トルコからラグ

先週から、ブログでは取るに足らない小さなプロジェクトに取り組んでいます。
家のドライウォール(インテリアの壁)の修理とか、ささっと終りそうな小さなプロジェクトですが、「ちりも積もれば・・・」で小さなプロジェクトたちに1週間もかかっています。

そんな時、両親からもらった新居祝いで買ったリビングルーム用のラグが届きました。トルコ製のペルシャ・ラグです。はるばるトルコからやってきたラグに嬉しくなり、プロジェクトを放棄して早速ラグを敷き、写真撮影!

Turkish Rug

欲しいラグ(カーペットでも良かったのだけど)を見つけるのに、半年ぐらいかかってしまいました。なかなか見つからなくてイヤになり、諦めてまったく探さなかった時期もあったな〜。

最終的には「Kilim Rugs」(ペルシャ絨毯やラグと同じようなもの)と検索してebayに辿り着き、数日かけて30ページ以上にわたるKilim Rugsをチェック。やっと気に入ったこのラグはトルコのカーペット屋さんのものだったのですが、もう少し詳しい商品情報が知りたかったのでメールのやり取りをして、購入の決意。
なんとトルコからカリフォルニアまで、たったの5日間で到着。
アラジンのカーペットみたいに、ピューンと空を飛んできた早さ♪

Turkish Rug

縦2.3メートル、横1.5メートル。濃い赤に、カラフルなお花がひし形に並んでいます。ラグの両端は幾何学模様。
壁もソファも白いリビングルームが、一気にカラフルでアットホームになりました。
でもこのカーペット、ガラスのコーヒーテーブルと合わない気がしません?
木のコーヒーテーブルが欲しいなぁ。
フロアも早く新しいのにしたい。
やりたい事、買いたい物、いっぱい。

お母さん、お父さん、ラグ買ったよ。ありがとう!

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト4週目

週末を利用して進めているピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト、4週末を終えてやっと本体のペンキ塗りが終了しました。
このプロジェクトの1週目2週目3週目はそれぞれのリンクから見てね。

Wardrobe Project in Pink Room

ようやくビジョンが形になってきた感じ♪

前回のステップで勢いがついていたので、「ペンキ塗ってクローゼット用ロッドを取り付けたら、来週には次のブログ記事書けるぞ。」と張り切っていたのですが、配達屋さんのミスでロッドを引っかけるフランジ(両サイドの金具)がなくなってしまい送り直してもらったため、こんなに時間がかかってしまいました。こういうことあると、やる気なくなっちゃうんだよね。笑
送り直してもらったフランジが到着した数日後、ガレージにいた息子にご近所さんが「これお宅の荷物だよね。」と言ってフランジの入った小包を持って来てくれました。配達屋さんが間違った住所に届けてしまったということなんだろうけど、できればもう少し早く持ってきて欲しかった。2週間近くもたってるんですけどー?笑

Wardrobe Project in Pink Room

ペンキの色選びですが、私は「赤!」ダーリンは「白!」末っ子は「ピンク!」
大きな物だからやっぱり赤は圧迫感あり過ぎるかなと思うけど、ピンクルームに白なんて退屈すぎ。結局ピンクになりました。ピンクルームと名付けた部屋だから当たり前と言えば当たり前かな。部屋の壁が極めて薄いピンクなので、コントラストが付くように濃い目のピンクで話しがまとまったのですが、その「濃い目ピンク選び」は想像以上の難題でした。
赤だったら好きな赤は数個に限られているのであっさり決定できるのだけど、ピンクはどれもカワイイ。紫が入ったラベンダーのようなピンクは若いころから大好きだし、グレー入りのピンクもシックでいい!オレンジがかった珊瑚ピンクも好き。
混乱してきたのでフォトショップでピンクのサンプルファイルを作っていたある日、デスクの上に転がっていたハローキティーのメモ帳のピンクがカワイク見えて「これだ!」と決定。メモ帳片手にHome Depotへ行ったはいいけど、他のピンクを見てまた悩み、最終的にはBEHR(ペンキのブランド)のサンプルカラーの中から選びました。さっさとHome Depotに行っておけば良かった。笑

作業中に外遊びから戻ってきた末っ子(↓)。汚い手足でよじ登られて、さっそく汚されました。でもピンクワードローブに喜んでくれたので、汚したの許すぅー。笑

Wardrobe Project in Progress

ヤスリかけを怠ったためミルマーク(機械の刃物の跡)が残ってるのが悔やまれますが、ペンキはスプレーしたかのようにキレイに塗れました。MDF材はペンキの付きが本当にいいです。そしてこのピンクは大正解!とても気に入ってます。

