レンジを買う日の為のメモ/憧れのキッチン

マイホームを持つ前から「レンジはぜったいにSMEG!」と想い焦がれていたのだけど・・・

SMEG_C36GGXU

世の中いろんなレンジがあるので目移りします。
キッチンの横にランドリールームを増築する計画があって、その際キッチンもまとめてリモデルを予定しているのですが、もう待ちきれなくて、大分前から電化製品をチェックしてます。
上のSMEG は36インチ幅。一般的なのは30インチなので、小さな我が家には大き過ぎるかな。でも48インチ幅なんてのもあるんですよ。

既に終了した大学の「住宅用カスタム・キャビネタリー」コースの最終日が遠足で、Ferguson という電化製品屋さんへ行ってきました。

ferguson1

店内を回るほんの1時間半ほどの遠足だったのですが、ストアマネージャーさんに電化製品の最新テクノロジーや流行、加えて先生からはキャビネットと電化製品の密接な関係を聞くことができました。

冷蔵庫やディッシュウォッシャーのドアに、キッチンキャビネットと同じドアを付けたり、オーブンをキャビネットに入れ込むウォールオーブンなど、カスタマイズするオプションは無限ですが、私は電化製品は見えていい派だし、レンジもフリースタンドのタイプが好きかな。

ferguson2

上の電化製品はViking と言う会社のもの。建築やインテリア系雑誌の統計によると、この電化製品が入っているだけで家の価値が平均5%上がるんですって。そんな上等なレンジなのに、換気扇が電子レンジとのコンビタイプってどうなのよ?って突っ込みたかった。ちなみにマイホームを買ったとき、我が家にもギットギトの換気扇付き電子レンジが付いてました。

ferguson

上の写真はSub Zero の冷蔵庫。$16000。こちらもViking 同様、家の価値をあげてくれるという高級冷蔵庫。でも家のサイズもろもろと釣り合ってないとおかしいよね。
カスタム・キャビネタリーの先生は、いつもこんな冷蔵庫を入れるお金持ちクライアントの仕事をしているので、夢中になって語る先生に、生徒の私たちは無言になってしまったり、しらけてしまうこともしばしば。

私がこの遠足でちょっぴり気になったのは、WOLFのレンジ(↓)。

ferguston4

どうやらWOLF とSub Zero を作っているのは同じ会社らしく、ウェブサイトが同じです。冷蔵庫がSub Zero でレンジやマイクロウェーブのシリーズをWOLF と呼ぶのかな?

このお店にはなかったけど、BERTAZZONIや、GEのカフェレンジもちょっぴり気になります。

ちなみに。今いいなーと思うキッチンキャビネットは、家具っぽいディテールのものや・・・

kichen1

シンプルで飽きのこなそうなものなど。

kitchen2

どっちにしても木の素材で暖かみのあるキッチンに憧れるこのごろです。
(キッチン画像はクリックで、画像をお借りしたサイトへ飛びます。)

下の写真は数年前House Beautiful で見つけたZen Kitchenと題した和風キッチン。

kitchen3

キャビネットのドアがスライド式というのは、狭いキッチンにはいいアイデア。ステンレスのカウンタートップも清潔感あるしメンテナンスが楽そうです。

ホームショップ(ガレージ工房)完成 〜後編〜

完成(?)したガレージ工房の後編です。
前編のウッドパネルを張った壁側は主に機械類を置いてあるのですが、こちら側はキャビネットが中心。

まずは木工旋盤とその台。

ガレージの一番外側に配置して、作業中は中側から扇風機を回し、ドライブウェイに木屑を飛ばすようにしています。上の写真は大分前にInstagram に載せたキレイな状態の時のもの。今は製作途中の器が旋盤に付いていて周辺がごった返しているので、とてもじゃないけどお見せできない状態です。
旋盤の台の材料は買いたくなかったので、他のプロジェクトの余り材で使えるものを回して作っています。材料費をケチるといつまでたってもでき上がらないのだけど、これはどうしてもケチりたかった。でも旋盤がグワングワンしてもびくともしないので、余り材の集合でも目的を果たしてくれています。

さて次。
右へ進むとこんな感じ(↓)。

garage1

壁は裸状態だったのを、息子がテキスチャーとペンキ塗りを頑張ってくれたので、すっきりキレイになりました。(その時の記事→ホームショップ作りの続き。)
キャビネットは去年の夏に作り出し、先日やっと最後1セットのドアを作りました。
キャビネットの足は、旋盤で色んな形のスピンドルを作り、ゴールドにスプレーペイントしてはめ込んでいます。
キャビネットのドアの丸穴にも、旋盤で取っ手を作って埋め込む予定です。穴のままでもいいんだけど、木屑やホコリが入り易いんですよね。
低いキャビネットの上に乗っている白いメラミン材は、カウンタートップとしては薄過ぎるので仮の物です。秋には丈夫なカウンタートップを作って取り替える予定。

garage2

ペグボードはもともとあった物をピンクに塗りました。
左上に引っかかっているバブルヘッドみたいなのが、ウッドターニング用のフェイス・シールド。これをかぶって旋盤を回しています。
低いキャビネットの中には色んなツールがぎっしり入ってるのですが、1つはドアじゃなくて引き出しにすれば良かったなーと後悔。その内変えるかも。
それとウッドターニング用のツール棚を作って、壁に設置したい。と言うのは、年代物のウッドターニング・ツールをこんなにもらってしまったのです(↓)。

