ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト2週目

この週末は1日だけWoodshop(木工所)へ行き、ワードローブプロジェクトを進めてきました。Daylight Saving(俗にいう夏時間)が始まった日なので、睡眠時間1時間のロスで毎春なんとなくボーッとする1日ですが、早いところ収納スペースを確保したいので頑張ってきました。

これが前週の状態↓。

Wardrobe Project in Pinkroom

(なんだか写真の色が本物と微妙に違いますが、)これが今の状態↓。

Wardrobe Project

少しズレが出たので、念の為にと思って作っておいたシム(かなり薄めの)を3コ使う羽目になりました。
下段の本体3箱を、他の場所や廊下に並べてみるとピッタリまっすぐ。でもこのクローゼットスペースに入れるとズレが生じます。ということはコンクリートが平らじゃないのかー。
私が利用するWoodshopにいる元キャビネットメーカーのおじさんが、「少なくとも下段だけは箱をくっつけてしまった方がシム入れも簡単だしピシっと決まるよ。」という経験談を教えてくれたので、下段の本体3箱の側面をくっつけてしまおうかと思います。
でもうちにはクランプがない!
上段に乗せる予定のの本体2箱も加工済みなのにクランプがないので、いちいちWoodshopへ行かないと組み立てれない状態。
木工道具は、買っても大して使わないんじゃもったいないのでまだあまり増やしたくないのですが、クランプやドリル、あとジグソーあたりはそろそろ買わないと不便になってきました。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

ビンテージ・リンカーン大統領のコロンボトルな置物

今年中学生になる息子が、リンカーン大統領のファンです。
オバマ大統領の話しをしていても、ワシントン大統領の話しをしていても、もしくはラッシュモア山の話しをしていても、
「どの大統領の話し?エイブラハム・リンカーンはね・・・」
とウンチクスイッチがオンになり語り出す息子。
小学校低学年の歴史の授業でリンカーン大統領のことを学んで以来すっかり虜になったらしく、ここ数年、私たちはリンカーン大統領ストーリーを幾度となく聞かされています。しかも学校の授業や図書館の本で新たなリンカーン情報をゲットすると、ウンチクが長くなるんです。熱心に語る姿は可愛いのですが、ちょっぴりウザイこともあるかな。笑

ただリンカーン大統領でもワシントン大統領でも、得意に語れることはおおいに応援したいのでリンカーングッズを探していたら、こんな物に出会いました。

Lincoln

1970年代にAVONから発売されていたリンカーン大統領型コロンボトルを、ピンクに塗りまくって置物に変身させたもの。またまたetsyでの買い物です。
こういうアイテムを英語ではUpcycle(アップサイクル)されたものと言います。

ファイアープレイスのタイル探し中記事を書いて以来ファイヤープレイスのプロジェクトは全く進んでいませんが、このリンカーンはいずれマントルの上に飾ろうかなと思っています。
玄関を入ると、ファイヤープレイスはすぐ目につく位置にあるので、これでお客さんが来るたびに「リンカーン!」となり、息子にリンカーンを語れる機会が増える狙いです。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

イギリスのハンドメイド雑誌「Mollie Makes」

このブログの右側サイドバー「♡ハッピーになれるビデオ」欄にもある(3月現在)、「Mollie Makes: For people who love the crafty life」のビデオ(↓)。

去年tumblrで見つけて以来、あまりの可愛いさにハマってしまい繰り返し見たビデオなのですが、しばらくしてからイギリスのハンドメイド雑誌「Mollie Makes」の宣伝用ビデオだということに気が付きました。(最後に雑誌と供に “On Sale Now Subscribe Today” と出るのに、目に入っていませんでした。恥)
この雑誌、ヨーロッパの人たちのブログにちょくちょく現れたり、etsyのブログで紹介されたりして気になっていたのです。
そうと分かったら早速オーダー!
注文して5日後に発送されたようなのですが、それからカリフォルニアまで2週間もかかり・・・。楽しみにし過ぎたのか、メールボックスを見に行った時のガッカリ感が毎日激しく、やっと届いた日には嬉しいやら疲れたやら。笑