目の前のベースモールディングはまだ置いてあるだけなので、早く釘を打たないと。釘の頭をJoint Compoundで隠してキレイにしたら「さー、次はドアと引き出し作り!」といきたい所だけど、収納できる時点まで到達したのでちょっとお休み。というのはマスターベッドルームの収納スペースも確保したいので、先にそっちの本体作りを進めたいんです。
今回このプロジェクトで反省点がいくつかあるので、早速それをマスターベッドルームで活かして再度挑戦です(というとまるでピンクルームをテストに使ったみたいに聞こえますが、そうじゃないですよ。)

狭い部屋なので正面写真が面倒なのですが、100%完成したら、ベッドを動かしてでも正面写真を撮ってアップします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

IKEAカウンタートップ、シンク、蛇口でとりあえずキッチン

母の日は、我が家に出会ってからちょうど1年の記念日でした。
私の記憶によると、翌日にはオファーを入れ、それから返事をもらってインスペクションで再びこの家に訪れたのが7月末。無事に家が自分達のものになり8ヶ月前に入居したのですが、2回見たぐらいじゃ分からないことってありますね〜。苦笑
その1つがキッチン!ずばり、古くて汚いです。キャビネットの引き出しやドアを開けると、数十年間可愛がられていなかった匂いがポワ〜ンとします。入居後すぐにでも粉々に壊したかったほど。
でも来年にはキッチンを丸々新調するつもりでいるので、ダーリンに「がまんしてください。」と言われて耐えていました。シンクからタイル製のキッチンカウンターに水が乗っかってしまうと、その水はタイルの目地を伝ってあちらの方までビチョビチョになるんです。一部のタイル目地が腐っているところを見ると、きっと前のオーナーさんはビチョビチョだろうがなんだろうが放っておいたのでしょう。

そんなビチョビチョになるタイルカウンターを毎日拭くこと8ヶ月。やっぱり耐えられなくなった私はダーリンに来年までの「IKEAとりあえずキッチン」を提案しました。その提案とは、シンクとタイルカウンターを撤去し、IKEAのLAGANカウンタートップLAGAN蛇口BOHOLMENシンクを取り付けるというもの。
カウンタートップが1枚$39で3枚必要なので$117。蛇口は激安の$19.99。シンクはお店の方がオンラインよりも安い$129。トータル$265.99。
蛇口とシンクはキッチンでの役割を果たした後はガレージで活躍させる予定なので、無駄になるのはカウンタートップの$117だけ。「このカウンタートップも作業台とかに変身させて、ガレージや庭で再利用できるはず!」
「僕は来年まで我慢できるけどね。」としつこく繰り返してましたが、「君がそんなに嫌なら・・・。」と言うので、気が変わらない内にHome Depotからツールをレンタルして、タイルカウンターを壊しました。

Original Kitchen Countertop

まだ親指の骨折が完治していないので私が頑張るつもりでいたのですが、カウンターが高過ぎて、私の身長じゃツールを持つ手に力が入らないので、結局ダーリンがほとんどやる羽目に。

この時点ではタイルを一枚一枚剥がすつもりで目地を破壊していたのですが、あとから「周りのタイルだけ破壊すれば、カウンタートップごとごっそり剥がせるんじゃない?」と気が付きました。
そうと分かったら早いのなんの。あっという間に破壊終了。
せっかくツールを1日レンタルしたので、「そのうち・・・」と思っていたマスターベッドルームのフロアタイルも剥がしてしまいました。

そして翌日、IKEAキッチンカウンターをサイズに切り、シンク用の穴も切り、シンクと蛇口をはめたら出来上がり!

Temporary Kitchen Countertop from IKEA
(冷蔵庫がシンクのあっち側にあるのって変じゃない?と気が付いた方。訳あって冷蔵庫が定位置に戻せないので「とりあえず」ここにあるだけです。笑)

プラミングは全部ダーリンがやってくれて、軽く感激のショックを受けました。
「そんなことぐらいどこのダーリンもできて当たり前でしょ。」と思われてしまいそうですが、うちはハンディーマン系の人ではないと思っているので期待もしてなかったのです。
シンクが変わった事で下水のパイプの位置も変わるのでカットしなくてはいけなくなったし、ディスポーザーが壊れているから取り除くとなると、そのパイプの処理もあるので、「もしかしたらプラマーを呼ばなくちゃいけなくなるかも?」なんて思っていたんです。なのに無事終了。アンビリーバボー。

