ファイヤープレイス前のタイル探し中

Hearth(ファイヤープレイス=暖炉前のフロアー部分)のタイル探しをしています。
古い暖炉のマントルと横のレッグ部分は不揃いな煉瓦で出来ていたのですが、煉瓦の間の隙間が大きく、グイッとやったら煉瓦がひとつ取れました。古いからなのか作りが甘かったのか分からないけど、危ない。
そんな訳で1月にリビングルームのポップコーンシーリングを剥がした際、汚れついでに煉瓦もその前の大きなフロアータイルも取っ払ってしまいました。それ以来、ファイヤーボックス(穴部分)だけになった暖炉がマヌケなリビングルームです。

キレイな色味のちょっぴり個性的タイルが希望です。
どこの国のでもいいのですが、気に入ってるのはモロッコのタイル。
ゴージャス色に個性的デザインのモロッカンタイルを扱うオンラインストアをいくつか見つけたのですが、「注文は最低何スクエアフィート以上。」なんて条件付き。暖炉前のタイル面積なんてせいぜい50X120センチぐらいなので、泣く泣く断念。

モロッコのタイルはセメントタイルが多いようなので、諦めずに「セメントタイル」で検索して見つけたのがメキシコのOriginal Mission Tile。好きなデザインに、60色のカラーパレットの中から好きな色を選んで作ってもらえます。
興奮してメールをしたら、サンディエゴのTierra Y Fuegoというお店にタイルを卸しているというじゃないですか。早速メキシコ国境近く(!)のショールームまで行ってきました。

Tierra Y Fuego

それほど大きな店舗ではないですが、カラフルなタイルがたくさん。スペシャルオーダーも受けれるそうです。
メキシコのデザインほどゴチャゴチャしていなくて、見ようによっては北欧チックな柄の物もありました。
下の写真で一番右上のタイル、水色がパッとキレイで目を引きました。
でもこの壁のタイルはあまり頑丈ではないので、フロアーには不向きだそうです。

Tierra Y Fuego

濃い青と水色。デザインがカワイイ♪
Tiles Tierra Y Fuego

青と黄色。色のコントラストが楽しい。
Tiles Tierra Y Fuego

タイルに限らず、数多く見すぎると目が混乱してくる。笑
でもいい加減決めて買わないと、マントルのショッピングへ進めないのです。

雑誌「Anthology」とイクレクティックスタイルインテリアというブログ記事にも書いたAnthologyの2011年秋号に載っていたキッチンの壁タイル。インパクトがあって気に入ってます(↓)。
どうやら今の気分は青系らしい。

Anthology Magazine

そしてこの色使い!
怖い物なしで個性的なインテリア。憧れるけど、勇気がいるなー。
ちなみにこのページを見て一番最初に目に止まったのは、壁のガラス戸棚。欲しい!ストーブはsmegかな。これも憧れです。

タイル屋さんのおまけ写真。
写真右上の足は、店内にいたお年寄りカップルのおじいさんの足。タイル選びでもめて夫婦喧嘩中。

Tiles Tierra Y Fuego

スパニッシュなフロアー。我が家には似合わないけど、カワイイー。

Tiles Tierra Y Fuego

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ピンクルームのベースモールディングとゴシップ

Happy Valentine’s Day♡
アメリカも1日遅れでバレンタインデーです。

先週末は、ピンクルームにベースモールディングを取り付けました。
壁の一番下に付いている白いのです。

Pink Room Molding

実はこの部屋にウッドフロアーを張った際、木がストレッチする時の為のスペースを壁との間に残し過ぎてしまい、もともと付いていたベースモールディングの厚みだと、スペースが隠しきれない状態になってしまいました。
ウッドフロアの張り直しとか考えられなかったので、9/16インチという厚めのモールディングを購入してきました。このモールディング、厚みだけでなく高さもけっこうあり、プリンセス調なピンクルームにはなかなか似合っていて、且つシンプルな域を保っているので気に入っています。MDF材で、70セント/1フィート(約30センチ)ぐらいだったので、12X10フィートの小さなピンクルームには合計30ドルちょっと。思ったより安く済みました。

