ハートの小さなディスプレイ棚

ピンクルーム用に、ハートのディスプレイ棚を作りました。

smallheartdisplayshelf_1
バレンタインデーが近づいてるのでパーフェクトタイミングですが、作ったのは11月とかだったので、バレンタインデーは全く意識してませんでした。

材料は、通っているWoodshop (木工教室)にある端材で作ったので、何の木かも分かりませんが、タダ。
作り方はこんな感じ↓(製作時間は約1時間)

  1. まずはハート型の半分をテンプレートとして描く。
  2. 木をハート型に切ってしまう前に、棚用の木を差し込む溝をテーブルソーでカットしておく。
  3. 溝ができた木に、ハートのテンプレートをえんぴつなどで移す。同じテンプレートを反対にひっくり返せば対照的なハートに。バンドソーでハートをカット。
  4. 溝に棚用の木を差し込み、ノリ付けしたら出来上がり!

ペイントは手持ちのアクリル絵の具で済ませちゃいました。

smallheartdisplayshelf_2

実はこのディスプレイ棚、もともとはフックに吊るす予定で、ひっかける金具を取り付けたのですが、それをなんと棚の表側に付けてしまってたんです。しかも終わった後、しばらく気が付かないというバカさ加減。。
失敗を発見した途端にやる気が失せ、しばらく放置してました。
今朝なぜか取り付ける気分にはなったものの、フック事件からまだ立ち直ってないので、ハートのど真ん中を釘でガツンと壁に打ち込み、釘の頭が見えないようにまたアクリル絵の具で塗って終了。初めからこうしておけば良かった。

上の写真をアップしてて気が付いたのですが、ピンクルームの壁がピンクじゃない!
ホワイトバランスとかいうのが間違ってるんですかねー?今年はもうちょっとカメラを理解したいです。
この部屋、本当はピンクなんですよ。

ベッドルームにライトがついた

我が家のベッドルーム4部屋とも、なんと天井にライトがありませんでした。
過去14年間、数えてみたら10軒もの賃貸で生活してきましたが、ベッドルームに天井のライトがないのは初めて。

アメリカはリビングルームに電気がないことが多いので、フリースタンドのランプや小さめのランプをサイドテーブルの上に乗せて使ったりしますけど、ベッドルームにはやっぱり天井にライトが欲しい。

ということで、ベッドルームにライトつけましたよ♪
まずはピンクが大好きな我が家の末っ子の部屋。
選んだランプはIKEAのKRISTALLER

IKEA KRISTALLER

IKEA KRISTALLER

電気の配線工事に間に合わせるため、「とりあえず」と思い急いで買った小ぶりシャンデリアですが、小さな部屋にほど良いサイズで気に入りました。
「とりあえず」は撤回。「なが〜いこと」使ってもらいましょう。

次は息子の部屋。
こちらもIKEAで購入。BAROMETERです。

IKEA BAROMETER

どこかのショールームの照明みたい。
この部屋には壁に貼る予定の物が決まっているので、それを照らすのにちょうどいいランプかなと思ってます。(壁のデコレーションプロジェクトはまた近々アップします。)

最後は長女の部屋。ペンキの色を選ぶ際に、最近はブルーがお気に入りなことを知りました。
こちらのランプは、etsyOld Punched Metal Farm House Hanging Lampを購入。メタル製の傘にハート型がたくさんパンチされている、ビンテージランプ。
画像(↓)は購入先のCaptainCat(etsy)から拝借。
電気工事が終わりランプも設置されたのですが、この部屋は天井や壁の修理が必要な状態で、現時点では恥ずかしくてお見せできないのです。

FARMHOUSE LAMP

FARMHOUSE LAMP

昼の顔も夜の顔も、いつ見てもかわいいランプでしょ♪
一点ものというところも気に入ってます。
でも天井にハート形が映し出されると、目がチカチカして勉強に集中できないかな。実際にはデスクのランプが十分明るいので、問題ない(はずな)のですが。
ま、とにかくカワイイので気に入ってます。

Master Bedroom (私たち夫婦のベッドルーム)のランプは、電気工事に間に合いませんでした。どうせ間に合わなかったので、たっぷり時間かけて探します。

余談ですが、なぜかIKEAへ行くと白人の女性が北欧人に見えてきます。特に金髪の女性。アメリカなのでアメリカ人の可能性が高いはずですが、髪型やファッションが「ちょっとユニークでいいんじゃないのぉ?」なんて思ったりして。北欧の都会に住む女性に見えてきます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...