ペーパーコードのスツール完成

サンディエゴは40度を超える日々が去り、最高気温が20度を切るシーズン到来。一気に寒くなりました。今年の初薪ストーブはいつになるかな。

どんどん編み進めていたペーパーコードのスツールを、やはり作り直しました。

スツールを組み立てながらすでに気になっていたことがあったのですが、編み始めてから出てくる「あー、ここはこうしておけばよかった。」と気がつく木工面の具合もあり、さらにはペーパーコードの編み具合も気になりだして、、、。結果、思い切って作り直してよかった。すぐにやり直したことで、再確認できました。

ホワイトオークを旋盤で挽いて作ったサポートの部分は、ちょっとデザインを変えてみました。こんなに小さなことでも意味があったみたいで、全体的にしっくりくる感じ。気に入っています。

座面のペーパーコードも、やっぱりカーブがあるとペーパーコードが横に流れていってしまって難しいのだけど、この間のよりは丁寧に編み上げれた。次回はもっとキレイに!目指すぞ。

ペーパーコードのスツール 〜座面あみあみ〜

サンディエゴは気温が上がったり下がったり。先週末の最高気温36℃も十分暑かったですが、今週は40℃の予報がついてる日もあります。なのに21℃なんて日もあるので、もうちんぷんかんぶん。
そんな極端な天候が続いているせいかどうかは分かりませんが、末っ子が肺炎になってしまいました。日本行きも延期。

先週の日中は、カウチで横になる末っ子を見守りながら、ペーパーコードのスツールの座面を編んでいました。

前夜に手袋をしないで編み出したのですが、分かってはいたけど手が真っ赤っかに。アイスパックで冷やしてから寝たので大事にはならなかったけど、ヒリヒリ痛かった〜。あみあみ系作業はいろいろやってきましたが、ペーパーコード編みは他と比べ物にならない痛みです。持っている男性用ゴルフ手袋が大きく、付けると作業がしずらくなると言う理由でついつい避けたくなったりするのですが、この痛さは半端じゃないので近々女性用を買おうと思います。

初めての試みで座面にカーブを付けました。これで座り心地にどれだけの変化があるのか半信半疑でしたが、違うものですねー。お尻が馴染みます。ほんのちょっとの手間だけど、かけるだけの甲斐がありました。
反対に、カーブを付けたことでペーパーコードを綺麗に整列させるのが難しくなったような気がします。もっともっと細心の注意を払って編むべきだったと反省。木工作業の面でも反省点があるので、作り直そうかな。

木工旋盤で作る器などもそうですが、こうして我が家では成功作と失敗作の間をさまよう微妙な木工品が増えていきます。

レッドマリーの木 〜ナンタケットバスケットのウッドベースに〜

「ゴージャス〜♪」と思ってだいぶ前に買っておいたレッドマリー(Red Mallee)の小さなバール杢。レッドマリーの日本語名はなんだろう?ネットで調べたらユーカリ科のようです。

日本でナンタケットバスケットを編んでいる方から、変わった木でウッドベースをというご注文をいただいたので、レッドマリーの出番です。もちろん自分にもウッドベースを1枚確保します。

バンドソーでスライスしてドラムサンダーにかけたら、なんとも贅沢なバール杢が現れました。バンドソーで切った感覚は、過去に扱ったことのあるユーカリと同じで「硬め」。

一番右側のは赤いのでレッドマリーという名が理解できるのですが、左2つは黄色。でも買った時には両方レッドマリーというラベルが付いていました。イエローマリーなんてのもあるのかな?

裏(↓)。

ご注文用ベースのテンプレートに合わせて、どこら辺を使えば一番キレイな表情がでるか考えます。

お水をかけて、仕上げを塗った時の状態を想像する(↓)。

リッチな色になって、ますますゴージャス!
バスケットの木のパーツは仕上げを塗らずにお送りしてますが、レッドマリーにはオイル系が良いですよ。

数日前にiPhoneで撮ったビデオ(↓)。
夕日の光が裏庭キャニオンからユーカリの木のシルエットを家の中に運んできます。

壁にこのキラキラを見れる日は、なんだか得した気分。

20周年アニバーサリーの週末

9月はマイホーム購入アニバーサリー。もうこの家で6年が過ぎました。
そして結婚20周年を迎えました。
2人だけで旅行でもと言ってたはずが、息子の用事とサッカーの試合で両日忙しいことが分かり予定変更。せめてファンシーなディナーでもと探してはみたものの、ふつーのレストランで終わりました。笑

