ブラックウォルナットの器たち

11月に買ったブラックウォルナットの木からできた器たちです。

BlackWalnutBowls

トータルで6こできました。ターニング・グリーンウッドの器という記事でひとつ紹介しています。11月に切り倒されたばかりでフレッシュな状態でしたが、ビチョビチョでも器にし易い木でした。
木はもう少し残っているのですが時間の経過とともにヒビが入り出すので、思うようなサイズと形の器を作るのが難しくなってきます。

器の横姿の写真を撮ったので、一部ですが載せておきます。
まず下のは中でも一番大きく深い器。壁も厚めに残したのでドシーンとしてますよ。堂々とした色味が気に入ってます。

BlackWalnutDeepBowl

こちら(↓)はナチュラルエッジの器。なんとなくビンテージ感のある色合いが出ました。

BlackWalnut_NaturalEdge

そして次(↓)は中央がオレンジで、なんとなく太陽のように見える器。禅な雰囲気を醸し出してませんか。

BlackWalnut_Orange

どれも同じ木から作った器なのに、別々に見てみると色も雰囲気もまったく違くて不思議。でも一緒に並べてみると同じ木から出てきたのが分かるんです。

この6つの中から先週末のクラフトフェアで売れたのは1つだけ。やはり大きめだと値段も上がるので気軽には買えないというのもあると思うのですが、みなさんいっぱい触ったり持ち上げたりしてくれます。大きいのはやはり男性に人気があります!
近々これらの器もetsyショップに出す予定です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...