マスターバスのバニティのペンキ塗り

いつものように気が向いたら進めている家のプロジェクト。
久しぶりにマスターバスの更新です。

MasterBath1

アッパーキャビネット(吊るし戸棚)はメイプル材の温かみと木目をそのまま残したいと早くから決めていたので、既にクリアのウレタンを塗っています。問題は下のバニティ(洗面台)の仕上げ。気持ちはグリーンかブルー系に揺らいでいたものの、思い切りがつかず時は立つばかり。でも今年になってグレーが頭によぎった途端、すっきり解決しました。

とは言えグレーって難しいー。Pinterest などでグレーのキャビネットを見れば見る程、どのグレーも素敵なので決めれないのです。しょうがないのでHome Depot からグレーのスウォッチをたくさんもらってきて、その中からイヤなのを落としていく方法で選択しました。

MasterBath_CabinetPaintColors

いざペンキ塗り。
物置小屋のペンキ塗りに続き、最近塗り作業が好きじゃないせいか、なかなか進まないったら。1回に1枚ずつ、気が向いた時にちんたら塗ってたら、ペンキを買ってきてから1ヶ月も過ぎていました。スローすぎだ。

MasterBath2

次はハードウェア(バニティのドアノブと引き出しのプル)です。なかなかピッタリなハードウェアがないので、手作りしようかな?と思ってるところです。

MasterBath_lights

それと。Rejuvenation のMist Double Sconce というライト(↑)が気に入って買いました。配達されるのに数週間もかかったんですよ。でも待った甲斐ありのカワイさです。
以前のライトは、Hall Bath で使っています。そちらも近々写真をアップします。

ガレージ工房にキャビネットの追加

去年はクラフトフェアやマーケットに参加してガレージ工房での木工作業が急激に忙しくなったせいか、物が溢れ出すようになりました。材料や作り途中の物はもちろんですが、道具も使い終わった後に元の場所へ簡単に戻せない状態。
そこで、引き出しキャビネットを作り足すことに。

garageWoodshop1

2月末日づけで軍をリタイアしたダーリン(↑)。無職になったからというわけではないですが、まるで休む間を与えないかのように作っておいたキャビネットの取り付けをしてもらいました。早く次のお仕事が見つかりますように。

garage1

上の写真が今までの状態。ローキャビネットの間にデスク作業的なことをすることがあるかと思い、椅子が収まるように取っておいたスペースが不必要だったので、そこに新しい引き出しのキャビネットを足しました。
背の高いキャビネットは物置小屋へ移動しているので、今そのスペースにはワークベンチ(作業台)が置いてあり、手作業スペースとなっています。その時の記事「ガレージ工房の壁塗り」はこちら

garageWoodshop2

上が今の状態。キャビネットの上にはIKEAのキッチンカウンタートップを使用。39ドル。ガレージ工房の収納にはできるだけお金をかけたくないので、これで十分。さらには時間もかけたくないので、カウンタートップの長さを切らなくて済むよう、ぴったり合うように引き出しキャビネットの幅を算出しました。でも奥行きはカウンタートップの方が深いので切らなくてはなりません。そして切った数インチのカウンタートップが、キャビネットと壁の間の隙間を埋めるモールディングになるという仕組み。

引き出しの前板は、いつか同じ材料が他のプロジェクトであまった時に作ります。とにかくここにお金を使いたくないのですー。

出来上がった引き出しキャビネットの上段の半分は、釘やヒンジなどの細かいハードウェアを収納します。引き出しに深さがあるので、スペースの無駄が出ないようにするため、スライドするトレーでも作ろうと思っていたら、なんと大昔にダイソーかどこかで買ったプラスチックのバスケットがピッタリ引き出しに乗ってくれるんです。ミラクル!

garageWoodshop3

というわけでトレーを作る手間が省けました。プラスチックバスケットの下には、あまりアクセスする必要がない物を収納してスペースの有効活用。やっぱり引き出しって使いやすーい!
あまりにもスムーズな引き出しキャビネットの追加作業でした。

難関クリア!マスターバスのキャビネット製作

今年は少しずつですが木工作品を購入していただいたり、ドューパ!でコラムを書かせていただいたり、クラフトフェアへ出店したりと人並みに忙しいせいか、家のプロジェクトがなかなか進みません。言い訳っぽいですが。

でも今日はマスターバスのキャビネットを進めました。

MasterBath

L字型やコの字型キャビネットはコーナーのドアがちょっぴり複雑で、以前大学でキャビネトリーのコースを取ったときの先生の話しだと、ヒンジは特殊なものになるし、ドアとの兼ね合いもなんだかややこしい記憶があったんです。そのため材料は揃えてあったものの、やる気が起きず・・・。でも慎重に考えながら進めると、ちゃんと仕上がるものですね。

下部のキャビネットの一番右はランドリーバスケットを入れる引き出しで、立てかけてあるのは引き出しの前板です。今日は時間切れになってしまいましたが、明日取り付けます!

