Pottery Barn風コルクボード

姉の家へはコンソールテーブルの他にコルクボードもデリバリーしました。

1月は姪の誕生日だったのですが、何が欲しいか聞いたらコルクボードと。いつもはファッション系の物が多いのでメズラシ〜。どこで買えるかなと検索したら、真っ先に目に付いたのがPB Teen(Pottery Barn のティーン専門ショップ)でした。見つけたのはこちら(↓)。

Classic Frame Corkboard
お値段269ドル。探してたときはセール中で209ドルとかだったんですけどね、それにしても高すぎじゃないですか。そんな経緯があって、コルクさえ見つかれば作ってプレゼントするよということになったのです。
でもネットで見つけたコルクはいいレビューのものがありませんでした。しょうがなくHome Depot へ見に行ったのですが、コルクのプツプツが大きいし、画鋲を刺したら穴がしっかり残ってしまうようなスカスカしたものしかなく、、、。そしたらなんといつもの材木屋さんで売ってました。どんなコルクがいいとか悪いとか分からないのだけど、材木屋さんのはプツプツが細かくていい感じ。裏側に1/4インチのMDF材を糊付けして頑丈にしました。

サイズは姪指定の20x30インチ。50x76センチぐらいです。
フレームはPB Teen っぽく、モールディングをデコレーションで付けました。色も姪指定でホワイト。

写真は私のデスクで撮ったもので縦に置いてますが、姪は横長で壁に引っ掛けるそうなので、裏のフックはその様に付けておきました。
コルクボードのオバマさんの写真は、オバマさんが大統領だったときのフォトグラファー、Pete Souza さんの本「Obama: An Intimate Portrait」を買った人で希望者にプレゼントしてくれた写真です。無料でプレゼントしてくれる上に送料も払ってくれるなんて太っ腹だわ。

さて姪はどんなものをこのコルクボードにピンするのかな。大学のスケジュールとか、ファッション雑誌の切り抜きとか、ボーイフレンドの写真とかじゃないかと勝手に想像してます。

コンソールテーブル完成&配達

姉ファミリーから注文のコンソールテーブルが完成しました。コンソールテーブル製作中の記事はこちらから。

そして配達してきました〜。
久しぶりにラブラドールのリオに会ったら、すっかり大人になって落ち着いてました。もう3歳。モデル頼んだら、あっさり写真に入ってくれました。実はこの子、姉ファミリーのところにやってくる前(生まれてすぐ)は本当にモデルだったんですよ〜。ハリウッドモデル。そのせいかどうかは分からないけど、「はい、そこ座って♪」だけで、あっさりポーズとってくれました。プロです。

テーブルトップは浮いているように見える「フローティングトップ」。テーブルトップの下とエプロンの上の間に丸みを付け、間の暗闇に気を引くデザインにしました。自分では「私らしくない」と思うモダンなデザインなのですが、シンプル&ディテールのコンビに惹かれるので、これはこれで好きです。

テーブル上の器(オリーブ)は写真用に持って行ったもので、姉にあげてません。笑
壁の手ぬぐいアートは数年前にプレゼントしたもので、フレームはそれ用に作ってと頼まれて作ったもの。それがメープル材だったので、今回のコンソールテーブルもメープルで合わせてねというリクエストだったのです。

このテーブルはお雛様を飾る台の役目も果たすサイズになっています。
そんなこともあって今週末にはどうしても届けたかったので、間に合ってホッとしました。

ブリックパティオプロジェクト 〜ブリックを並べる日々〜

ブリックパティオを作るプロジェクトの続きです。
砂利と砂を敷いた後は、ブリック(レンガ)を並べています。プロジェクトの最終段階です。

上の写真はブリックを並べ出して4日目の終わり。ブリックは2〜3日で並べ終わるだろうと高を括っていたのですが、意外と時間がかかっています。と言っても1日の作業時間は平均2〜3時間ぐらいですが。
写真でダーリンと末っ子が足でブリックをツンツンしていますが、横着をしているわけではなく、出っ張っているブリックを踏んづけて押し込んでいるところです。
ブリックはHome Depot で普通の赤いのと、白や黒いペンキで古めかしくされたのを4:1の割合いで買いました。1種類に絞るとツマラナイ気がしたので混ぜたのですが、今の状態では色の差が激しいですね。時間と共に色褪せて馴染んでくるはずですが、どのくらいかかるかな。

順不同しますが、上の写真は3日目の終わり。ブリックはヘリングボーンというパターンで並べています。Pinterest でタイルやブリックのパターン(柄)のイラストを見つけました(↓)。

いろんなパターンがあるなー。
同じヘリングボーンでも90度と45度がありますが、これは立ち位置を変えればヘリングボーンには変わりありません。ただ庭のゲートから入るときにヘリングボーンだと一目瞭然で分かるよう、ゲートを軸に45度を選びました。45度にすると三角に切らなくちゃいけないブリックが増える結果になると思いますが、しょうがないです。

上は配達に1ヶ月近くかかると書いてあったビストロセット。届く頃にはパティオが出来上がってるだろうと思って注文したら、5日間ぐらいで配達されてびっくり。裏のコンクリートパティオで待機中です。早くブリックパティオの上に置きた〜い。

余談。
昨日からサンディエゴは30℃台に突入。明日にはまたちょっと下がるそうですが、それでも20℃台後半。突然冬が終わった感じだけど、また寒くなるのかも?

