバスルームはバニティ(洗面)とトイレ&バスが分かれていて、上の写真はバニティー側からトイレ&バスを見た様子。

そして下の写真がバニティ。

MasterBath3

バニティのドアは作って付けましたが、シンク下部のFake Drawer Face (偽引き出しの前板)が未完成。このバスルームには十分な収納スペースがあるので、子供たちのバニティに作ったシンク下の引き出しは作らないと思います。
バニティの色は壁紙のカラースキームを使って、淡い水色か緑に塗ろうかな。

カスタムサイズでカットしてもらったオーバルの鏡2枚には木のフレームを作ったのですが、何だか納得いかず・・・。作り直そうと思っていたら、シンプルだけど丸くてかわいいミラークリップをアマゾンで見つけました。
作った木のフレームは無駄になってしまったけど、フレームなしのスッキリした様子が気に入っているので結果オーライ。

マスターバスの壁紙

マスターバスの壁紙。
や〜っとステキで気に入るウォールペーパーを見つけました。

つばめと雲がモチーフの「Daydream」という壁紙です。

上は1週間ほど前にインスタグラムへアップした画像で、夜に電気を付けて撮影したので色が正確じゃありませんが、とりあえず。

バニティを手作りして設置し、マーブルのトップをインストールしてもらったのが去年の3月。
なかなか気に入る壁紙が見つからなかったのですが、とりあえずドライウォール屋さんに壁を壁紙用に整えてもらったのが7月。
ずいぶん時間かけてしまったけど、頬を壁にスリスリしちゃいたいほど気に入ってるので探し続けた甲斐がありました。

実は去年の夏頃、この壁紙を使ったインテリアの画像がPinterest で流れてきてピンをしたのです。その時もカワイイと思ったのですが、我が家に使おうとは考えもせず・・・。
その画像がこれ(↓)。

bird wallpaper
Bird Wallpaper

Boston マガジンの「Let There Be Space」より

今年になり同じ画像をまた見かけ「これだ!」と思ったので、ひとめ惚れじゃなくてふため惚れってところでしょうか。

壁紙はイラストレーターのJulia Rothmanさんデザイン。
Hygge & West のJulia Rothman さんのページから購入できます。

ちなみに、うちのマスターバスに使ったシンプルなライト(一番上の写真)はLamps Plus のGold 20″ Wide Bathroom Light Fixture by George Kovacs
リンクを貼るのに探したら、私が買った時よりも20ドルぐらい安くなっててガッカリ。

マスターバス、完成までまだまだ続きそうです・・・。

ホームショップとマスターベッドの前進具合

ホームショップ(ガレージの作業場)、少しずつ進んでいます。
パワーツールもろもろの収納用にキャビネットを作って設置しました。ちょっとしたデスク作業もできるように、椅子が入るスペースも確保(↓)。

Garage in Progress

*壁のペグボードアート(?)は末っ子の似顔絵 by 息子。オレンジのエクステンションコードが彼女のクルクルヘアだそうです。フックを使って目と口。分かるかな?

大きな機械類も85%の注文が終わり、ぞくぞく到着したので組み立てを頑張っています。
先日FedEx の配達のお兄さんがガレージの目の前で落としたバンドソーも、メーカーさんが代わりのパーツを送ってきたのでなんとか直しました。機械関係は本当に苦手なのでドキドキしながらの修理でしたが、やろうと思えばどうにかなるものですね。

話しはガレージから家の中へ移り・・・。
まだまだ完成にはほど遠いマスターベッドルームのチラ見せ。

Love our new Belgian Linen Duvet cover.  #duvetcover #restorationhardware #bedroom #bedding #linen #belgianlinen #interior #homedecor #布団カバー #ベッドルーム #ベッド #リネン #インテリア #vsco #vscocam

壁にモロッカンなステンシルをしたのは5月だったので、もう半年!
すぐにベッドルームを丸ごと新調するつもりだったのに、放ったらかしでした。
最近になり、ずーっと目を付けていたRestoration Hardware のストーンウォッシュのベルギーリネンお布団カバーを購入。雰囲気も肌触りもサイコーです。が、ダーリンはテキトーに買ったCrate & Barrel のBelo シーツセットを絶賛しています。

壁だけでなくラグ(写真下左)やスロー(写真下右)も柄物で、モロッカンチックにパターンのレイヤー化をしてみました。

Master Bedroom Patterns

ラグはもう半年以上も前にベッドのダーリン側用に買ったトルコラグ(ランナー)ですが、ダーリン曰く「朝起きた時の最初の1歩を踏むには薄過ぎる。」そうです。どんだけすごい一歩を踏むんだ。
パターンのレイヤー化は気に入ってるのですが、この小さなベッドルームが余計に狭く感じるなというのが本当のところなので、もう少し落ち着いたラグを買い直すつもりです。最初の1歩にふさわしい厚めのものを。笑

ちなみに。
半年ほど前にDesign Sponge で紹介されたJessie Webster さんのインテリアのベッドルームがすっごく好み。

2jesse

ベッドルームに限らず家全体がステキにコーディネートされているのに、色使いも雰囲気もとてもカジュアルでアットホームな感じがいいインテリアなんです。

彼女のダイニングルームもいいんですよー(写真下)。

1jesse

さて今週末も、ホームショップの完成に向けて頑張ります。

マスターベッドルームの壁をステンシル

Master Bedroom Stenciling in Progress

マスターベッドルームの壁(ベッドのヘッドボードが置かれる1面だけ)を、ステンシル中です。

Master Bedroom Stenciling in Progress

先週始めて週末はお休みし、やっと半分ぐらい終ったところ。
ポンポンと叩く感じでステンシルしていくのですが、筋肉付いて腕が引き締まるどころか、疲れでむくんでさらに太くなった感じ。笑

モロッカンパターンのステンシルは、ちょうどマイホームを買ったころに知ったRoyal Design Studioというオンラインショップのもの。うちは壁にKnockdown(ノックダウン)というテキスチャーが付いているので、壁紙を張るとなるとまずは壁をフラットにしなくてはいけません。でもステンシルの場合、テキスチャーの付いた壁にもそのまま色付けが出来てしまうので「これだ!」とずーっと思っていたんです。

Master Bedroom Stenciling in Progress

材料は

  • ステンシル
  • ステンシル用ブラシ
  • 好きな色のペンキ
  • ステンシルを押さえるブルーテープ

ペンキはHome Depotのサンプラー($3ぐらいかな)で1面が塗れてしまいそうです。色は真っ黒ではなくて、ソフトな黒。真っ黒にしなかったのは私なりのこだわりだったんだけど、よっぽど近くで見ないと誰も気付かなそう。

ステンシル作業が終わると、上の写真の壁のようになる予定。
(ロイヤルブルーのブランケットがカワイクて気になる。)

Royal Design Studio
は雑誌やテレビ(HGTV)でも見かけることがあるほど名の知れた会社なので、きっとスタジオはニューヨークかロサンゼルス辺りだろうと思いがちですが、なんとサンディエゴのチュラビスタです。私は直接スタジオへステンシルを買いに行きました。奥のオフィスエリアのフロアは、コルクを張ってステンシルしたというなんともエキゾチックでお洒落なフロアでした。写真撮ることを忘れてしまったのが悔やまれます。
ちなみにこのステンシルショップのオーナーさんは、以前紹介した本「MARRAKESH BY DESIGN」でモロッコ在住のMaryam さんのお友達で、MaryamさんのブティックホテルのステンシルはRoyal Design Studio が手がけているんですよ。
私はステンシルをもう1枚(長女の部屋用に)買ったので、それもまたの機会に紹介します。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...