Pink Room Molding

うちの壁、歪んでる事が多くて初めは驚いたのですが、どうやらアメリカでは日常茶飯事なようです。でもそうすると壁とモールディングの間に隙間が残ることになります。この隙間、私の場合はJoint Compound(パテかな?)で埋めます。普通はコーキングで処理するらしいので挑戦してみたのですがキレイにできず、Joint Compoundでの方法に戻しました。コーキングだと一発勝負な作業になるので、ちょっぴり不都合なんです。
Joint Compoundは手間も時間もかかりますが、乾いた後にヤスリがかけれるし、その後にペンキも塗れるので、「いくらでも直せる」という安心感があります。
特に壁とモールディングの色が違う場合、私の素人技術で美しくコーキングするのは「不可能」だという結論に達しました。
上の写真はヤスリがけ中、最後のペンキ修正前。

実は訳あって、ピンクルームのモールディングはまだ1面の壁にしか付けていません。(理由はまたの機会に。)
ピンクルームにあったモールディングは、モールディングの状態が悪かったブルールームに使いました。ピンクルーム以外は、もともとあったフツーのモールディング(こんなの↓)です。

Green Room
(写真は既に昨年終わっているグリーンルームのウッドフロアーとモールディング)

ピンクルームは一番にウッドフロアーを張ったにも関わらず、モールディング作業は最後になってしまいました。どれにしようかと悩んで買って、長女にペンキ塗りを任せたら下手っぴだったので、ダーリンと息子がヤスってペンキの塗り直し・・・。
その後、お隣りのお父さんと娘さんのボーイフレンドの喧嘩を止めに入ったダーリンが、ボーイフレンドをうちのガレージで落ち着かせようと連れて来たら、乾燥中のモールディングを踏まれ・・・。そんな時に「踏まないで〜!」と訴えるのもなんなので、ぐっと見て見ぬ振りをし、後日泣く泣く汚れ拭き取り作業をしたのでした。ピンクルームのモールディング、すでに思い出深いものになっております。笑

ちなみに喧嘩の内容は?
無職の娘さんとボーイフレンド、さらには1月に誕生したばかりの彼らの赤ちゃんを面倒見る共働きのお隣りさんご夫婦。ボーイフレンドのノーリスペクトな態度&口調に堪忍袋が切れた様子でした。とても温厚な感じのお父さんなんですよ。

flower

昨夜、そのお隣りのお父さんが「お花がなくちゃ、バレンタインデーが始まらない!」と言って持ってきてくれたお花。(おそらく裏庭から)
太い茎に大きな葉っぱ。こんなワイルドなお花、どう生けたらいいのか分からないし似合う花瓶もない。母に見せたら「もうちょっとどうにかならないの?」と笑われました。
写真は思いっきり近づいて、どうにもなっていない全体像がバレないように。
記念写真♪

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

IKEAのカーテンレールと鳥さんモービル

IKEAのカーテンレールを取り付けました。

Ikea KVARTAL corner curtain rail

リビングルームのコーナーに2つ窓があって、2本のカーテンロッドを使うとぶつかりあう状態になりそうだったので悩んでいたら、IKEAのコーナー対応のカーテンレールを発見!KVARTALシリーズです。
長さは好きなように調整できるので、必要なパーツを必要な分買って取り付けます。

IKEA好きなんだけど、組み立てたり取り付けたりするのが結構大変なことが多いです。
このカーテンレールも、レールを支えるブラケット(固定具)はどこに取り付けてもいいわけでなく、ぴったり指定の位置になくちゃいけない作りになっています。その際、コーナーからそれぞれのブラケットまでの位置を測るだけでなく、壁からレールまでの距離も計算に入れて取り付けなくちゃいけないのが面倒なんです。

Ikea panel curtain inspiration
(こちらの写真はIKEAのカーテンインスピレーションから拝借)

後々カーテンはじっくり選んで新調するつもりでいるので、今使っているのは「とりあえず」。
このカーテンレールはレールが3つもあるので、いずれはパネルカーテンのパーツも買って、上の写真みたいなこともしてみたいな〜。

Mobile Birdie

カーテンレールにぶら下げた鳥さんのモービル(↑)は、昨日の日曜日、末っ子と残っていた粘土(FIMO)で作りました。
アクリル絵の具を4歳児と塗る作業って、想像以上にベットベト。半分嫌になりながら仕上げました。