お花はアニバーサリー用だったのか?たまに買ってきてくれるので、いつものサプライズだったのか分かりませんが、何日も早かった。どちらにせよアニバーサリーとか関係なく、日々大事に大事にされて生きてます。「私の忍耐で20年続いたよね。」なんてダーリンには言ってみたけど。笑
開ききって花びらが落ちる寸前のギリギリを写真に収めました。

土曜日は高校生の息子の用事で、早朝から久しぶりにバルボアパーク周辺へ行ったのですが、初めて見るカフェがあったので入ってみました。店名はCommunal Coffee

外壁に大きくCoffee + Flowersと書いてあるだけあり、中はコーヒーショップだけでなくてお花屋さんでもあります。雑貨も売ってるので、ギフトショップでもあります。私の木工品置いてくれないかな?ってちょっぴり思いました。

忙しい十字路というロケーションもあるとは思うけど、お花屋さん付きのコーヒーショップは可愛いからか大人気。注文したラテが出てくるのに妙に時間かかったけど、お花でリースを作ってる店員さんに見入ってしまったので、それほど「待たされた」感はなかったです。このエアリーな雰囲気に釣られて、近かったらツイツイ通ってしまう人の気持ちが分かるな。

近くにコミュニティカレッジがあるけど徒歩圏ではない記憶が。でも勉強してるっぽい若者が多かったです。

遠くからでもちゃっかりカメラ目線の末っ子(↓)。

ハートのアートなラテが私の(↓)。ラベンダーラテとかいう名前だったかな。なかなか美味しかったです。それと写真はないけどクロワッサン!とっても美味しかった。

外はこ〜んな感じ。

この後近くでランチをしようとなり、Yelp で見つけたPop Pie へ。スイーツ系パイも売ってますが、チキンポットパイとかのご飯系パイのお店です。

それぞれ違うポットパイを注文。私はラテとクロワッサンの後だったのでパス。でも末っ子のチキンポットパイを味見したら「・・・」。私の手作りポットパイのが美味しいー。

南部のポットパイを西海岸の清々しい雰囲気で売ってるのは素敵なんだけど、お味は残念でした。でも私たちが帰るころには満席。Yelp のレビューも妙にいい。ふしぎ。

そんないつもと変わりない、アニバーサリー・ウィークエンドでした。

キッチンドアの窓枠をブラックに

キッチンドア(勝手口)の内側の窓枠をブラックに塗りました。

キュッとしまった感じになってウレシい。
今まではどんなだったかと言うと、こんなでした(↓)。

このドアの外側の窓枠はすでにブラックに塗ってあるのですが、ペンキが付いちゃいけない部分はテープを貼ったりして準備をするのが面倒だったので、窓枠をドアから取り外してスプレーペイントすることに。できれば外側の窓枠もスプレーペイントで塗りなおしたかったのですが、外れたのは内側だけ。真ん中に挟まられているガラスも外側の窓枠に糊付けされてて外れませんでした。

上の写真は内側の窓枠が取れて、ドアを横に寝かせた状態。こうして見ると分かると思うのですが、外側の窓枠の裏側が白いままで、さらには塗った黒いペンキが滲んでたりしています。これが内側から見えてイヤなのですが、外れないからどうしようもできない、、、。すっごく気になるんだけど、見て見ないふりするしかなさそう、、、。

外れた内側の窓枠は両面セミグロスのスプレーペイントで数コート塗りました。こういう細かい部分は、取り外してスプレーペイントが楽ですね〜。

ドアのフレームとドアの内側はブラシとローラーで白く塗りました。

ドアが白く塗れたら、スプレー塗りした窓枠を元通りはめ込み、、、

ドアをまたインストールしなおしたら出来上がり〜!

今日の皆既日食をネガで見ていたら、近所のお兄さんがすっ飛んできてくれて「これで見ろー!」と専用メガネを貸してくれました。太陽が三日月状態で、不思議でした。あと暗くはならなかったのだけど、真昼間なのになーんとなくフィルムがかかったかのような明るさ、というか暗さで、不思議な感じがしました。
サンディエゴは朝晩冷えてきて、もう秋です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...