コンソールテーブル完成&配達

姉ファミリーから注文のコンソールテーブルが完成しました。コンソールテーブル製作中の記事はこちらから。

そして配達してきました〜。
久しぶりにラブラドールのリオに会ったら、すっかり大人になって落ち着いてました。もう3歳。モデル頼んだら、あっさり写真に入ってくれました。実はこの子、姉ファミリーのところにやってくる前(生まれてすぐ)は本当にモデルだったんですよ〜。ハリウッドモデル。そのせいかどうかは分からないけど、「はい、そこ座って♪」だけで、あっさりポーズとってくれました。プロです。

テーブルトップは浮いているように見える「フローティングトップ」。テーブルトップの下とエプロンの上の間に丸みを付け、間の暗闇に気を引くデザインにしました。自分では「私らしくない」と思うモダンなデザインなのですが、シンプル&ディテールのコンビに惹かれるので、これはこれで好きです。

テーブル上の器(オリーブ)は写真用に持って行ったもので、姉にあげてません。笑
壁の手ぬぐいアートは数年前にプレゼントしたもので、フレームはそれ用に作ってと頼まれて作ったもの。それがメープル材だったので、今回のコンソールテーブルもメープルで合わせてねというリクエストだったのです。

このテーブルはお雛様を飾る台の役目も果たすサイズになっています。
そんなこともあって今週末にはどうしても届けたかったので、間に合ってホッとしました。

コンソールテーブル製作中

姉家族からの注文で、シンプルなコンソールテーブルを作っています。

日本ではあまり馴染みのない「コンソールテーブル」ですが、ソファの後ろや壁などに寄せてデコレーションをするテーブルです。エントランスのスペースに置かれることが多いので、もしかしたら日本でいう「下駄箱の上」みたいな感覚があるんじゃないかな。飾り付けをするためのテーブルと考えると大した機能はないように感じますが、玄関入ってすぐに鍵などを置けるし、日本でも下駄箱上に草花や置き物で素敵にスタイリングしてフォーカルポイントを作る方もいますよね。

上はBria Hammelさんというインテリアデザイナーのブログより。

姉がコンソールテーブルを置きたいスペースもエントランスらしいのですが、市販のコンソールテーブルで条件が合うサイズのものがどこを探してもなかったらしいです。それもそのはず、幅は40インチ(102センチ)以内という指定で、一般のコンソールテーブルよりはるかに狭め。
木材も姉からの指定で、メープル。形は「シンプル」というリクエスト。シンプルな中にも、私のアイデアで小さなディテールを入れました。出来上がったらアップします。

家具やキャビネット作りの木材は、The Hardwood & Hardwareという材木屋さんで購入します。略してTH&H(ティー、エイチ、アンド、ティー)と呼ぶのですが、軍の木工所で木工をしていたころに、ボスのケンさんがHT&T(エイチ、ティー、アンド、ティー)って呼び間違えるので、私が毎回直してた。なつかし〜。

スティック状の黒檀。炭と間違えてバーベキューに使っちゃいそう。

背の高〜い木製キリンさん。

フェスツールのセクションが設けられています。全部欲しい。

置いておく場所がないのに、ついつい必要のない木材まで買いたくなります(買っちゃう時もあります)。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...