カスタムマットで水彩画完成

自分で描いた末っ子の水彩画と手作りピクチャーフレーム、完成しました。

Watercolor Portrait

さんざん悩んだマットの色ですが、どうも単色だと落ち着かない気がしたので、2色選んでレイヤー化しました。

Watercolor Portrait

今回初めて利用したのはpictureframes.com前回の途中経過の記事でマットの無料サンプルを送ってくれた会社です。

絵とフレームは自分の手作り、ガラスとマットはカスタムオーダー。なんだか面倒で長い道のりでしたが、こうして絵をはめてみると・・・うれしい♪
中古マイホームはプロジェクト続きで散らかっているので、そこへ画材を広げる気になれなくて描いてませんが、ちょっぴり描きたい気分になってきました。

ガラスは近所のDiscount Glass & Mirror Inc.というガラス屋さんで注文。名前にディスカウントと付くとサービスもディスカウントで雑かと思いきや、とても対応が良く、カットも素早くてスムーズなガラス屋さんでした。これからはここにお世話になりましょう。

Chandelier

去年の暮れに取り付けてから、1度も拭いていないシャンデリア。
普通だったら年に1回拭くぐらいで十分だと思うのですが、ホコリのたつプロジェクトが何回かあったので、今日やっと気合いを入れてテーブルの上によじ登って拭きました。
ガラスの少ないシャンデリアにして正解。これだけでもけっこう面倒。
終って下から見てみると・・・何も変化なし。
天井が高いのでシャンデリアも遠くて、汚れなんて目に付かないのかも。
自己満足なお掃除でした。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

ペーパークラフトで気球モービル

Paper Matrixという、オシャレなペーパークラフトのパターンがダウンロードできるサイトを見つけました。

その中から今回作ってみたのはBalloon(気球)。

Paper crafted balloon mobile

ひん曲がってるけどカワイイでしょ。
1コ目はマイブームのピンクXグリーンのカラーコンビで。

Paper crafted balloon mobile

想像を超える難しさでした。紙なので編みながらスルスルと抜けてしまうし、無理にひっぱると切れてしまいます。
1コ目で手こずったので2コ目はあきらめようかと思ったのですが、せめて2コないと見栄えがしないので頑張りました。肩コッター。

Paper crafted balloon mobile

実はこのペーパークラフト、夏休み中の子供達とワイワイ一緒に楽しみながら作る予定だったのですが、13歳の長女でも無理そうなので企画倒れ。楽しむどころか、私ひとりで紙と格闘。真顔で挑んでしまいました。

アラジンの世界を思い出させるJar BoxOnion Dome Boxもカワイイです。バルーン(気球)も進化して色々なスタイルがありますよ。器用なお子さんと夏休みにどうぞ♪

余談:
先週、サンディエゴの空に「CONGRATS」(おめでとう!)のメッセージ。
写真を撮ったので、紙飛行機を付けてGIFアニメーションを作ってみました(↓)。

実際に飛行機で空に書かれたメッセージは、グルグル飛んで書いているうちに始めに書いた文字が消えていってしまいます。このメッセージの受け取り人、ちゃんとカメラ持ってたかな〜とか、余計な心配をしてしまいました。だってこんな高価なメッセージ、記録に残したいですよねぇ。
それにしてもどういった意味の「おめでとう」メッセージだったんだろう。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

セメントタイルのサンプル

ファイヤープレイス前のタイル探し、なんとまだ続いています。
2月のブログ記事「ファイヤープレイス前のタイル探し中」に書いた通り、セメントタイルに絞って探しています。なぜってあの完璧じゃない色の付き方といい、褪せた感じといい、暖かみといい、とにかくセメントタイルにしたいのです。

デザインは、できればシンプルなもの希望。色は赤やピンク、オレンジなどの暖色をちょっとでもいいから含むもの。・・・なんてことのない要求に思われますが、これがなかなかないです。
数ヶ月の間、探したり諦めたりあまり気にもしなかったりしながら過ぎてしまいましたが、先月「いいかも!」と思えるデザインがやっと見つかったので、いよいよサンプルをオーダーしました。

Tile Samples
(前回の記事フィニッシングあれこれのアフター写真の色があまりにもズレていたので、タイルをニッチに置いて写真撮影し直し。実際のフィニッシング後の色はこんな感じになってます。)

両方ステキでしょう?
このサンプルを見てるだけでけっこう幸せ♪
でも満足してる場合じゃなくて、先に進めないと。

Tile Sample

ユニーク且つシンプルなデザインで優しめの色。
フォトショップで実際に必要な分だけ並べてみるとこんな感じ(↓)。

Tile Sample

4枚でお花の形になるこちらのタイルは、シンプルだけどストライキング(↓)。

Tile Sample

フォトショップで並べるとこんな感じ(↓)。

Tile Sample

実は2枚目のタイルが本命で、ついでに他のサンプルもと思いオーダーしてみたのだけど、それぞれ違う表情があって気に入りました。
もう1つ気になるのがありサンプルオーダーしましたが、そちらは在庫がないらしく待ちの状態です。3枚目が届くのが楽しみ♪