旋盤を回している最中に、ツールをサッと選んで、使い終わったらサッと戻せるような棚がいいなー。

garage3

そして背の高いキャビネット。
このすぐ右に見えるのはトレッドミルです。「ここで毎晩走ってます。」って言いたい。本当は全然使ってないです。恥

ちなみに天井。
ここも家の中と同じくポップコーン・シーリングだったので、全部剥がしました。天井のテキスチャーづけはこりごりなので、その内プロのドライウォール屋さんにお願いしてキレイにしてもらおうと思っています。

そしてシンク。
以前ホームショップ作りの続きという記事にも書きましたが、もともとあった陶器製のシンクを壊してしまったので、新しい物を買ってきて手作りしたキャビネットにはめました。

garage4

このドアノブも旋盤で手作りする予定。
赤いゴミ箱は、オイル系仕上げ剤を使ったラグなどが万が一発火した時に、火事を防いでくれるゴミ箱です。と言っても私はちゃんと乾かしてからゴミ箱へ入れるので発火の心配はないのですが、念には念を。

以上、ガレージ工房でした。
実はまだまだ細かい作業がたくさん残っているので「完成!」とは言えないのですが、とりあえず物作りができる状態になり嬉しいです。

ビルトイン用引き出し作り/陸上大会の記録

先週はビルトイン(造り付け)用キャビネットの引き出しを作りました。

Hall Bath(子供たちのバスルーム)のバニティー(洗面台)に3コ。リネンクローゼットに3コ。そしてMaster Bath (マスターバス)のバニティーに1コ。全部で7コの引き出しを一気に製作です。

リネンクローゼットの引き出し
リネンクローゼットの引き出し

廊下の突き当たり(末っ子の部屋の目の前)にある小さなリネンクローゼットに、早速作った引き出しを入れてみました(↑)。

去年5月の家のプロジェクトなどという記事にも載せましたが、古いクローゼットを壊し、新しいクローゼットの本体を入れた時はこんなでした(↓)。

今回はメープルのプライウッドで作った引き出しに、わざとウォルナットのダボを入れてコントラストを付けてみました(↓)。

リネンクローゼットの引き出し
リネンクローゼットの引き出し

さて次は引き出しのフェイスと、このクローゼットの上部用ドアを製作予定です。
近い内に完成図をアップできるよう頑張ります。

余談。
今週末は息子の陸上大会でした。
サッカーのオフシーズンの体力作りとして陸上クラブに入ったのですが、毎日の厳しいトレーニングにもめげず、一生懸命頑張っています。

陸上大会
陸上大会

ちゃんとした陸上大会は初めてだったのですが、サッカーの試合と違って会場にいる時間が長い!トータル10時間いたので、7歳児の末っ子は文句タレタレでした。暇つぶし対策を練らなくちゃ。

陸上大会
陸上大会

クラブの先輩と(↑)。

400メートル走での息子(写真下右↓)。

陸上大会
陸上大会

コーチのお陰で、運動音痴な私でも一目見て分かるほど、走るフォームがキレイになってきました。でもカーブではもっと内側に倒れろとか、レーンの内側の線に沿って走れとか・・・反省点がいっぱいだったそう。
が、結果は400メートル走年齢別で1位。
200メートル走は2位。

陸上大会
陸上大会

200メートル走の後(↑)。コーチに指示を受けるの図。

1600メートルリレーにも出場予定だったのだけど、大会が長引き過ぎてキャンセルになってしまいました。上の写真、薄暗いでしょう?日が落ちて、ほとんどの人がいなくなった頃にやっと200メートル走だったんです。息子本人は朝7:30にチェックインしてからなんと12時間!
夏まで続く陸上シーズン。私たち応援組もエネルギー付けないと。

