アンティークショップ「Futura」

futura1

今週は、先日ウッドターニングのお仕事をさせてもらったAntiques by Futura さんへ行ってきました。

Futura2

Santee というエリアです。

裏の作業場で従業員の方たちを紹介してもらい、あれこれ会話をしたあと店内を見させてもらいました。

futura3

撮影の許可を得たので、iPhoneですがたくさん写真を撮ってきましたよ。

futura4

futura5

大きな家具たちに負けず、小物類も所狭しといっぱい並んでました。

futura9

と、ここまでは1階。これだけでも想像以上に大きいと思ったのですが、なんと2階も。

futura6

futura7

こういう家具のスタイルが好きな人には、たまらないショップなんじゃないかなー。

futura8

このカップ&ソーサーかわいい〜♪

売り物家具の修理以外だけでなく、壊れた家具の修理依頼も受け付けているようです。

ぜんぜん関係ないんですけどね、先週末の息子の陸上大会の会場横で出会ったお馬さん。

horsey

子供たちが柵越しに「ハロー!」って呼んでたら、オーナーの方がこのコを近くまで連れてきてくれました。テキサスのどこかから、先週サンディエゴへ引っ越してきたばかりだそうです。目が可愛かった!馬いいな〜。

ファミリールーム→オフィス

先週末は気温が28℃にも及びました。ガレージがモワッと暑かったです。同時にデイライトセービング(夏時間)が始まり、夏はもうすぐそこな気分!今週末は31℃なんて予報が出てますよ。

マーケット
マーケット

1時間進んだので、息子の陸上クラブの待ち時間に夕日を見ることができなくなりました。その代わりまだ明るいので、横のマーケットを散歩がてらプラプラできます。
週1回オープンするしょぼい青空マーケットですが、フルーツや野菜の形の悪いのが安く買えるのです。この日の収穫は、アボカドを4個で$1。大きなイチゴがごろごろ入ったパック$2.50。イチゴを丸々1コ試食させてくれる太っ腹なお店でした♪
そして上の写真右下のチリモヤ!お値段は1コ$1ちょっと。メキシカンのおばさんに「これは2日ぐらいでピークに熟す感じだから、そのころ食べるのがベストね。」と言われたので、2日待ってから冷凍庫で冷やして食べました。私はアボカドみたいにまっぷたつに切ってスプーンですくって食べるのですが、ジェラートみたいにとろっとろな食感になって美味しいんですよ!

本題です。
我が家にはファミリールームというのがあります。ブログにカテゴリーがないので、この部屋のことを書いたのは初めてかも。(近々カテゴリー足します。)
サイズは12x12フィート(3.6メートル x 3.6メートル)ぐらいで小さいですが、デスクや本棚を置いてオフィスのように使うのにちょうど良く、この部屋があって助かっています。未完成の手作り家具もこの部屋にあります。
ここもリビングやダイニング同様、天井がどんどん高くなるVaulted Ceiling の作り。

office
オフィス

床やベースモールディングの新調作業は既に終っていて、この部屋はちょっとした作業を残してほぼ完成。そこで、やっとカーテンを付けることにしました。
上の写真は数週間前にカーテンロッドとIKEA のカーテンを取り付けた時のもの。

この部屋はお昼近くに日が入り出し、午後は家具も床も焼ける!と思うほどの光りです。最近なーんとなく本当に家具が焼けてきてしまった気がしてたので、これからはカーテンで日焼けを防ぎます。

ikea curtains in family room
IKEA のカーテン in オフィス

IKEA のカーテンはかなり長かったので、切って縫い直しました。

そして窓の方はバンブー製のローマンシェードにしたくて、無料サンプルを取り寄せてみました。

ローマンシェードのサンプル
ローマンシェードのサンプル

要するにスダレなのですが、編み方、バンブーの色、糸の色など豊富で迷います。名前がKyoto Brown (京都のブラウン)というスダレもあって、アメリカ人の想像する京都はこんな茶色なんだ・・・なんて思ったり。

roman shade in office
ローマンシェード in オフィス

結局オーダーしたのはOriental Ginger というスタイルのもの。
早速取り付けてみました(写真上)。
茶色が濃過ぎず薄過ぎず、気に入ってます。

カーテンやシェードを付ける前は、夜になると真っ暗(真っ黒!)になる裏庭のキャニオンが見えて恐ろしかったので、やっとホッとできる雰囲気になって嬉しいです。

この窓にはまだウィンドーシル(窓の下枠)を作っていないので、近々作って取り付けようと思います。
あとは前のオーナーが置いていったペンダントライト(天井からぶら下がる電気)。機能はしているもののダサさに絶えられなくなってきているので、そろそろ本気で探して取り替えたいです。