写真は先週の高校サッカーの試合の日。オレンジに染まった雲が綺麗な夕焼けでした。

コンソールテーブル製作中

姉家族からの注文で、シンプルなコンソールテーブルを作っています。

日本ではあまり馴染みのない「コンソールテーブル」ですが、ソファの後ろや壁などに寄せてデコレーションをするテーブルです。エントランスのスペースに置かれることが多いので、もしかしたら日本でいう「下駄箱の上」みたいな感覚があるんじゃないかな。飾り付けをするためのテーブルと考えると大した機能はないように感じますが、玄関入ってすぐに鍵などを置けるし、日本でも下駄箱上に草花や置き物で素敵にスタイリングしてフォーカルポイントを作る方もいますよね。

上はBria Hammelさんというインテリアデザイナーのブログより。

姉がコンソールテーブルを置きたいスペースもエントランスらしいのですが、市販のコンソールテーブルで条件が合うサイズのものがどこを探してもなかったらしいです。それもそのはず、幅は40インチ(102センチ)以内という指定で、一般のコンソールテーブルよりはるかに狭め。
木材も姉からの指定で、メープル。形は「シンプル」というリクエスト。シンプルな中にも、私のアイデアで小さなディテールを入れました。出来上がったらアップします。

家具やキャビネット作りの木材は、The Hardwood & Hardwareという材木屋さんで購入します。略してTH&H(ティー、エイチ、アンド、ティー)と呼ぶのですが、軍の木工所で木工をしていたころに、ボスのケンさんがHT&T(エイチ、ティー、アンド、ティー)って呼び間違えるので、私が毎回直してた。なつかし〜。

スティック状の黒檀。炭と間違えてバーベキューに使っちゃいそう。

背の高〜い木製キリンさん。

フェスツールのセクションが設けられています。全部欲しい。

置いておく場所がないのに、ついつい必要のない木材まで買いたくなります(買っちゃう時もあります)。

ブリックパティオプロジェクト 〜砂利と砂〜

このプロジェクトのタイトルを「ガーデンプロジェクト」から「ブリックパティオプロジェクト」に変えました。ブリックとはレンガのことです。
今はまだガーデニングの段階ではなくて、ブリックでパティオを作っている段階なので「ガーデンプロジェクト」と呼ぶのはおかしい、と今さら気がつきました。
このプロジェクトの過去記事も、数年後に自分で検索するときに混乱しないようタイトル変更しています。下のリンクからどうぞ。

1:ブリックパティオプロジェクト開始
2:ブリックパティオプロジェクト 〜掘る日々〜

さてさて〜、地面を10日間掘り続けたダーリン、お疲れ様。やっと掘り作業にサヨナラして、砂利を敷きました。

うちの地面はほんっとに石っころだらけで、地面というより石面を掘ったという感じでした。下の写真で分かると思いますが、ごりっごり。「二度とこの地面を見たくない。」とダーリン。

砂利を敷く作業は私と息子で、ダーリンがお出かけしていた間にがんばりました。ダーリン帰宅後、地面が砂利で隠れてたので大喜び。

そして今日はホームデポからタンパー(締固め機?)をレンタルしてきました。

タンパーを使ったところでどれだけの効果があるのかと半信半疑だったのですが、これを使って2〜3回締め固めた砂利は、歩いても靴の跡がほとんど残らないぐらいギュッと固まるんですね。感激。

砂利の次は砂!
配達された材料はすべて家の前なので、そこから砂利や砂を一輪車に積み、庭へ運ぶという繰り返し。重労働です。

砂もタンパーで歩いて締めると驚くほど固まります。

高すぎるところや低すぎるところを私が熊手で修正し、そこをまたダーリンがタンパーで歩きます。

写真だとコンクリートをうったかのようにちょっぴり見えませんか?サラサラな砂がここまでギュッと固まるとは。
本日の作業はここまで。
いよいよブリック(レンガ)を敷く作業に入りますが、他にやることがあるので、ブリックパティオプロジェクトは数日お休み予定です。

ちょっと話しがそれるのですが、昨日砂利を敷いた後に撮った写真を見て、背景に写っている枯れ木(ユーカリ)が目障りだなぁと思ったのです(↓)。ハロウィーンのシーズンならいいけど。

切ればどれだけスッキリするかをダーリンに見せるために、フォトショップで問題の木をざっくり消してみました(↓)。

いい感じ〜。早速ダーリンに見せたら、ジーーーーっと見てました(笑)。普通に「切って!」と言ってもすぐに動いてくれないのですが、フォトショップした写真を見せたことで、この枯れ木はサクッと切ってくれる予感がしてます。むふふ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...