レッドマリーの木 〜ナンタケットバスケットのウッドベースに〜

「ゴージャス〜♪」と思ってだいぶ前に買っておいたレッドマリー(Red Mallee)の小さなバール杢。レッドマリーの日本語名はなんだろう?ネットで調べたらユーカリ科のようです。

日本でナンタケットバスケットを編んでいる方から、変わった木でウッドベースをというご注文をいただいたので、レッドマリーの出番です。もちろん自分にもウッドベースを1枚確保します。

バンドソーでスライスしてドラムサンダーにかけたら、なんとも贅沢なバール杢が現れました。バンドソーで切った感覚は、過去に扱ったことのあるユーカリと同じで「硬め」。

一番右側のは赤いのでレッドマリーという名が理解できるのですが、左2つは黄色。でも買った時には両方レッドマリーというラベルが付いていました。イエローマリーなんてのもあるのかな?

裏(↓)。

ご注文用ベースのテンプレートに合わせて、どこら辺を使えば一番キレイな表情がでるか考えます。

お水をかけて、仕上げを塗った時の状態を想像する(↓)。

リッチな色になって、ますますゴージャス!
バスケットの木のパーツは仕上げを塗らずにお送りしてますが、レッドマリーにはオイル系が良いですよ。

数日前にiPhoneで撮ったビデオ(↓)。
夕日の光が裏庭キャニオンからユーカリの木のシルエットを家の中に運んできます。

壁にこのキラキラを見れる日は、なんだか得した気分。

ボウタイ付き丸サービングボード

ドラマチックなヒビが入っているホワイトオークの使い道を散々悩んだ末、サービングボードにしました。

カッティングボード(まな板)でもいいのだけど、お肉とかを切った後にヒビの中まで洗いきれないことを考えると、やっぱりサービングボードと呼んでおいたほうが無難かな。

裏も表もなく両サイド使えます。片側はボウタイ2コ。反対側はボウタイ4コ。
ボウタイ(バタフライ)作りもハメ込み作業も慣れてはいるのだけど、何回やっても面倒です。今回は数が多いだけで平らな面に付けたので、その点は楽でした。器の曲線面だったりすると、もっと気を使います。

ざっくり切ったあとに旋盤で丸くして、周りにちょっとだけ角度を付けています。こうしないとテーブルに吸い付いちゃって、持ち上げたい時に結構な力を要し、テーブルから離れた瞬間にボードの上のお料理がすっ飛んでしまったりするんじゃないかと。、、、そんな経験があるのは私だけかな?

以前同じホワイトオークの板から、ボウタイ付き手鏡も作っています。

余談。
友人宅でのベトナム料理ディナー。フォーをいただいた後は生春巻き!

まるで手巻き寿司のように、自分で巻くんですよ。生春巻きの皮をお水にさっと通すのだけど、やりすぎると皮がペットペト〜。自分で好きな物(フライのお魚、パイナップル(!)、野菜など)を巻いてパクッ。

美味しかったです。

20周年アニバーサリーの週末

9月はマイホーム購入アニバーサリー。もうこの家で6年が過ぎました。
そして結婚20周年を迎えました。
2人だけで旅行でもと言ってたはずが、息子の用事とサッカーの試合で両日忙しいことが分かり予定変更。せめてファンシーなディナーでもと探してはみたものの、ふつーのレストランで終わりました。笑

お花はアニバーサリー用だったのか?たまに買ってきてくれるので、いつものサプライズだったのか分かりませんが、何日も早かった。どちらにせよアニバーサリーとか関係なく、日々大事に大事にされて生きてます。「私の忍耐で20年続いたよね。」なんてダーリンには言ってみたけど。笑
開ききって花びらが落ちる寸前のギリギリを写真に収めました。

土曜日は高校生の息子の用事で、早朝から久しぶりにバルボアパーク周辺へ行ったのですが、初めて見るカフェがあったので入ってみました。店名はCommunal Coffee

外壁に大きくCoffee + Flowersと書いてあるだけあり、中はコーヒーショップだけでなくてお花屋さんでもあります。雑貨も売ってるので、ギフトショップでもあります。私の木工品置いてくれないかな?ってちょっぴり思いました。

忙しい十字路というロケーションもあるとは思うけど、お花屋さん付きのコーヒーショップは可愛いからか大人気。注文したラテが出てくるのに妙に時間かかったけど、お花でリースを作ってる店員さんに見入ってしまったので、それほど「待たされた」感はなかったです。このエアリーな雰囲気に釣られて、近かったらツイツイ通ってしまう人の気持ちが分かるな。

近くにコミュニティカレッジがあるけど徒歩圏ではない記憶が。でも勉強してるっぽい若者が多かったです。

遠くからでもちゃっかりカメラ目線の末っ子(↓)。

ハートのアートなラテが私の(↓)。ラベンダーラテとかいう名前だったかな。なかなか美味しかったです。それと写真はないけどクロワッサン!とっても美味しかった。

外はこ〜んな感じ。

この後近くでランチをしようとなり、Yelp で見つけたPop Pie へ。スイーツ系パイも売ってますが、チキンポットパイとかのご飯系パイのお店です。

それぞれ違うポットパイを注文。私はラテとクロワッサンの後だったのでパス。でも末っ子のチキンポットパイを味見したら「・・・」。私の手作りポットパイのが美味しいー。

南部のポットパイを西海岸の清々しい雰囲気で売ってるのは素敵なんだけど、お味は残念でした。でも私たちが帰るころには満席。Yelp のレビューも妙にいい。ふしぎ。

そんないつもと変わりない、アニバーサリー・ウィークエンドでした。

ウォルナットのテーブルスプーン

先日新しい方法で研いでみたフックナイフを使って作ったウォルナットのスプーンが完成。

上は器部分を削ったあとにバンドソーでスプーンの形に切ったところ。

チェリーの方は以前作ったテーブルスプーンで、もう1年ぐらい使っています。今回作ったウォルナットのスプーンもテーブルスプーンとして作ったのですが、器部分から持ち手への角度を変えて作りました。上の写真でスプーンの横顔の違いが分かると思います。
使いやすさや持ちやすさは実際に使って比べようと思っていますが、見た目はチェリーのスプーンの角度の方がいいな〜。

後ろ姿。

オイルを3コートほど塗って、洗って。
ダーリンにあげました。

スプーン削り用フックナイフの研ぎ棒

スプーン作り用のフックナイフが切れなくなっていました。

ナイフの購入先の説明書通りに研ごうとすると上手くいかないので他の研ぎ方法をネットで探してみたところ、Sharpening Spoon Knives(スプーンナイフの研ぎ方)というビデオを見つけました。

ビデオ内で説明されているヤスリ棒を早速作りましたよ〜。

付けたヤスリ紙は400、600、800、と1000番。あまっている1本の棒は、ビデオのおじさんの説明通り革を付ける予定です。研いだ後に革で磨きあげるのは、フックナイフの購入先のおじさんも同じように説明しています。

今までは研ぎ石にフックナイフをあてて研いでいたのですが、このビデオではフックナイフにヤスリ棒をあてて研ぐ方法が紹介されています。動作を逆にしただけなのに、研ぎ易くなった感じがします。

早速研いだフックナイフを使ってみたら、ザックザク削れましたよ〜。
木はウォルナット。フリーハンドで適当にスプーンを描き、クランプでがっつり抑えて器部分を削ります。
久しぶりのスプーンカービング、無心になれました。こう言った手作業をした後にやってくるマイルドな疲労感が好き。頑張りすぎちゃうとドッと疲れちゃうんだけど、、、。笑

友だちからもらったちんすこう。おいしかった〜♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...