オーク材アートフレームのホワイトウォッシュ仕上げ 〜マスターバスのアート〜

マスターバスの壁にかけた水彩イラストです。

artframe_whitewash1

以前水彩画アーティストの作品集を買ったときにチラッと紹介したYelena Bryksenkova さんという方の「bath nude」というプリントです。

artframe_whitewash3

イラストのテーマも小ぶりサイズ(6x8インチ)もこの壁スペースにぴったりなんです。

アートフレームは手作りし、仕上げはホワイトウォッシュ。

artframe_whitewash2

ホワイトウォッシュは特にどうと言ったテクニックではなくて、少量の白いペンキに水を多めに足して2コート塗ったものです。白いアクリル絵具でも代用できると思います。私はフォームブラシを使って塗りました。ホワイトウォッシュには木目の荒い木材がオススメ。仕上げ材を通してでも木のぬくもりが感じれるのが素敵です。このフレームにはオーク材を使いました。

イラストの方ですが、ヌード女性とは言えども、Yelena さんの作品なのでイヤらしい感じはまったくないと思うのですが、長女には「え〜〜」と言われてしまいました。マスターバスのバニティ周辺に合う絵が欲しいなぁと思っていたので、ぴったりなのが見つかって私は嬉しいのですが、、、。

マスターバスの現状況はこちらからどうぞ

アートフレーム/今日のバラ

先日ゴッホのアイリス用にフレームを作った際、小さめのフレームもまとめていくつか作りました。

ArtFrame1_G

そのうちの一つには、だいぶ前に買ったエミリー・マクダウェルさんのアートプリント「Everything you can imagine is real by Picasso」を入れました。どこにかけようかと考えていたら、末っ子が自分の部屋に欲しいと言うのでここに。絵のイメージが末っ子の部屋に一番合ってるなーと思うので、落ち着くべきところに落ち着いた感じでしょうか。
ちなみに、飾る壁や位置、高さをガッツリ指定されました。

ArtFrame2

今回使った木はホワイトオークにSpline はウォルナットです。

そして今日のバラ。

roses417

まだつぼみがいくつもあるのですが、すでに咲き疲れた様子なのが数個あるので、全盛期はここ1週間ぐらいで終わりそうな予感。

10月に作った格子フェンスはやっぱり気に入らないので既製品を注文しました。咲き終わったら設置しようと思います。

BlackMagic

虫に食われてしまい大幅に切って短くなったブラックマジックも、追いかけるようにつぼみを増してきてますよ。

groundcovers

そしてステップストーンの周りに植えたグラウンドカバーのアリッサムとクリーピングタイム(↑)。
アリッサムは上のようにドンと大きくなったのと、スプリンクラーのお水が届いてないらしく、枯れかけているのと両方。クリーピングタイムは、予想以上のスピードで地を覆ってきています。

そろそろバラの横に植える何かを決めたいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...