この家に入居してもうすぐ5ヶ月。
まだまだ引いて写真を撮れない状態だけど(笑)、すこーしずつキレイになってきたなーって感じてます。

2週間前には、リビングとダイニングとエントランスが一緒になったスペースのポップコーンシーリングをはがしたので、家中の天井から醜いポップコーンのテキスチャーがなくなりました。清々しい〜♪
翌日ドライウォールの業者さんに天井のテキスチャーを付けてもらいました。正式用語は忘れましたが、俗に「サンタフェ」と呼ばれているテキスチャーを選びました(↓)。

Living/Entrance Walls

写真ではほとんど分からないですが、天井の表面は真っ平らでなく、ランダムに手作り感が漂うテキスチャーが入っていてお気に入り。

あと少しで壁のペンキ塗りが終わるので、真っ白な壁に映えるカラフルなインテリア雑貨を妄想中。

ブログランキングに参加してます。
応援おねがいしまーす!
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ダイニングルームのシャンデリアとバレンタインのデコレーション

ダイニングルームのシャンデリア、入居した時は金色でプラスチック製のシャンデリアが付いてました。ホコリまみれな上、7つぐらいあったアームの内の2つが壊れてセロハンテープで止められていた状態。

新調するにあたり、「掃除が大変だからクリスタルは少なめ」ということと「あまり流行性のないもの」という条件の元に探して見つけたのはPottery BarnBellora Chandelier

Dining Room Chandelier

クリスタルがよくあるティアドロップ型でなく、まん丸ボール型なのが気に入りました。全部で35コ。ジャラジャラと100コ以上付いてるのに比べたら少なめだよね?
アイロン製のアームもお気に入り。

このシャンデリア、Pottery Barnで見つけて気に入ったのですが、買ったのはoverstock.com。もともとPottery Barnよりも安かったのにも関わらず、クーポン利用で最終的にはなんとPottery Barnの半額!
その上シャンデリアを吊るす付属のチェーンが、Pottery Barnの12インチに比べ、overstock.comは40インチ。ダイニングルームの天井が高いので、我が家には好都合なお買い物でした♪

シャンデリアの向こう側の壁にかけたのはバレンタイン仕様のプリント♡
壁は今日塗り終わったばかりのホヤホヤ状態。

Valentine's Day Wall Display

この無料プリントは、PIZZAZZERIESのValentine’s Day Art Prints! からダウンロード。

5枚の中から3枚セレクトしました。私の一番のお気に入りは「Bee Mine」かな。

先日姉に「サンディエゴは2月ごろから真夏日がちょっとずつ訪れるんだよなー。」なんて言っていた矢先。まだ1月なのに、今週のサンディエゴは最高気温29℃なんて日もあり、ドライブ中の腕がジリジリするほど。でも気持ちいい〜♪

世界地図/フレーム作り/サッカーボールガーランド

かれこれ3年ぐらい前、今はなきBordersという本屋さんでちょっぴりビンテージ風な世界地図を購入したのですが、賃貸の壁に貼ってしまうのがもったいなくて、ずーっとクローゼットに眠ったままでした。
今回マイホームに引っ越して息子の部屋をグリーンに塗った時、なんとなくこの部屋に似合う気がしたので、息子にあげることに。

wallmap_1

ホッチキスで留めただけじゃビンテージ風な地図に重みが出なかったので、モールディングを買ってきてフレームを作って囲い・・・。

wallmap_2

サッカー大好きで、オールスター戦まっただ中だった息子の応援も兼ねて、サッカーボールのガーランドを作って引っかけてみました。
(ちなみにオールスター戦ではファイナルまで行ったものの負け。ロサンゼルスでの南カリフォルニア戦には進めませんでした。涙)

IKEAのBAROMETERライトのひとつを地図に向けてスポットライトするとこんな感じ↓

wallmap_3

ブルールームとこの部屋(グリーンルーム)は同じサイズなのですが、かなり狭い部屋なので、クローゼットスペースを有効に使える様、作り付けっぽいキャビネットでも作ろうかな?と考え中。企画倒れになるかもしれませんが。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...