オリーブの小箱の注文/ツールのリタイア

先日のクラフトフェアで、私のオリーブの小箱をネットで見たと言って、注文をしに来てくださった方がいました。

BigHeadBox_Olive

この頭でっかちなデザインの小箱は作るたびに蓋の球が大きくなってるのですが、なかなか掴みやすくていいんですよ。ソルトセラーとして使ってもらうことを想像して作ってます。が、もちろん何に使っていただいてもウレシいです。

注文してくださったお客さんには写真を送って確認してもらったところで、急いで包んで送りました。今週の土曜日に会うヨガの先生へのクリスマスギフトなんだそうです。あとは郵便局が予定通りに届けてくれることを祈るのみ。

先日フッと気が付いたのですが、お気に入りのボールガウジ(ウッドターニングツール)がこんなに短くなっていました。クラフトフェア前だったので、器が作れなくなっちゃったらどうしよう・・・ってドキドキしちゃいましたが足りました。

woodturningtool

谷間がある部分しか使えないので、もう本当にあとちょっとでリタイア。
中位のこのサイズが一番好きなのでこればかり使ってしまうのですが、たまにしか使わない小さめのと比べるとこんなに長さが違います(↓)。

Woodturningtools

2016年もたくさんウッドターニングする予定なので、そろそろ新調しないと。

小さなユテンシルスタンド

自宅用の小さなユテンシルスタンドを作りました。

cup

メジャースプーンなどの小さいユテンシルは、引き出しにしまっておく派の人たちのが多いのかな?私はカウンターに出しておく派です。もう大分長いことプラスチックの物を使っていたので、木製のが作れて大満足。またまたオリーブ材です。作業中のオリーブの香りとユニークな表情が大好きな木だけど、硬いせいか挽く手に力が入り、時間がかかるし肩もこります。その上この小ささで口がすぼまるデザインなので、中を覗き込みながらの作業がキツかったです。

大きい(というか普通サイズの?)ユテンシルスタンドはIKEA のステンレス製のを使っていますが、こちらもいい木材を見つけたら作りたいです。

shelf

キッチンがらみで余談。上の写真は和食器側の棚。
「欲しいお皿がもっとあるんだけど、しまって置く場所がないんだよね。」と言ったら、姉を含め数名の友達に「まだまだ入る。こんなにスペースあるじゃん!」と言われました。みんな結構ギューギューにしまい込むようです。
次の日本への里帰りで狙っているお皿がいくつかあるので、ギューギュー覚悟でがっつり買い込む予定♪

木の置き物

オリーブ材で作った洋梨。

pear

ヒビが多いオリーブ材だったので他にどうすることもできず、サイズ的にちょうど良かったので、ずーっと試してみたかった洋梨にトライしてみました。これがなかなか愛くるしくて気に入っています。オリーブはずっしり重いので、置き物としてだけでなくペーパーウェイトなどにもいいかも。

次はもちろんリンゴに挑戦します。
なんとなくコレクション化しそうな予感♪

こちら(写真下5枚、3点)は一部の面だけ平らにヤスり、オイルを塗っただけの置き物。全てブラックウォルナットです。

wood_1_1

wood_1_2

これ(↓)は何か重みのあるものを底部に付けて、立たせて飾ったらいいかも?なんて思ってます。

wood_2

wood_3_1

wood_3_2

木工をしていると端材たちが山化するのですが、たまーに心を鬼にして、ある程度の物は処分します。それでも木目があまりにもキレイだったり、言葉では言い表せない何かを感じる木があったりするので、それらをセーブして置き物にしてみました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...