間違った色でペンキ塗り 〜スライドドア周りのフレーム〜

ランドリールームの増築で入れたスライドドア2枚の周りのフレームに、や〜っとペンキを塗りました。
ペンキ塗りが本当にキライだと思うこのごろですが、市から増築工事の検査でインスペクターがやって来るので、「終わってますよ。キレイでしょ?」感を出すために塗っておいた方が有利かな?と。(実際はペンキ塗りは終わってなくてもインスペクションにはパスできるそうです。)

フレームやトリム、モールディング類は白いセミグロスで塗ると決めているのですが、在庫がなかったので買いに行ったらなぜかスイスコーヒーというちょっぴりアイボリー気味の色を間違えて買ってきてしまいました。そうとも知らずに塗ってしまい、気がついたのは翌朝。

白い壁との微妙な色の違い、わかるでしょうか?
ダーリンは私がこの色をわざわざ選んで塗っているのだと思っていたそうです。ちょっと聞いてくれれば良かったのにー。でもこの色の方が逆に木のドアとの間に立体感が出ていいかも?という話しでまとまり、このままにすることになりました。塗り直したくないので、自分で自分にこんな理由をこじつけるしかありません(笑)。

ランドリールームの増築工事は今年はじめに終わっているのですが、実はまだ市のファイナルインスペクションが終わっていません。
工事終了間際で納得のいかないことがいくつかあったのでビルダーとの契約を切ったのですが、その際、市からのインスペクションの説明をしてくれなかったんです。私が「あれ?インスペクションに来てもらわなきゃいけないんだよね?」とダーリンに言って調べてもらったころには、既に増築工事許可の期限が切れていました。理由を添えて延長のリクエストを申請するように指示されたのでそれに従い、その後半年ほど待たされて、やっと昨日許可が下りたところです。
請求された延長金は127ドル。これで180日間工事の許可が延びるそうです。まずは今日ラフ・インスペクションに来てもらい、ファイナル・インスペクションまでにやっておかなくてはいけないことをいくつか指示されました。
インスペクターは厳しいとか、機嫌が悪いと無意味な変更や追加を言いつけてくると聞いたことがあったのでドキドキしていたのですが、私たちが分かり易いように説明してくれる優しい方だったし、やらなくちゃいけないことも特に難しいことではないのでホッとしています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...