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

フィニッシング(仕上げ)あれこれ

以前作ったオットマンの足のフィニッシュ(仕上げ)をしました。

Finishing on Ottoman Chair Legs

色もピカピカ具合も、予定通りミッドセンチュリーのスタイルに♪

フィニッシュする前はこんな感じ(↓)でした。

Handmade Ottoman

せっかくいい足を買ったのでステインなどはせず、オイルを塗って自然なリッチ感を出しました。その後シーラーをしてウレタンでフィニッシュ。
今回使ったのはHigh Performance。シーン(光沢度)はサテンを使っていますが、4〜5度塗りでセミグロスに近い輝きが出ます。

Finishing on Ottoman Chair Legs

私はあまりピッカピカよりサテンぐらいが好きです。でも今回のように光沢度アップしたいときは、新たに違うシーンのものを買うのではなく、サテンを重ね塗りしてグロスに近づけます。

そしてこちらも以前作った廊下のニッチ。下の写真はフィニッシュ前。

Recessed Shelf by Me

ちょっぴりグレーがかった無垢の色がとても好きだったのですが、そのままでは水分や衝撃などに弱いです。お花を飾っているうちにお水がこぼれたらしく、跡が残っていたのでヤスり直してからシーラー。そして最後はオットマンと同じくHigh Performanceを塗りました。こちらはなるべく輝かせたくなかったので2度塗り。

Finishing on Recessed Shelf
(末っ子が父の日にプレゼントしたアートを展示中。)

夕焼けでオレンジ色になってしまったので、ビフォア&アフター写真を並べても比べれないですね。スミマセン。でも木の上部を見ると両サイドの壁が反射しているので、フィニッシュ後だということが分かると思います。

7月16日、写真を撮り直して追加しました(↓)。

Tile Samples

最近は「手作り」「ハンドメイド」「木工」などの用語以外に、「Minwax」「オイル」「仕上げ」「塗り方」「やすり」などフィニッシング用語の検索でこのブログを訪れてくれる方が増えたので、今日はフィニッシングのみの記事にしてみました。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

本「MARRAKESH BY DESIGN」(マラケシュ・バイ・デザイン)

先日、「Marrakesh by Design」という本を買いました。
(日本のアマゾンのMarrakesh by Designはこちらのリンク

Book: Marrakesh by Design

ブログ「My Marrakesh」のMaryam Montagueさんが今年出版したモロッカンデザインの本です。
モロッコの堂々とした色使い、柄使い、テキスチャーのレイヤー使いが楽しい!
モロッコ旅行貯金を始めたくなるほどステキな本で(笑)、夢中で読んだり眺めたりしています。

Book: Marrakesh by Design

Book: Marrakesh by Design

人権スペシャリストというお仕事柄、Maryamさんはあちこちの国を訪れることがあるそうなのですが、モロッコへの訪問で虜になってしまい家族でお引っ越し。建築家のご主人とマラケシュの外れにPeacock Pavilionというブティックホテルを建て経営されていて、インテリアやデコレーションはMaryamさんが担当しているということです。
よだれもののホテルのギャラリーはこちらから。

インテリアをメインにしたデザイン本ですが、モロッコの歴史、文化、言語など、Maryamさんがただのモロッカンインテリア好きに留まらず、深く勉強されているのがよく分かります。

Book: Marrakesh by Design

子供部屋(↓)、カラフルでカワイイ♪

Book: Marrakesh by Design

こんなに幼い子の部屋がタイルフロアーというのはちょっぴり怖いですが、色も柄も堂々と好きなだけ取り入れて上手にまとまっているのがスゴいです。

モロッカンスタイルを取り入れるショッピングの仕方なども載っていて、ラグやカーペットに使われる柄やモチーフの意味、用語の説明も嬉しい。

Book: Marrakesh by Design

最終章ではモロッカンホームグッズの調達先をもったいぶらずにリスト化してくれています。

そして所々に現れるHow To(ハウツー)ページでは、材料と説明付きでモロッカンプロジェクトを提案してくれています。モロッカンデザインのステンシルやモロッカンミントティーの入れ方も試してみたいですが、木工好きとしてはモロッカンスタイルの窓を使ったコーヒーテーブルのアイデアが特に気に入りました(↓)。作りたい!

Book: Marrakesh by Design

実は先日のミニソファの布張りに選んだ布もモロッカンスタイルからインスピレーションを受けています。パターンはもとより、色も控えめでなく発色のいい堂々としたものをと思い選びました。
一番上の本の表紙写真は、そこら辺の絡みをアピールするためにソファの上で撮ったのでした。笑

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...