バラの格子フェンス

追記あり。

玄関前のバラの背が高くなり過ぎてダラーンとなってしまったので、今年の春に糸で引っぱり起こしたら葉っぱの表側が壁を向いてしまったので、葉の裏側を見るというなんとも情けない姿になっていました。
お花屋さんに勤めていた友人に相談したら、4〜6ヶ月後ぐらいにちゃんと太陽向き(表向き)の新しい葉が生えてくるから大丈夫。・・・とその通り。ここ数週間で新しい葉が咲きだしました。でもやっぱり糸が見苦しかったので、テキトーな格子を作り、糸は外しました。

trellis

1枚$3ぐらいのスギの木のフェンス材を3枚買ったので、材料費は$9。1インチ幅に切り、格子状にネイルガンで打って作ったのですが、気に入ろうか入らないか悩んでいるところ。気に入ることにしたら、ちゃんとネジで留めて頑丈にしたほうがいいかも。
デニスさんによると、スギ材は設置してから1年ほどでグレー色になってくれるようです。楽しみ。

Trellis2

全体的にワインレッド色だった新葉が、現在すこーしずつ緑色に変化中。

ちなみにこのバラを植えた前家主が、バラの根元に「ブラックマジック」という名前のタグを残しておいてくれました。検索してみたら、その名の通り黒っぽいバラを咲かせるバラで、USDA Zone は7aから10bまで。我が家は10a なのでブラックマジックの環境には合っているようですが、この家を買って早3年、黄色とピンクしか咲いていません。なぜだろ?

追記:

blackmagic

一番外側の花びらだけが黒っぽい赤のバラが咲きました。あまりに小さくて、つぼみを見逃してました。黄色とピンクのバラしか咲いてないと思った私の記憶はあてにならないですね〜。笑

先週末行われた、近所のエアショー。家の前からですが、ある程度は楽しめます。

MiramarAirshow4

MiramarAirshow1

MiramarAirshow2

10月はBreast Cancer Awareness Month (乳がん意識向上月間)。
下の写真はこの月間中のロゴとなるピンクリボン型です(一緒に見ていたお隣りのおばさんに言われて気が付きました)。女性の皆さん、今年の検査はお済みですか?

MiramarAirshow3

デニスさんちのお庭

先週末、1年前にウッドターニングのコースを受けたときのクラスメイトのデニスさん宅にお邪魔しました。

dennis1

上の写真がデニスさんの旋盤シチュエーション。
右にも左にもドアがあり、気持ちいい風がすーっと流れる夢のような環境です。
「お庭のブーゲンビリアが綺麗すぎて、作業に集中できないでしょ?」と言ったら、「はっはっは〜!」とデニスさん。

dennis2

こちらがそのブーゲンビリア。

dennis3

レンガは自分で敷いたんですって。
不揃いな感じがアットホームでかわいい。

dennis4

↑奥に見えるのは、家やガレージと外壁がお揃いの小屋。

dennis5

でも。キッチンへのドアがある一角だけ、外壁を変えてみたんだって。ニクい!

dennis6

キッチン横のサイドウォークはもうジャングル!

dennis7

こちらはデニスさんの奥様。お話ししながらガーデニングをさら〜とこなします。
ダーリンに「デニスさんの奥さん、上品で気さくで、話し方が可愛くて、あんな女性になりた〜い!」と言ったら「なってくれ!」と言われてしまいました。笑

dennis8

こちらがワンちゃん。私にもこうしてスリスリしてくれて、かわいいったら!

dennis9

ワインバレルがお庭にたっくさんありました。
写真はないですが、オレンジの木までワインバレルで育ってました。

dennis10

「ワインバレルはDixieline のが一番!Home Depot やLowesのはチープでだめだ。」と教えてくれましたよ。底が腐らないように、内側の底にRoofing Tar を流すと長持ちするそうです。土を入れる前に、ワイヤーメッシュもお忘れなく。

dennis11

上の写真は、奥様が南アフリカに勤務されてたころから持っているというハンモック。
家の中にもアフリカ製タペストリーや置き物があちこちにあって素敵なんですよ。
奥様がアフリカにいた20歳代、デニスさんはエクアドールに住んでいたんですって。

dennis13

上の写真は木工所にしているガレージを外から見た様子。2つあるドアの内の1つがバーン・スタイルのスライドドアで、オシャレなんですよ。

ちなみにお庭プロジェクトは、少しずつ進めては休み、アイデアが出たらまた進めては休み・・・の繰り返しで、この家を買って以来32年間ずーっと続いているそうです。

家は100歳ぐらいの古いけどチャーミングな建物で、娘さん2人が出て行く前は狭いと感じたこともあったんじゃないかと思うような小さめサイズなのですが、お庭がリビングスペースの延長になっていて開放感があり本当に素敵でした。

