クローゼットドアのペンキ塗り

ランドリールームにある小さなクローゼットのドアを塗りました。ペンキ塗りが嫌だというのもあるのだけど、ドアを一人で取り外せないので、夏休みで息子がいる今になってしまいました。

このドアには家の外壁みたいなグリーンを塗るのもいいかなって思ったのだけど、なかなか決心つかないのでやっぱり白。

あとランドリールームへのポケットドアやバスルームへのドアのフレームも塗らなきゃいけなくて、あ〜メンドウ。しかもフレームの上部にビルダーさんの間違えで起きてしまった余計な部分の修正とかしなくちゃいけなくて、気が重い。でもビルダーさんには「これでもかっ!」ってぐらい苦情言って、残っていた支払いを踏み倒したので、スッキリはしてるんですけどね。

ペンキ塗りが終了したので、とーっくのとーに買ってあったKwiksetの黒いドアノブをやっと取り付けることができました。ハードウェア系はやっぱり黒だと空間がぐっと締まるな、ってつくづく。
このスリーパネルのシェーカースタイルドアもすっごく気に入ってます。

新しいクローゼットに棚を付けて整理整頓

増築でできた新しいクローゼットに、物の出し入れがしやすいよう棚を付ました。

4段とも壁に木の棒をネジで留めてプライウッドを乗せる式の棚にするつもりだったのだけど、上の2段は浅い棚のため、両サイドの木をネジで留める柱が壁の後ろにない様子だったので諦め、L字ブラケット式の棚に変更しました。

上2段は空きボトルや瓶、使っていないケトルや水切りカゴなど。
ランドリールームにあるクローゼットですが、とりあえず収納したのは今の時点でキッチンから溢れているものが多いです。でもキッチンにもっとキャビネットが増えるので、いずれ収納の方向性が変わる可能性が高いかな。

下2段は電気鍋などと、アイロン&洗濯用品。床スペースはヒーターとクーラーボックス。11年前に日本から引っ越してきたときに持ってきた物干し竿も。

裏のキャニオンに、鮮やかな色をした鳥を発見。

2〜3本の枝に止まった後、あっという間に飛び去っていきました。

今年の春はキャニオンから上がってくる虫の数も種類も多くて、ドアの開け閉めをチンタラやっていると家の中にまで入ってきてしまって嫌だったー。ここ10日間ぐらいで、やっと落ち着いてきたところです。

息子の部屋が白くなりました

あっと言う間に夏休みも終わり。我が家は今週から一人すでに登校しています。他2人はあと1週間ちょっとで開始。

夏休み中に(もう1ヶ月ぐらい前ですが)、息子がグリーンだったベッドルームを白く塗りました。気が長いと言うか、要領が悪いと言うか、、、こんな小さな部屋のペンキ塗りに4〜5日かけてました。

whiteroom_iz

私もグリーン好きだけど、息子が選んだグリーンは好きじゃなかったので、白に塗りたいと言ってくれて内心ほっ。どんなグリーンだったかはこちらからどうぞ

*ベッドを末っ子にあげて以来、床にお布団で寝ています。作らなくちゃいけないものがたくさんあるので、ベッド作りに着手するのは先になりそうです。それと、ベースモールディングの上がまだグリーンなのは、モールディングをもっと背の高いものに変えるからです。

drawerpulls

上の写真はここ数日かけて作った引き出しのプル(取っ手)。息子の部屋のビルトインクローゼットに取り付けるものです。あともう少しきれいにヤスったらオイルを塗って、クローゼットがいよいよ(やっと)完成です。

息子の部屋のビルトインクローゼット 〜製作開始〜

13年ほど使った日本製の小さなチェストでは洋服が入りきらなくなり、ここ数年息子の部屋は床に服が積み重なって置かれている状態でした。いくら「片付けなさい。」と言っても片付かなかったのはそのせいだった様子。日本製の無垢のチェストは、末っ子の部屋に移動して使っています

そして息子の部屋のごく普通のクローゼットだったスペースを利用して、ビルトイン(造り付け)のクローゼットを作っています。もともとは古臭い鏡のドアが付いていたのですが、入居してすぐに取り払いました。小さな小さな部屋なので、普通のクローゼットよりも造り付け家具の方が収納量が上がるし、自動的に整理整頓も上手になります。