そして来年新調予定のキッチンですが、キャビネットの色や形が不揃いだったり、電化製品とキャビネットのスタイルが不揃いだったりするミックス&マッチなスタイルのキッチンを夢見ています。

Source: bhg.com via Motoko on Pinterest

 

 

Source: tumblr.com via Motoko on Pinterest

 

サラ・ジェシカ・パーカー主演のI Don’t Know How She Does It のキッチンも、不揃いスタイルでとってもキュートでした。(リンクのビデオにはちょこっとしかキッチン写っていません。悲)

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

長女の部屋のウィンドーシルとカーテン

長女の部屋の窓にウィンドーシルをつけました。ディテール(装飾)です。窓のディテールはWindow Sill(ウィンドウシル)、Window Casing(ウィンドウケーシング)とかCase Molding(ケースモールディング)、さらにはWindow Trim(ウィンドウトリム)とも呼ばれます。
ウィンドーケーシングは窓の4辺をモールディングなどで囲みますが、底部だけというのもありです。底部だけをさすのがSill とかStool、口語的にはLip(リップ)とも呼ばれるそうです。窓の下唇部分ってことなんだろうと勝手に解釈しています。
家の窓のほとんどをカーテンにする予定なので、窓の底部だけのディテールがいいかと思ったのでウィンドーシルを取り付けます。というのは窓の4辺すべてをCasingしても、通常スタイルのカーテンの場合はCasingの大半が隠れてしまうので、底部だけで十分だよねという理由です。
ちなみに家中の窓すべてディテールなしなので、これから1つづつチビチビと付けていく予定です。うちはほんっとうにディテール度ゼロの家です。だからこそ作業のしがいがあるとポジティブに考えています。そうでもしないとね。笑

まず下の写真が窓の底部を付ける前。
「まだ家建て中?」なんて思うほど装飾なしで寒々しく見えます。

Blue Room Window Before Bottom Casing
(窓の右上部からぶら下がる物と外のごちゃごちゃした景色は無視してね。)

そしてこれ(↓)が底部を付けたところ。
(カーテンロッドも付けた後の写真になってしまいました。)

Blue Room Window after Bottom Casing is IN!

窓の枠内ではなく壁に添って付いている部分はMolding(モールディング)とかApron(エプロン)と呼ばれているようです。

Blue Room Window Bottom Casing is IN!

家の装飾部分を担当するディテール職人さんやカーペンターは、ここにクラウンモールディングとお揃いのモールディングを付けたりもするようです。うちの場合クラウンモールディングは付いていないしベースモールディングもシンプルなので、Casingもシンプルに平らがいいなーと思い、何かのプロジェクトで残った木を薄く加工して作りました。
たかがCasingですが、これだけで窓がちょっぴり嬉しそう。

そしてカーテンを縫いました。

Blue Room Window Curtains

長女が選んだ生地で、テキスタイルデザイナーのTanya Whelanさんの生地です。
前にも書きましたが、Tanyaさんは私の好きなYvestown BlogのYvonneさんとお友達だそうで、Tanyaさんのソーイングブックの写真はYvonneさん邸で撮影されていたりします。Yvonneさんがその事をブログで発表する前に気が付いてしまった私は、かなりのYvonneさんストーカーです。笑
Tanyaさんデザインのお花柄生地はCath Kidsonの物にかなり似ているので、キャスファン=Tanyaファンな確率が高いですが、逆に「キャスの真似してる!好きじゃな〜い。」なんて思っているキャスファンもいるのかも?
私はTanyaさんにはTanyaさんのお花ワールドがあると見ています。それと私は若いころからペイズリーが好きで、このブログのタイトルも「ペイズリー」という単語をどうにか入れようと考えたほどなので、Tanyaさんのペイズリーとお花を混ぜたデザインも大好き&おススメです。(ペイズリーをブログタイトルに入れるのは無理矢理過ぎて諦めました。笑)

ブルールームのカーテンロッドはIKEAのBETYDLIG。リビングルームの窓に使ったIKEAのKVARTALのインストールは、大人2人プラスたまーに子供を使って数時間かかったのに比べ、今回はちょちょいのチョイ。私1人でインストールできました。
いずれレースカーテンも作って2重使いしたいけど、カーテンレールではなくカーテンロッドがいいなぁと思って探していたら、このカーテンロッドが条件にピッタリでした。ロッドとブラケットの一部をもう1セット買い足せば、2重カーテンが可能になる作りです。