dennis12

最後に、上の写真はデニスさんお手製のカヌー。また新しく作りたくなったから、これは売りに出すと言ってました。

素敵なお庭を拝見して、「私もすこーしずつお庭作りしよっ!」なんて夢見た週末でした。

小さなガーデニング

ガーデニングでは私の「左」にでる人はいないんじゃないかと思うほど、植物の世話が下手です。
でも去年の終わり頃から玄関先にバラが咲いたり、球根で買ってきたお花に芽が付いたりしているので、ここ数ヶ月は調子に乗ってガーデニング。と言ってもプランターに入った小さなガーデニング。

plants

上の写真の後方に写るのはゲラニウムのIvy という品種。
わっさわさと上に向かって育つのでなく、ちょろんちょろんと気ままに葉を付けながら下に垂れるタイプだと、Armstrong Garden Centers(ガーデニングセンター)のお兄さんが説明してくれました。花よりも葉っぱの形がカワイイんですよ。気に入って数個購入。家に入れたり、玄関先に出したりしながら楽しんでいます。

木工家でありCity Farmers Nursery のオーナーでもあるビルさんに伝授してもらった「説明書どおりにお水をあげるのではなく、自分の指を土に突っ込んで乾燥度を確認した上で決めるべき!」法に従ってお水をあげてます。
お水のタイミングすら悩む、超初級ガーデナーです。
上の級に上がれないまま、かれこれ5〜6年でしょうか。それでも懲りないどころか、ガーデニングセンターへ行っては何か買って帰って来る頻度が増してきているので、ダーリンに「次の犠牲者がやってきた。」なんてからかわれてますが、負けません。

上が玄関先のバラのクロースアップ。1ヶ月半ほど前です。

こちらはダイニング横の窓辺。写真一番右のプランターが、球根で買って芽を出したお花「Ariel」。どんなお花なのか全く分かりません。恥
2週間前には葉がこんなに長くなり・・・

PlantsAtWindowsill

「そろそろお花!?」と首を長〜くして待っているのですが、その気配なし。葉だけがグングン伸びています。やっぱり何か間違ったことをしてるのかしら。

先週の南カリフォルニアは大雨+強風で、外に埋めてあった小さなブーゲンビリアが台無しになってしまいました。前のオーナーが置いて行った多肉植物なども、強風で倒れたり、へんちくりんな方向を向いたりしている状態です。
自然の仕業とは言え、一瞬で台無しにされてしまうとどーんよりですね。

自然つながりで。数週間前のバレンタインデーの話し。
ロマンチックに(子供3人つきだけど)夕焼けを見に行こうと、サンセットで有名なSunset Cliffs へ向かいました。(どんな所か気になる方は、こちらをどうぞ。
この日のサンディエゴは普通にお天気だったのに、目的地へ近づいたころ霧が濃くなり、あっと言う間に30メートル先も見えないほど真っ暗(真っ白?)。
メインスポットはこんなでした。

sunset cliffs san diego
Sunset Cliffs, San Diego

バレンタインということもあり、ピクニックシートを敷いてグラスにワインを注いでるカップルが何組もいましたが、ロマンスというよりホラーでした(↓)。

sunset cliffs san diego
Sunset Cliffs, San Diego

うちのダーリン(↓)。

sunset cliffs, san diego
Sunset Cliffs, San Diego

なんだか怖いのでさっさと去ったのですが、5分も運転しないうちに霧が切れて晴天!サンディエゴで常に思うのは、天候の変化。日本と違って一瞬で変わるんです。コロッと。
ディナー先へ向かう途中の住宅街で、サンディエゴ湾の上にのぼる満月が見れたほどです(↓)。

写真にするとこれっぽち!?ですが、キラキラな夜景とトロトロな満月が本当にキレイだったんですよ。

sunsets in san diego
サンディエゴの夕焼け

またまた自然つながりで。最近インスタグラムにアップした夕焼けショットをコラージュにしてみました。
雲がある日の夕焼けの方が、ドラマチックで好きです。普段は裏庭でiPhone 撮影ですが、写真右下は息子の陸上クラブの練習場から。ぽこぽこ雲な日でした。

track and field practice
陸上クラブの練習風景

練習風景。
大会に出場しないランナー達の練習期間が終了したので、今週から厳しいトレーニングが始まりました。
(日本の父母へ→「こんなところで頑張ってるよ〜!」)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...