BuiltinCloset_BoyRoom1

現在、上の写真の状態です。息子が春休みだった先月、2人で計3日間ぐらいかけてここまで進めました。

右の細長い部分が、ジャケットなどハンガーにかけるものの収納。大して寒くらならないサンディエゴだからこそ、こんなに細いハンガーのスペースで済むのだと思います。下にある棚は可動式で取り外し可。
左下は引き出し5段。引き出しが全部できあがったら、前板を付けます。
左上は棚スペース。これから可動式の棚を足します。
そして上のまだ何もない空間に、ドア付きの収納が乗ります。

右の細長い部分と、中間の棚スペースにはドアを付けません。というのはこのクローゼットのスペースは部屋のドアの後ろに位置しているので、クローゼットにドアを付けてしまうと、ぶつかりあってしまうのです。

BuiltinCloset_BoyRoom2

ドアを開けたときにクローゼットにぶつかったり、ドア同士がぶつかったりするのって、絶対に避けたいレイアウトだと思うのですが、予算上こうなってしまったのだと思います。賃貸でも「?」と思うレイアウトはいくつか経験してますが、こういうところはケチらないで欲しいです。

隣りの長女の部屋にも同じサイズのクローゼットスペースがあるので、ほぼ同じデザインでビルトインのクローゼットを作る予定ですが、そっちは部屋のドアがぶつからないので、クローゼットはドア付きを予定しています。

クローゼットの修理

ダイニング横にあるクローゼット。

fixed closet after water leak
水漏れでダメージをうけたクローゼットの修理

何事もなかったように見えますが、何事もなかったような状態になるまで時間がかかったので記録に残します。

入居してすぐ(2年4ヶ月前)、水漏れでこのクローゼット周辺の壁が濡れてしまい、下から60センチぐらいのドライウォールを取り替える羽目になりました。
クローゼットの外側の壁は大分前に直したのですが、内側は反対側にあるバスルームのリモデルのために開けておいた方が便利だろうということで、しばらくそのまま。やっと修正作業に取りかかったのが去年の10月。

fixing closet
水漏れでダメージを受けたクローゼットの修理

上の写真がその時のもの。末っ子におせっかいな指示を受けながら壁をはめ込むダーリン。現場監督気取りはママの真似でしょう。笑

チャチャチャッとテキスチャー付けてペンキ塗って終了かと思ったら、ダーリンまさかの放置。テキスチャー(joint compound)が上手くいかなくて息子を使ったりしてましたけど、その後また放置。待てど暮らせど進める様子がなかったので、しょうがなく私が毎日チミチミと進めて仕上げました。
ドアまわりのフレームも、ベッドルームのドアフレームに合わせて取り替えましたよ。
家中の壁にノックダウンというテキスチャーが付いているので、新しくした壁部分のテキスチャーがマッチしないのが正直ひっかかるのだけど、とりあえずクローゼットが完成してホッとしています。

話し飛びます。
先週末は息子のサッカーのシーズンフィナーレ的なトーナメントで、車で2時間半北上するApple Valley(アップルバレー)というタウンへ行きました。

apple valley, ca
Apple Valley, CA

High Desert と言って標高が高い砂漠エリアで、慣れるまでは耳が痛い。
上の写真はサッカーフィールドのちょっと先で、モコモコの後ろにコヨーテ家族が潜んでますよ。

apple valley, ca
Apple Valley, CA

ホテルを取らなかったので2日間通うのがキツかったけど、初めて行く土地というのは景色が楽しい。昔観た映画「バグダッドカフェ」の I am calling you ♬ がリプレイで頭の中を流れ、砂漠気分に浸りました。

これにてサッカーシーズン終了。息子はクラブサッカーは今年初めてで(過去4年間はAYSO = American Youth Soccer Organization)、目の回るスケジュールに嫌気がさした時期もありましたが、終ってしまうと何だか寂しいかな。
サッカーのオフシーズン中は本人希望で陸上クラブに入り、すでに練習の日々が始まっています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...