「6月の誕生日は、一番好きな友達2人を呼んでお泊まり誕生パーティーにしたい。」という長女の希望に添えるよう、急いでブルールームに手を加えています。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト3週目

Wardrobe in Progress

週末を利用して進めているビルトイン(作り付け)ワードローブのプロジェクトです。3週末目なのですが、必要な道具がないので注文したり忙しかったりで1ヶ月半ぶりになってしまいました。
(このプロジェクトの1週目2週目はそれぞれのリンクから見てね。)
「よし再開!」と思ったらダーリンが左手の親指を骨折したのでさらに延期になってしまいそうでしたが、1人ででも進めたいエネルギーが湧いてきたので今週末は頑張って次のステップへ。

まずは土曜日。朝から材木屋さんへ行きFace Frameにする材料を調達。
ペンキを塗ってしまうのでPoplar(ポプラ)で作ります。PoplarとPineはペンキに適している材木ということですが、他の木に比べるとはるかに安いのでペンキに適してなくても使ってるかも。笑
ちょっぴり話しは飛びますが、姉に木精占いというものを教えてもらいました。誕生日から自分の木(木精)を見つけるのですが、私はなんの木なんだろうとワクワクしていたらポプラ。えーっ、ペンキに塗られちゃう安物の木ぃー?がっかり。
自分の木の家具などを家に置いておくといいらしいんですが、ポプラなんてそこら中に置いてあるよって話しです。苦笑
SQ Lifeというサイトの木精うらないから自分の木精と性格や運命が読めますが、すごくよく当たっていましたよ。

本題に戻り・・・。
土曜日はFace Frameをカット。日本語名が分からないのですが、要するに家具の本体(箱部分)の表側で顔(Face)役をしてくれるフレーム(Frame)です。以前使ったFace Frameを付ける前の写真(↓)と見比べれば、Face Frameがなにかお分かりいただけるでしょう。

Wardrobe Project in Pinkroom

Face Frame作り、サクサクッと数時間で作り終わると思ったのに、木工所にいるイタリア人の木工おじさんが私の周りをウロウロして、あーでもないこーでもないとキツイ訛りの英語でおせっかいを焼いてくるので終りませんでした。涙
スケジュール通りにいかなくて気分はドンヨリだったけど、土曜日の夜は友人宅でパーティーだったので早めに切り上げました。女子オンリーパーティーは朝の3時まで続いたので(楽しかった〜♪)、日曜日は3〜4時間の睡眠でまた木工所。前日終らなかった分を切り、イタリア人木工おじさんのおせっかいが始まる前に急いで去りました。笑

最近オッチョコチョイが目立つので、念のため長めに切っておいたFace Frameを、帰宅後にピンクルームのワードローブに合わせながら最終的なサイズ調整。
本体への付け方は色々あると思いますが、どうせペンキを塗ってしまうので真正面からネジで止めました。ネジの頭は表面より引っ込んでしまうぐらい深く留めると、Joint Compoundでツルッツルにカバーできます。

Wardrobe in Progress

ワードローブ中段の片側はお布団の収納になるので、お布団を三つ折り収納できる奥行きにしました。本体(Face Frameぬき)の奥行きは24インチ(約61センチ)。嫁入り道具で両親が買ってくれたお客さん用のお布団を試し入れしてみた(↓)。ってなんだか最近嫁入りしたみたいな響きだなー。笑
お布団がぴったり収まって気持ち良い♪

Wardrobe in Progress

ワードローブ手前にはベースモールディングを付けます。写真(↓)はベースモールディングの切れっ端を置いてみたところ。ワードローブの底部より少しだけ低くなるようにしました。
Face Frameをくっつけてワードローブの奥行きが埋まったところで、ウッドフロアの最後の約2列分をやっと敷けることになったのですが、最後の1列はカットせずに済みました。木の伸縮に必要なスペースを残さないといけないのですが、もちろんモールディングの厚み以下でないとそのスペースが隠れないので、細くカットする羽目になることがほとんどなので今回はラッキーでした。

Wardrobe in Progress

1人でもプロジェクト進めるぞとか張り切ってたくせに、結局Face Frameの取り付けも骨折中のダーリンに手伝ってもらってしまいました。

次のステップ → ネジの穴や隙間などをJoint Compoundで埋め、ヤスってキレイにします。そしたらやっとプライマーとペンキ塗り。

ブログランキングに参加しています。
ワードローブ作り、頑張るからポチッとクリックよろしくね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...