ホームショップ(ガレージ工房)完成 〜後編〜

完成(?)したガレージ工房の後編です。
前編のウッドパネルを張った壁側は主に機械類を置いてあるのですが、こちら側はキャビネットが中心。

まずは木工旋盤とその台。

ガレージの一番外側に配置して、作業中は中側から扇風機を回し、ドライブウェイに木屑を飛ばすようにしています。上の写真は大分前にInstagram に載せたキレイな状態の時のもの。今は製作途中の器が旋盤に付いていて周辺がごった返しているので、とてもじゃないけどお見せできない状態です。
旋盤の台の材料は買いたくなかったので、他のプロジェクトの余り材で使えるものを回して作っています。材料費をケチるといつまでたってもでき上がらないのだけど、これはどうしてもケチりたかった。でも旋盤がグワングワンしてもびくともしないので、余り材の集合でも目的を果たしてくれています。

さて次。
右へ進むとこんな感じ(↓)。

garage1

壁は裸状態だったのを、息子がテキスチャーとペンキ塗りを頑張ってくれたので、すっきりキレイになりました。(その時の記事→ホームショップ作りの続き。)
キャビネットは去年の夏に作り出し、先日やっと最後1セットのドアを作りました。
キャビネットの足は、旋盤で色んな形のスピンドルを作り、ゴールドにスプレーペイントしてはめ込んでいます。
キャビネットのドアの丸穴にも、旋盤で取っ手を作って埋め込む予定です。穴のままでもいいんだけど、木屑やホコリが入り易いんですよね。
低いキャビネットの上に乗っている白いメラミン材は、カウンタートップとしては薄過ぎるので仮の物です。秋には丈夫なカウンタートップを作って取り替える予定。

garage2

ペグボードはもともとあった物をピンクに塗りました。
左上に引っかかっているバブルヘッドみたいなのが、ウッドターニング用のフェイス・シールド。これをかぶって旋盤を回しています。
低いキャビネットの中には色んなツールがぎっしり入ってるのですが、1つはドアじゃなくて引き出しにすれば良かったなーと後悔。その内変えるかも。
それとウッドターニング用のツール棚を作って、壁に設置したい。と言うのは、年代物のウッドターニング・ツールをこんなにもらってしまったのです(↓)。

旋盤を回している最中に、ツールをサッと選んで、使い終わったらサッと戻せるような棚がいいなー。

garage3

そして背の高いキャビネット。
このすぐ右に見えるのはトレッドミルです。「ここで毎晩走ってます。」って言いたい。本当は全然使ってないです。恥

ちなみに天井。
ここも家の中と同じくポップコーン・シーリングだったので、全部剥がしました。天井のテキスチャーづけはこりごりなので、その内プロのドライウォール屋さんにお願いしてキレイにしてもらおうと思っています。

そしてシンク。
以前ホームショップ作りの続きという記事にも書きましたが、もともとあった陶器製のシンクを壊してしまったので、新しい物を買ってきて手作りしたキャビネットにはめました。

garage4

このドアノブも旋盤で手作りする予定。
赤いゴミ箱は、オイル系仕上げ剤を使ったラグなどが万が一発火した時に、火事を防いでくれるゴミ箱です。と言っても私はちゃんと乾かしてからゴミ箱へ入れるので発火の心配はないのですが、念には念を。

以上、ガレージ工房でした。
実はまだまだ細かい作業がたくさん残っているので「完成!」とは言えないのですが、とりあえず物作りができる状態になり嬉しいです。

ホームショップ作りの続き

新年明けましておめでとうございます。
このブログを初めて2年が経ちました。初めの記事を書いたのは2011年11月だったのですが、ネットに「えいやっ!」と公表したのが2012年の1月でした。これからも家のこと、木工のこと、気ままに書いていきたいと思っていますので、今年もどうぞよろしくお願いします。

去年の10月、利用していた(ボランティアもしていた)木工所が閉ってしまったのが理由で、ただいま我が家のガレージにホームショップ(木工の作業場)を作っています。
11月の終わりにホームショップの前進具合を書きましたが、あの後ガレージのシンク(陶器製)がぱっかりと割れてしまい、作業場作りも3歩進んで2歩下がった状態でした。予定外の破損で予算的にも時間的にもキツかったのですが、水道がないと不便。でもやっぱり予算はないので、時間を裂いてDIYで新しくしました。

Sink area of our Garage Makeover is almost complete.

買い物は$100以内で済ませたかったので、すでにある物を徹底的に使用。
上の写真に写っていませんが、シンク台は余っていたプライウッドで手作り。
カウンタートップはとりあえずキッチンのIKEAカウンタートップの残り。でもこの素材は簡単に傷が付いてしまう事が判明しているので、せめてぶつかり易い前方だけは木にしておきたくて、息子の部屋に付けたブラインドシェルフの残りのチェリー材をダボでくっ付けました。
ラテ色のタイルはHall Bath のリモデルで残ったもの。
水色のタイル2枚は、Master Bath のリモデルで取り寄せたサンプルです。
と、ここまでの作業は私と息子で。プラミング(水道)はダーリン担当。

買ったもの

  • IKEAの蛇口: $19.99
  • IKEAのシンク: $19.99
  • IKEAのシンクに入れるストレーナー:$6.99
  • プラミングの材料:$34.66
  • タイルを貼るAcrylpro:$5.82

計$87.45で、税込みだと予算ぎりぎりの合計 $94.45!(ブラシなどがぶら下がるIKEAのバーなどは、入居すぐに購入したものなので計算に入れていません。)

余談ですが、以前の家主がフォトグラファーで、このシンクの壁の反対側の部屋をダークルームとして使っていたらしく、写真に写るパイプや穴はそれが関係しているらしいです。シンクの真横にランドリー(洗濯機と乾燥機)のエリアがあるのですが、いつかランドリールームをキッチンの横に増築する夢が叶うときに、プロの方にこのパイプ関係をすっきりキレイにしてもらう予定です。

さて次は壁の作業。
11月はこんな状態でした(↓)。

Garage in Progress

ご覧の通り、この一面はなぜかドライウォールが裸状態。冬休みに入った息子に手伝ってもらって、壁に付いている物を取り外し、一緒にジョイント・コンパウンドとペンキ塗りをしました。色んな作業において上手になっている息子に感動した年末でした。

Organized my Woodworking templates and others on pegboard in homeshop.  木工で使うテンプレートやツールなどをペグボードでオーガナイズ。

壁が完成したところで、ペグボードを手持ちのペンキで塗り、壁に付け直し。
ガレージのあちこちに散乱していたものを集め、ペグボードにひっかけて整理整頓。気分すっきりな新年です。

でもこの逆側の壁一面が、まだまだド〜ンヨリする状態でして。そちらもキレイにする為に、先日材料を注文したところです。
今月は木工機械が問題なく使えるよう電気工事も入ります。
ホームショップ完成に向けていよいよ大詰め!

実は、照れくさいというか勇気がないというか・・・でなかなかブログで言えずにきてしまった私の個人的なニュースを、ホームショップが完成したら発表させてもらおうと思います。

2014年が、みなさまにとって笑顔いっぱいの年になりますように。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...