Pottery Barn風コルクボード

姉の家へはコンソールテーブルの他にコルクボードもデリバリーしました。

1月は姪の誕生日だったのですが、何が欲しいか聞いたらコルクボードと。いつもはファッション系の物が多いのでメズラシ〜。どこで買えるかなと検索したら、真っ先に目に付いたのがPB Teen(Pottery Barn のティーン専門ショップ)でした。見つけたのはこちら(↓)。

Classic Frame Corkboard
お値段269ドル。探してたときはセール中で209ドルとかだったんですけどね、それにしても高すぎじゃないですか。そんな経緯があって、コルクさえ見つかれば作ってプレゼントするよということになったのです。
でもネットで見つけたコルクはいいレビューのものがありませんでした。しょうがなくHome Depot へ見に行ったのですが、コルクのプツプツが大きいし、画鋲を刺したら穴がしっかり残ってしまうようなスカスカしたものしかなく、、、。そしたらなんといつもの材木屋さんで売ってました。どんなコルクがいいとか悪いとか分からないのだけど、材木屋さんのはプツプツが細かくていい感じ。裏側に1/4インチのMDF材を糊付けして頑丈にしました。

サイズは姪指定の20x30インチ。50x76センチぐらいです。
フレームはPB Teen っぽく、モールディングをデコレーションで付けました。色も姪指定でホワイト。

写真は私のデスクで撮ったもので縦に置いてますが、姪は横長で壁に引っ掛けるそうなので、裏のフックはその様に付けておきました。
コルクボードのオバマさんの写真は、オバマさんが大統領だったときのフォトグラファー、Pete Souza さんの本「Obama: An Intimate Portrait」を買った人で希望者にプレゼントしてくれた写真です。無料でプレゼントしてくれる上に送料も払ってくれるなんて太っ腹だわ。

さて姪はどんなものをこのコルクボードにピンするのかな。大学のスケジュールとか、ファッション雑誌の切り抜きとか、ボーイフレンドの写真とかじゃないかと勝手に想像してます。

藍染めワークショップへ

近所のAさんにお誘いいただいて、藍染めワークショップへ参加してきました。

まずは染めたくない部分(デザインになる部分)を縫ったり折ったり結んだり、、、。

上はこのワークショップが4〜5回目だという方が、布を糸でぐるぐる巻きにしている最中。
私は折り畳んで結ぶだけの簡単な準備で済むデザインに(↓)。

これは自宅にあるIKEAカーテンを短く切った時に余った布です。これで細長いアクセントピロ(クッション)を作るというプラン。
この後ゴム手袋をして藍に手を入れてしまうので携帯を触れず、染めたり広げたりを繰り返す作業は一切写真が撮れませんでした。

最後はお水に漬けて紐を切るのですが、現れる模様に感動しました(↑)。清々しいインディゴブルーと白のコントラストに目が覚める!

他のみなさんのもキレイに染まりました♪

アクセントピロにするまでは、タペストリーの様に壁に吊るしておこうと思います。

藍染めで色々なものが欲しくなりますね〜。
藍染めを教えてくれた先生は、日本の「こんなところに日本人」という番組で登場したエルサルバドルで藍染めをしている人に会いに行って教えてもらったんですって。ワクワクするお話しも聞きながら美味しいランチまでいただいて、楽しいひとときでした。

ウォルナットのテーブルスプーン

先日新しい方法で研いでみたフックナイフを使って作ったウォルナットのスプーンが完成。

上は器部分を削ったあとにバンドソーでスプーンの形に切ったところ。

チェリーの方は以前作ったテーブルスプーンで、もう1年ぐらい使っています。今回作ったウォルナットのスプーンもテーブルスプーンとして作ったのですが、器部分から持ち手への角度を変えて作りました。上の写真でスプーンの横顔の違いが分かると思います。
使いやすさや持ちやすさは実際に使って比べようと思っていますが、見た目はチェリーのスプーンの角度の方がいいな〜。

後ろ姿。

オイルを3コートほど塗って、洗って。
ダーリンにあげました。

オリーブの小さな木箱/バラの根っこ

オリーブの小さな木箱ができました。
お塩などを入れて、キッチンカウンターに置いておくソルトセラーみたいなのを作ったつもりですが、他にもいろいろな使い方がありそう。

SmallBox2

本体がオリーブで、蓋はウォルナットです。
幅は一番広い底部分で6.4センチ。

SmallBox

手に乗せた画像の方が、小ささが分かりやすいでしょうか。
蓋作りを2回も失敗したのですが、3回目にして気持ちいいぐらい理想のフィットにできあがりました♪
バラエティに富んだ木種を使って、形も微妙に変えて、こんなのを10コぐらいクラフトフェアに持っていきたいな〜と思いながら作った小さな木箱、第1号です。

HedgeRoses_roots

さて。我が家のバラの季節がほぼ終わりに近づき寂しくなり、2週間ほど前にオンラインでバラを注文しました。欲しいバラが売り切れだったので、「今日だけ1コ買うと1コおまけ!」というセールの対象だったシンプリシティ・ヘッジ・ローズ(Simplicity Hedge Roses)というバラをゲット。おまけ大好きです。

HedgeRoses2

今日届きました。
これを温かいお湯に12〜24時間漬けてから植えましょうと書いてあったので、バケツにドンッ!

v1901

ダメにしなければ、上の写真みたいな小ぶりでピンク色のバラが咲くみたいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...