かんざし/ヘアスティック

友達に頼まれているかんざしを作りました。
写真の下から順にコア、ウォルナット、ホワイトオークです。どんな長さや太さが使い易いのか分からないということから、サイズが違うもので作るようリクエストされていたので、微妙にバリエーションを付けて。

左上の端にあるのはスティック状ではなくフォーク状のかんざしを作ってみたのですが、ヤスる前に自分の髪で試してみたら頭が痛くなったのでボツ。

娘の髪を借りて、写真撮影。
コア(↓)は木目がとってもキレイですよ。使用中は髪の毛で隠れてしまいますが。

ウォルナット(↓)。ちょっとハンドメイド感を出したくてリング部分にテキスチャーを付けてみたのですが、ビミョーです。

ほんのりスポルテッドしているホワイトオーク(↓)。

せめて1本は使い易いのがあるといいのだけど、なかったらマドラーにでもしてもらおう。笑

なんとこの記事はこのブログの500記事目でした!

簡易テーブルの仕上げ塗装

クラフトフェアへ出店するとき用に作った簡易テーブルがあるのですが、ブレックファーストヌックにテーブルを作るまで代わりに使っています。でも天板の仕上げ塗装をしていなかったので、何かをこぼす度にどんどん染み込んで汚れていく始末。今朝重い腰をあげて塗装しました。

ビフォア写真を撮らなかったので比べようがないのですが、パイン材なので明るい色の木で、汚れがとても目立ちました。

ざっくりヤスリをかけてもシミが残っていたので、手持ちのステイン(Minwax “Special Walnut 224″)を使ってごまかすことに。まだらになったら嫌なので、ウッド・コンディショナーを先に塗ります。ステインが乾いた後にクリアのウレタン(光沢はサテン)を3コート。「すぐに乾きます!」というウレタンだったので、半日で完成!

これで何かをこぼしても、サラッと拭き取れるようになりました。

テーブルのサイズがこのスペースにぴったりなので、いつか作るテーブルもこのぐらいの大きさにするつもりです。

先週ダーリンが買ってきてくれたお花。アメリカは購入の時点ですでに花が開いていることが多いので、枯れるまでが早いです。

オリーブの丸小箱たち

お馴染みのオリーブの小箱。今回は大好きなコロン系の形を追求し、もう一つは背を高めにしてみました。

oliveboxes1

コロン箱の方は、蓋の収まりを変えてみました。これまでは落し蓋タイプ(?)にしていたのですが、これは箱本体の上部全体を被すタイプ。調べてみたのですが、桟蓋(さんぶた)という種類の蓋になるのかもしれません。

oliveboxes2

奥の背が高い方の箱は、まだツマミを接着していません。というのは、、、

oliveboxes3

どど〜んと極端に大きいツマミ(↑)もいいのではないかと思い、2サイズ作ってみたのです。球の直径約0.5インチ(約1.3センチ)の差。
置き換えては眺め、、、を繰り返してるのですが、まだ悩んでいます。

オリーブの小箱の注文/ツールのリタイア

先日のクラフトフェアで、私のオリーブの小箱をネットで見たと言って、注文をしに来てくださった方がいました。

BigHeadBox_Olive

この頭でっかちなデザインの小箱は作るたびに蓋の球が大きくなってるのですが、なかなか掴みやすくていいんですよ。ソルトセラーとして使ってもらうことを想像して作ってます。が、もちろん何に使っていただいてもウレシいです。

注文してくださったお客さんには写真を送って確認してもらったところで、急いで包んで送りました。今週の土曜日に会うヨガの先生へのクリスマスギフトなんだそうです。あとは郵便局が予定通りに届けてくれることを祈るのみ。

先日フッと気が付いたのですが、お気に入りのボールガウジ(ウッドターニングツール)がこんなに短くなっていました。クラフトフェア前だったので、器が作れなくなっちゃったらどうしよう・・・ってドキドキしちゃいましたが足りました。

woodturningtool

谷間がある部分しか使えないので、もう本当にあとちょっとでリタイア。
中位のこのサイズが一番好きなのでこればかり使ってしまうのですが、たまにしか使わない小さめのと比べるとこんなに長さが違います(↓)。

Woodturningtools

2016年もたくさんウッドターニングする予定なので、そろそろ新調しないと。

ウォルナットで仕切りのあるトレイ

ウォルナットで仕切りのあるトレイを作りました。四つ角はメイプルのスリップフェザーで強化。

WalnutTray1

私は仕切りが付いている箱やトレイに弱い気がします。何か小さな物のコレクションを始めたくなるような・・・。
このトレイは来週に迫っているレネゲイドクラフトフェアで、細々したアイテムのディスプレイ、または業務雑貨を入れて使おうと思っています。

WalnutTray2

底板には小さめのウォルナットをスライスしてブックマッチ。そしてそのブックマッチした物をさらにスライスしてブックマッチし、やっとこのトレイの底に合う大きさになりました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...