私が買ったのは、フェルトクラフトが特集されていたバックナンバーのIssue 4と注文の時点で最新版だったIssue 10。
毎号表紙は「手」の写真と決まっているようです。

Mollie Makes Issue 4 and 10

まずはIssue 4。フェルトで作るネックレスキットの付録付きでした♪

表紙のフェルトスイーツの作り方はもちろん、手芸アイデアや物作り好きさんストーリー、インテリア写真、商品情報などが盛りだくさん。

Mollie Makes Issue 4

この号は偶然にも、デザイナーのCatherine Hammertonさんが載っていました。
去年大学でインテリアのクラスを取った時にネットで彼女のインテリア&仕事スペースの写真を見つけたのですが、白ベースにカラフルなアイテムが散らばる空間が気に入って、インテリアの分析プロジェクトにリフェレンス画像として使ったほどだったのです。

Catherine Hammerton @ Elle-Decoration-April-2010-2
(Catherine HammertonさんのウェブサイトのPressから、彼女のMollie Makesページが見れます。)

毎号最後のページはクリエイティブ系のお仕事をしている人たちのスタジオを取りあげる My Spaceセクションになっているようです。人のデスク周りや作業場って気になるので、こういうページ大好き!
Issue 4の My Spaceはファブリック・デザイナーのAnna Maria Hornerさんのスタジオでした。ちょうど数週間前にキーストラップを縫うとき、トリム探しで彼女の存在をしったのでした。またまた偶然。

Mollie Makes Issue 4

そしてIssue 10。編み物やクリエイティブカップルのビジネスストーリーがメイン。
下の写真はホームツアーからのページ。左のデンマークチックな家具が欲しい。

Mollie Makes Issue 10

可愛いタトュー風刺繍(↓)。もちろんテンプレートと刺し方も載っています。

Mollie Make Issue 10

結論 → Mollie Makesおススメです!
作り方、アイデア、クリエイティブな人たちのストーリー、インテリア、商品&お店情報が程良いバランスで載っていて楽しい雑誌です。自称Pickyな(好みがうるさい)私でもハナマルをあげたいバランス。強いて言うなら「あっと言う間に読み終わっちゃうから、もうちょっと厚くして。」なんて思いますが、広告ばかりで厚くなっている雑誌は勘弁だし、年12回でなく13回発行しているのでちょうどいいのかも。
ハンドメイド派でない人も、眺めているだけで楽しいアイキャンディー雑誌だと思います。
私は購読決定!次号が届くのが楽しみです。
お気に入りのAnthologyですらまだ購読してないのに・・・。

私は手に取って読みたい派なので購読しましたが、デジタル版も出てますよ。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

ピンクルームのビルトイン・ワードローブプロジェクト開始

ピンクルーム(末っ子の部屋)のクローゼットスペースに、ワードローブを作るプロジェクトを開始しました。

我が家のベッドルームのクローゼットは、金縁に全面鏡の天井まで届く背の高いドアでした。鏡は小さな部屋を大きく見せる効果があるとは言え、こんなに大きいと逆に圧迫感があるし、風水の本に「寝室に大きな鏡があると、睡眠中に鏡の中のもう1人の自分に半分エネルギーを吸い取られてしまうから、日中の元気がなくなる。」と書いてありました。(うらないは苦手ですが、風水はちょっと好き。)
まぁ理由はなんであれ、ようするに鏡ドアは気に入らなかったわけです。
入居数週間でベッドルームのクローゼットドアを全て撤去。想像以上に重かったー。

初めは単純にドアを買い変えるだけのつもりだったのですが、一般的なクローゼットって上の方にハンガーをかけるポールがあって、さらにその上に棚が1つあるぐらいで気が利いてないんです。
この家は収納が少なめなので、クローゼットスペースは有効活用せねばと思ったのが事の始まり。Built-in(ビルトイン=作りつけ)ワードローブを作ることにして、ポールも棚も取っ払ってしまいました。