Leckerlee 缶とビンテージティーポットの話し

今日はなんてことのない、「興奮したわりには、結果なし」みたいなクダらない記事です。

去年のホリデーシーズンに買いそびれて、今年こそは見逃さないようにとEニュースレターにも登録しておいたLeckerlee のクッキー。
Lebkuchen(レブクーヘン=ドイツのジンジャーブレッドクッキー)がどうしても食べたいとかいうんじゃなくて、缶が欲しいんです。ただそれだけ(笑)。日本では缶が目当てで何かを購入することを「缶買い」っていうんですよね?
そして10月の半ばごろ、「今年も時期がやってきました。11月に販売開始です!」なんてメールがLeckerlee から送られてきたので、久しぶりにウェブサイトを訪れてみたら・・・

leckerlee
*上のキャビネットの写真はLeckerlee のロケーションページより。

うゎー、やっぱり可愛い。このカラフル感がたまらないです。
そして棚にディスプレイされているティーポットたちもステキ。特に上から2段目の棚のグリーンの。シルバー&ブラックのコンビのもいい。
2年前にマイホームを買って引っ越してきたとき、従兄弟の結婚式でもらった素敵なブルーの南部鉄器ティーポットがないことに気が付き、探しても探しても出てこないので、諦めて新しいのを探そうと思っていたんだ。・・・という言い訳付きで、上の写真のようなビンテージ調ティーポット探しに火がつきました。
ラグやタイル探しとかと同じで、理想に近いもの探しが何ヶ月も何年も続くのかと思っていたら、偶然にも上の写真と全く同じグリーンのビンテージティーポットをeBay で発見。「有名ブランドが19◯◯年に出した◯◯」とか言うんじゃない限り、ビンテージで同じ物に出会う確率ってとっても低いですよね?
ちょっと悩んだのだけど、「誰かに買われちゃう前に!」と思ってやっぱり購入。悩むほどの値段でもなかったのですけどね。

vintage teapot

そして届きました。
・・・が残念なことに欠けてるんです。2カ所も。売り手さんは「完璧な状態です。」って言ってたのに。早速メールをしてみたら、「欠けてるの、気が付きませんでした。返金します。」ってすぐに対応してくれたのでホッとしました。
でもこのティーポット自体はやっぱり可愛いので、ガッカリです。
メーカー名は分かりませんが日本製。

ちなみに。未だにLeckerlee 買ってません。笑
1缶5枚のLebkuchen 入りで$30と高め(1枚あたり$6!)。その上送料もかかるので、1年に1缶ずつ集めていこうかしらとか思ってるところです。
赤い缶だけはWilliams Sonoma で扱っているそうですよ。

ホームショップとマスターベッドの前進具合

ホームショップ(ガレージの作業場)、少しずつ進んでいます。
パワーツールもろもろの収納用にキャビネットを作って設置しました。ちょっとしたデスク作業もできるように、椅子が入るスペースも確保(↓)。

Garage in Progress

*壁のペグボードアート(?)は末っ子の似顔絵 by 息子。オレンジのエクステンションコードが彼女のクルクルヘアだそうです。フックを使って目と口。分かるかな?

大きな機械類も85%の注文が終わり、ぞくぞく到着したので組み立てを頑張っています。
先日FedEx の配達のお兄さんがガレージの目の前で落としたバンドソーも、メーカーさんが代わりのパーツを送ってきたのでなんとか直しました。機械関係は本当に苦手なのでドキドキしながらの修理でしたが、やろうと思えばどうにかなるものですね。

話しはガレージから家の中へ移り・・・。
まだまだ完成にはほど遠いマスターベッドルームのチラ見せ。

Love our new Belgian Linen Duvet cover.  #duvetcover #restorationhardware #bedroom #bedding #linen #belgianlinen #interior #homedecor #布団カバー #ベッドルーム #ベッド #リネン #インテリア #vsco #vscocam

壁にモロッカンなステンシルをしたのは5月だったので、もう半年!
すぐにベッドルームを丸ごと新調するつもりだったのに、放ったらかしでした。
最近になり、ずーっと目を付けていたRestoration Hardware のストーンウォッシュのベルギーリネンお布団カバーを購入。雰囲気も肌触りもサイコーです。が、ダーリンはテキトーに買ったCrate & Barrel のBelo シーツセットを絶賛しています。

壁だけでなくラグ(写真下左)やスロー(写真下右)も柄物で、モロッカンチックにパターンのレイヤー化をしてみました。

Master Bedroom Patterns

ラグはもう半年以上も前にベッドのダーリン側用に買ったトルコラグ(ランナー)ですが、ダーリン曰く「朝起きた時の最初の1歩を踏むには薄過ぎる。」そうです。どんだけすごい一歩を踏むんだ。
パターンのレイヤー化は気に入ってるのですが、この小さなベッドルームが余計に狭く感じるなというのが本当のところなので、もう少し落ち着いたラグを買い直すつもりです。最初の1歩にふさわしい厚めのものを。笑

ちなみに。
半年ほど前にDesign Sponge で紹介されたJessie Webster さんのインテリアのベッドルームがすっごく好み。

2jesse

ベッドルームに限らず家全体がステキにコーディネートされているのに、色使いも雰囲気もとてもカジュアルでアットホームな感じがいいインテリアなんです。

彼女のダイニングルームもいいんですよー(写真下)。

1jesse

さて今週末も、ホームショップの完成に向けて頑張ります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...