間違った色でペンキ塗り 〜スライドドア周りのフレーム〜

ランドリールームの増築で入れたスライドドア2枚の周りのフレームに、や〜っとペンキを塗りました。
ペンキ塗りが本当にキライだと思うこのごろですが、市から増築工事の検査でインスペクターがやって来るので、「終わってますよ。キレイでしょ?」感を出すために塗っておいた方が有利かな?と。(実際はペンキ塗りは終わってなくてもインスペクションにはパスできるそうです。)

フレームやトリム、モールディング類は白いセミグロスで塗ると決めているのですが、在庫がなかったので買いに行ったらなぜかスイスコーヒーというちょっぴりアイボリー気味の色を間違えて買ってきてしまいました。そうとも知らずに塗ってしまい、気がついたのは翌朝。

白い壁との微妙な色の違い、わかるでしょうか?
ダーリンは私がこの色をわざわざ選んで塗っているのだと思っていたそうです。ちょっと聞いてくれれば良かったのにー。でもこの色の方が逆に木のドアとの間に立体感が出ていいかも?という話しでまとまり、このままにすることになりました。塗り直したくないので、自分で自分にこんな理由をこじつけるしかありません(笑)。

ランドリールームの増築工事は今年はじめに終わっているのですが、実はまだ市のファイナルインスペクションが終わっていません。
工事終了間際で納得のいかないことがいくつかあったのでビルダーとの契約を切ったのですが、その際、市からのインスペクションの説明をしてくれなかったんです。私が「あれ?インスペクションに来てもらわなきゃいけないんだよね?」とダーリンに言って調べてもらったころには、既に増築工事許可の期限が切れていました。理由を添えて延長のリクエストを申請するように指示されたのでそれに従い、その後半年ほど待たされて、やっと昨日許可が下りたところです。
請求された延長金は127ドル。これで180日間工事の許可が延びるそうです。まずは今日ラフ・インスペクションに来てもらい、ファイナル・インスペクションまでにやっておかなくてはいけないことをいくつか指示されました。
インスペクターは厳しいとか、機嫌が悪いと無意味な変更や追加を言いつけてくると聞いたことがあったのでドキドキしていたのですが、私たちが分かり易いように説明してくれる優しい方だったし、やらなくちゃいけないことも特に難しいことではないのでホッとしています。

末っ子の部屋の模様替えと繕い物

この間ウッドペッカーに起こされたと思ったら、今度はコヨーテに起こされました。
「ジャック(お隣りさんのジャーマンシェパード)、昨日の夜は家にいれなかったのかな?」とダーリンに聞いたら「犬の鳴き声じゃないだろ〜。コヨーテだよ。区別つかないの?」と言われて飛び起き、急いで裏のキャニオンを見てみたのだけど、もう何もいませんでした。鳴き声どころか犬とコヨーテの見た目の区別もつかないんですけどね。

お掃除がてら、末っ子の部屋の模様替え。

ここ1年ちょっとはヘッドボードが壁に面するこんなレイアウトでした(↓)。

両サイドからアクセスできるベッドの配置は、長女と息子の部屋よりもちょっと大きい末っ子の部屋のみ可能です(私たちのベッドルームを除いて)。この配置はベッドメイキングも両サイドからできて楽なのですが、残ったフロアスペースが分割されて狭く感じます。片付けが上手でない末っ子の部屋なので、特に。

ついでにずーっと気になっていたキルトの繕い作業。

もともとは長女のベッド用で、彼女が1歳ぐらいのときに買ったキルトです。バタフライの羽があちこちから剥がれだしていました。17年も使っていれば、当たり前かな。
私は繕い物をするとき、脳内BGMが「母さんが夜なべをして〜♪」になります(笑)。

部屋の反対側(↑)。
末っ子は来週から小学校5年生。6年生は中学になるので、小学校最後の年の始まりです。もう使わなくなったおもちゃのキッチンなども処分して、狭いなりにもすっきりして広々と感じる部屋になりました。

ランドリールームにビンテージ糸鋸アート

先日ビンテージショップで糸鋸のアートを買いました。

ライトハウスがあったりカモメが飛んでたりするけど、ビーチっぽくない様子がなぜか気に入ったのと、日本の木版画っぽい線にも惹かれて、「ランドリールームに飾る!」ってすぐ決定。

お値段35ドル。
良心的なお値段の物がぎーっしり詰まったビンテージショップでした。次回たくさんの写真と一緒にショップ情報をアップします。

クローゼットドアのペンキ塗り

ランドリールームにある小さなクローゼットのドアを塗りました。ペンキ塗りが嫌だというのもあるのだけど、ドアを一人で取り外せないので、夏休みで息子がいる今になってしまいました。

このドアには家の外壁みたいなグリーンを塗るのもいいかなって思ったのだけど、なかなか決心つかないのでやっぱり白。

あとランドリールームへのポケットドアやバスルームへのドアのフレームも塗らなきゃいけなくて、あ〜メンドウ。しかもフレームの上部にビルダーさんの間違えで起きてしまった余計な部分の修正とかしなくちゃいけなくて、気が重い。でもビルダーさんには「これでもかっ!」ってぐらい苦情言って、残っていた支払いを踏み倒したので、スッキリはしてるんですけどね。

ペンキ塗りが終了したので、とーっくのとーに買ってあったKwiksetの黒いドアノブをやっと取り付けることができました。ハードウェア系はやっぱり黒だと空間がぐっと締まるな、ってつくづく。
このスリーパネルのシェーカースタイルドアもすっごく気に入ってます。

玄関横の仕切り壁が完成

エントランス(玄関)横に、新しい壁ができました。

エントランスの横がリビングルームなので、誰かが来たときに中が丸見えになるのがイヤで、仕切りの役目を果たす壁を作ったのです。
下の写真が去年、壁を立てた時の様子。フレームを設置し終わって、ドライウォールを取り付けているところです。

この後、ジョイントコンパウンドを塗る作業が面倒臭いなと思っていたところで増築工事が始まったので、例のごとく何ヶ月も放ったらかし。
ちなみにジョイントコンパウンド塗りの作業は今までやったDIYの中で一番か2番を競うぐらい不得意なので、もう自分たちでやるのやめることにしました。そんなわけで、先日やっとドライウォールの業者さんを呼んで、ジョイントコンパウンドを塗ってもらいました(↓)。

上の写真は1コート目が終わったところ。この上に「サンタフェ」というテキスチャーを付けてもらって終了。プロは早い!しかも全くヤスったりしないで綺麗にできあがってしまいます。

ジョイントコンパウンドが乾いたら自分たちでペンキを塗り、ベースモールディングを付けて完成!まるで入居したときからあった壁のように馴染んでいます。

新しくできた壁に取り付けたフックラックは、Rejuvenation のIron Double Hook Rack

5人家族なので、5つのフックがちょうどいい!と思って選びました。

以前作った小さなペーパーコード編みのスツールがぴったりなスペースになりました。
新しい壁のリビングルーム側の写真は、エンターテイメントセンターの設置が終わったらアップします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...