木工で出る端材の活用法 〜バスケット編〜

手作りに材料の残りはつきものです。お裁縫で出る端切れのように、木工でも端材が山積みになります。去年の秋に薪ストーブを入れたので、どうしようもないほどの細かい端材は、燃やして暖をとるのに役立たせることができるようになったのがとても嬉しいです。

何かに使えそうだけど、なかなか出番がやってこないだろうな、というような中途半端な大きさの木材もたくさん残ります。 そんな端材がバスケット作りに役立つんですよ〜。
キッチンの造り付けベンチに使った端材では、ナンタケットバスケットの10インチオーバル型を作りました。

スプレー塗装中。
大きめの型は重くなりがちですが、軽い木なのでちょうど良かったです。

細長く残っている材はウッドステイブに。まだケーンステイブでしかバスケットを編んだことがないので、これでウッドステイブに初挑戦できます。

上はテーブルソーで大雑把にスライスしたウォルナット。
ウッドステイブは底の方を曲げなきゃいけないので、曲木の木を選ぶ時と同じように木目がまっすぐなものだけを使います。

その後ドラムサンダーにかけて均一の厚みに整えます。

ホワイトオークも細長いのがいっぱい残っていたので、ウッドステイブにしました。

ホワイトオークはいろんな形とサイズの端材がいっぱいあるので、新しく作った10インチオーバル型用にウッドベースも作りましたよ。

長女がタッパーズのバスケットが欲しいというので、ついでにチェリーのタッパーズ用ベースも(写真上左)。

こうして端材を役に立たせることができると、ガレージ工房も気分もスッキリです。

末っ子作の小さなナンタケットバスケット完成

サンディエゴは久しぶりに雨です。恵の雨ですが、風付きなのがイヤだな。

去年の夏休みの終わりに末っ子が編んだ、小さなオーバルのナンタケットバスケットが仕上がりました。

これ用に木のハンドルを作ったのですが、フライパンや鍋に入る短さなので、スチーマーは使わず、手っ取り早いフライパンで煮て曲げました。
曲木には木目がまっすぐなものを選ぶのが成功への第1歩(↓)。

メープルを曲げましたが、曲がらなかった時のことを考えてチェリーもいくつか用意しておきました。

ドラムサンダーに120番のヤスりを付けて厚さを整えたので、手でのヤスリは150から220番まで。どっちにしても濡らすと毛羽立つので、曲げて乾燥してからまたヤスる必要があります。

作ったハンドルの厚みは1/8インチ。3ミリちょっとです。長さが10インチ近くあるので、直径が足りるフライパンにお湯を沸かし、沸騰してからハンドル投入。10分強で曲がりました。あらかじめ作っておいたハンドル用のシェーパー(型)にクランプで留めるのですが、ハンドルが折れないように慎重に曲げます。

曲がりました。
2〜3時間してシェーパーから外すとスプリングバックで両端1インチほど広がりましたが、クランプで希望の幅まで両端を絞めて留めておいたら、数時間ですぼまりました。でもこれはあくまでも薄いからできたのだと思います。普通だったらスプリングバックを計算に入れて、シェーパーを作り直さないといけないと思います。

バスケットの仕上げのクリアコートには、お気に入りのDEFT を使いました。ウッドターナーの間で人気のスプレーラッカーなのですが、30分で乾いて重ね塗りができるし、とにかくとっても綺麗につきます。どこのブランドもSelf-Leveling(自ら均一の厚みに塗られる)フォーミュラで作られていますと書いてはあるのですがイマイチで、でもDEFTは本当にキレイですよ〜。私はサテンの光沢が一番好き。オススメです。

バスケットが出来上がりに近ずいて、ハンドルを付けるのに必要なノブとワッシャーがないことに気がつきました。ノブはメープルのスクラップを使って旋盤で自作しましたが、ワッシャーは買いに行かないと。なのでハンドルは今のところ仮止め状態です。

末っ子はお兄ちゃんのサッカーの試合で毎回退屈するので、これからはこのバスケットにレゴや小さなお人形を入れて持っていくのだそう。
少々編み目が荒いですが、10歳児には上出来なファーストナンタケットバスケットではないかと思います。

末っ子のバスケット用ノブを作ったついでに、Aさんに頼まれていたノブも作りました。思いがけないことに小さなスクラップが役に立ちます。

小さなオーバルバスケット用リムのモールド作り

末っ子がバスケットを編みたいというので、去年作った小さなオーバルのバスケットモールドで挑戦させてみました。私がざっくりステーブを刺して、末っ子は編む作業を。夏休み中だったのですが、ガレージで3時間ぐらい木工作業をして戻ってきたら、もう編み終わったというのでびっくり。もちろんステーブは流されまくって大変なことになっていたのですが、本人は「できた〜♪」と大喜び。「早く使いたいから、リム付けて〜!」と、耳にタコが出来るほど言われています。

上の写真の左側に写るリムのモールドが、去年本体のモールド(上の写真左後方)を作ったときに一緒に作ったリム・モールド。Lightship Baskets of Nantucket という本の(113ページの)説明通りに作ったリムのモールドなのですが、これを使って曲げたリムがバスケットにフィットしませんでした。この間タッパーズ用のリム・モールドを作った時は気をつけて作ったのに〜。材料と時間と労力の無駄をしてしまいました。あ、でもこの本、リム・モールドの作り方以外は正確で、説明も理解しやすいですよ。
写真の中央のリム・モールドが、やっと完成した正しいサイズのものです。これで末っ子に「まだ〜?」と言われなくて済みます。

モールド作りで使うテンプレートが増えつつあります(↑)。木工作業でもそうですが、同じものを繰り返し作る時のためにテンプレートを作るので、テンプレートは増える一方。

Delsからノブなどが届きました。

下はThe Basket Maker’s Catalogで注文したもの。

この材料店ではケーンの染め液をオーダーしがてら、ナチュラルと黒いケーンも買ってみました。どこのお店のケーンがベストかな?使い比べてみようと思います。ここのウェブサイトには、ビギナーには嬉しいバスケット情報がたくさんありますよ。

長女が「見かけたから」と言って買っておいてくれた私の好きなキャンディー。アメリカらしいパケージでしょ。
滅多に見かけないから数年に1回ぐらいしか食べないのですが、左側のMary Jane は、歯の健康に悪そうなぺーったりと歯にくっつくタイプです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...