まずはクローゼットのスペースを測り、デザインを考えます。
約半分は末っ子の収納スペースで、もう半分はお客さん用のお布団セットやその他寝具類が収まるようにしたい。

下の写真は以前のブログ記事ピンクルームのベースモールディングに使ったもので、これがピンクルームの窓側の壁です(↓)。

Pink Room Molding

クルッと半回転するとこんな状態なんです(↓)。汗

Wardrobe Project in Pinkroom

週末2日かけて組み立てた分の本体です。

下段:最終的に箱状の本体が3コ並びます。それぞれに引き出しが2つ入る予定なので全部で引き出し6コ。
中段:大きな本体が2箱。右側に入る本体も加工済みなのですが、うちのSUVには1箱しか入らないので、両方組み立てて持って帰ってくるのが不可能なのです。
それぞれ左右に開くガラスのドアを付ける予定。パネルドアにすると圧迫感あるので、ガラスにして開放感を与えるのが狙いです。
上段:この段はまだ材料すら買っていないですが、2段目と同じ幅の本体が2箱。このドアはガラスにするかパネルにするか悩み中。

材料はPlywoodの予定だったのですが、歪みが少なくて質のいいPlywoodは結構高いんですよね。結局MDF材にしました。1シートで$5ぐらい高い Ultra Lightweight(超軽量)MDFシートを買ったのですが、それでも憎たらしいぐらい重たいのがMDF材の難。でも私がよく利用する木材屋さんは4X8フィート(120X240センチ)のシートを2回まで無料カットしてくれるので、車までの持ち運びが女性でもクリアできます。

壁とのギャップ(スペース)も今のところ計算通り(↓)で So far so good。

Wardrobe Project Pinkroom
(狭い部屋なので、ベッドのヘッドボードにくっついても足が写っちゃうんです。)

まず本体の箱作りを終わらせなくてはいけませんが、次のステップはFace frame(日本語名分かりません。)箱の表側にくっつく枠のようなもので、見た目を良くし、尚かつ本体を強化してくれる部分です。これが付いたら本体完成なのでペンキ塗り。末っ子の希望はもちろんピンク。壁が薄めのピンクなので、それよりちょっと濃いめのピンクにしてコントラストをつけようと思います。
この時点で行き場のないお布団類などの荷物をワードローブへ移動できるので、まずはさっさとそこに辿り着きたい。

木工所が週末しか開いていないので、このワードローブを完成させるだけで何ヶ月もかかりそうですが、さらにその後グリーンルーム(長男の部屋)、ブルールーム(長女の部屋)、マスターベッドルームのワードローブも超有効活用型ワードローブにするのが夢です。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

セラミックマカロンのプレゼントに当選

かれこれ1年ほど隠れ読者をしていたニューヨーク*ユニオンスクエアの窯 2 ☆器と料理♪ Handmade in New Yorkブログ。陶芸作家のHidemiさんが作り出す繊細でゴージャスな作品が楽しみで、ちょくちょく覗いています。
2月頭にバレンタイン&ひな祭りプレゼント企画をされたので思い切って応募してみたら・・・ なんと当選してセラミックマカロンをいただきました。

私が希望したカラーはひなまつりマカロン♡
ひな祭り前日(日本時間では当日!)に届きました。
箱を開けたらポワ〜ンといい香り。フレグランスオイルをふりかけて送っていただきました。

Ceramic Macarons

なんと5つも!

インテリアアイテムとして楽しんだり。
クローゼットや引き出しにしのばせたり。
箸置きにしたり。(5つあるので家族5人揃って使えます。嬉)
ブログにHidemiさんのアイデアがたくさん紹介されているのですが、一番やってみたかったのはひな祭り色の日曜日で紹介されていた花瓶のお水にセラミックマカロンをいれてお花を生けるアイデア。

Pink Roses in Ceramic Macarons filled glass

午後5時近く。
夕焼けだけは自慢な我が家に(笑)キラキラ光りが差し込んで、マカロンもお花も眩しいほどキレイ。このアイデア、想像以上に気に入ってしまいました。

「末っ子ちゃんがマカロンをお口にいれないよう、くれぐれもお気をつけくださいませ。」と言われてるのですが、私の口に入れてしまいそうなほどキュートなマカロン。
大切にします♪

Happy Girl’s Day Weekend!

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...