MasterBath_OriginalPlan

上はマスターバスのキャビネット製作に取り掛かる前に、KCDというソフトで作ったプランです。(プランの他の角度から見た図はこちらから→ マスターバスのバニティ製作
上部のキャビネットは下部に直接乗せる予定だったのですが、バニティトップのマーブルを隠すのがもったいないので、一番上の写真のように壁に取り付けました。浅い引き出し数個もなくし、ドアなどもフラットでシンプルな物にしています。

TiledSink

あとはキャビネット周りのモールディングを作って取り付け、仕上げを塗るだけ。この仕上げなのですが、ペンキを塗るつもりでいたのでドアの木目を合わせなかったのですが、今になってこのメープルの色味が好きになり、クリアの塗料にしようかなと思い始めています。

とりあえず今日は、難関だと思ってずーっと見て見ぬ振りをしていたコーナーのドアが無事に取り付けることができてメデタシメデタシ。

リネンクローゼット完成

造り付けリネンクローゼットが完成しました。

LinenCloset1

狭い廊下の突き当たりにあるので、写真を撮るのが大変。

自分のブログ内を検索したら、このクローゼットに引き出しを作ったのは去年の3月。1年も過ぎてました。欲しいスタイルのノブとプルがなかなか見つからず、キャビネットのドアや引き出しのフェイスフロント(前板?)は出来上がっていたのですが、放ったらかしにしていました。そんな時、時々送られてくるRejuvenation.com のカタログで、好みのノブとプルを発見。
ドアノブはこちら→Ball Cabinet Knob
引き出しのプルはこちら→Vernon Bin Pull

LinenCloset2

とってもシンプルなクローゼットです。幅は狭いですが、奥行きが約60センチと深めなので、3つの引き出しには持っているタオルを全部入れてもまだ少し余裕があります。

オリジナルのリネンクローゼットは写真を撮り忘れてしまったのですが、2年前にクローゼットを解体し、新しいクローゼットの本体を設置した時はこんな状態でした(↓)。

オリジナルのクローゼットを使っていた頃は、洗濯したタオルをしまうと、使う頃にはビミョーな匂いになっていたんですよ。笑

LinenCloset3

ノブとプルを買ったRejuvenation.com では、ずーっと探していたもう1つの物も見つけました。数日中に写真撮ってアップしまーす。

造り付け本棚兼メディアセンター 〜おひな様を乗せて〜

メディアセンター兼本棚のプロジェクト、恥ずかしいぐらいゆっくりですが進んでいます。

MediaCenter1

前回9月にアップした時はこんな状態でした。

一番奥の、奥行きが深い収納部分の上に板を乗せ、まだ仕上げを塗ってないのですが、とりあえずお雛様に間に合いました。

ohinasama_1

ちなみにお雛様の収納は、このキャビネットになります。飾る場所と収納の両方をここに確保しました。「収納」ってただ綺麗にしまうだけじゃなくて、使うときにどれだけ楽に出せるかというのも重要だなーと今さらですがつくづく。マイホームだけでなく以前住んでいた賃貸でも、お雛様を飾る場所と収納しておく場所が遠くて、毎年出すのが面倒でした。
お正月のお飾りも同じところにしまっているので、今年はお雛様だけでなく、お正月飾りもサッと出すことができましたよ。

MediaCenter2

お雛様の収納の反対側にある浅くて背の高い部分(↑)は、DVDやCD用に作りました。入れる物を測ってデザインしたので奥行きは気持ちいほどピッタリですが、全部収まりませんでした。未だにVHSムービーなんて持っているので、それらを処分すれば全部収まるんだけど、上の子供たちが幼いころ、飽きることなくなんどもなんども繰り返して観た映画なので、なんとなく処分できないでいます。

ちなみに、我が家にはひな祭りの飾りがあと3つ。

ohinasama_2

上はハワイに住んでいた頃に買ったPrecious Moments のお雛様。写真では反射するので外しましたが、実際はガラスケース入り。

ohinasama_3

上は瀬戸物やさんの織部の。そこで働く友達がプレゼントしてくれました。が、なんと落としてしまいました。涙・・・手前に映っているのが欠片。あとで糊付けしないと!

そして最後は母の手作り吊るし雛。さっき母と話していて思い出しました。早く出さないと〜!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...