小さなガーデニング

ガーデニングでは私の「左」にでる人はいないんじゃないかと思うほど、植物の世話が下手です。
でも去年の終わり頃から玄関先にバラが咲いたり、球根で買ってきたお花に芽が付いたりしているので、ここ数ヶ月は調子に乗ってガーデニング。と言ってもプランターに入った小さなガーデニング。

plants

上の写真の後方に写るのはゲラニウムのIvy という品種。
わっさわさと上に向かって育つのでなく、ちょろんちょろんと気ままに葉を付けながら下に垂れるタイプだと、Armstrong Garden Centers(ガーデニングセンター)のお兄さんが説明してくれました。花よりも葉っぱの形がカワイイんですよ。気に入って数個購入。家に入れたり、玄関先に出したりしながら楽しんでいます。

木工家でありCity Farmers Nursery のオーナーでもあるビルさんに伝授してもらった「説明書どおりにお水をあげるのではなく、自分の指を土に突っ込んで乾燥度を確認した上で決めるべき!」法に従ってお水をあげてます。
お水のタイミングすら悩む、超初級ガーデナーです。
上の級に上がれないまま、かれこれ5〜6年でしょうか。それでも懲りないどころか、ガーデニングセンターへ行っては何か買って帰って来る頻度が増してきているので、ダーリンに「次の犠牲者がやってきた。」なんてからかわれてますが、負けません。

上が玄関先のバラのクロースアップ。1ヶ月半ほど前です。

こちらはダイニング横の窓辺。写真一番右のプランターが、球根で買って芽を出したお花「Ariel」。どんなお花なのか全く分かりません。恥
2週間前には葉がこんなに長くなり・・・

PlantsAtWindowsill

「そろそろお花!?」と首を長〜くして待っているのですが、その気配なし。葉だけがグングン伸びています。やっぱり何か間違ったことをしてるのかしら。

先週の南カリフォルニアは大雨+強風で、外に埋めてあった小さなブーゲンビリアが台無しになってしまいました。前のオーナーが置いて行った多肉植物なども、強風で倒れたり、へんちくりんな方向を向いたりしている状態です。
自然の仕業とは言え、一瞬で台無しにされてしまうとどーんよりですね。

自然つながりで。数週間前のバレンタインデーの話し。
ロマンチックに(子供3人つきだけど)夕焼けを見に行こうと、サンセットで有名なSunset Cliffs へ向かいました。(どんな所か気になる方は、こちらをどうぞ。
この日のサンディエゴは普通にお天気だったのに、目的地へ近づいたころ霧が濃くなり、あっと言う間に30メートル先も見えないほど真っ暗(真っ白?)。
メインスポットはこんなでした。

sunset cliffs san diego
Sunset Cliffs, San Diego

バレンタインということもあり、ピクニックシートを敷いてグラスにワインを注いでるカップルが何組もいましたが、ロマンスというよりホラーでした(↓)。

sunset cliffs san diego
Sunset Cliffs, San Diego

うちのダーリン(↓)。

sunset cliffs, san diego
Sunset Cliffs, San Diego

なんだか怖いのでさっさと去ったのですが、5分も運転しないうちに霧が切れて晴天!サンディエゴで常に思うのは、天候の変化。日本と違って一瞬で変わるんです。コロッと。
ディナー先へ向かう途中の住宅街で、サンディエゴ湾の上にのぼる満月が見れたほどです(↓)。

写真にするとこれっぽち!?ですが、キラキラな夜景とトロトロな満月が本当にキレイだったんですよ。

sunsets in san diego
サンディエゴの夕焼け

またまた自然つながりで。最近インスタグラムにアップした夕焼けショットをコラージュにしてみました。
雲がある日の夕焼けの方が、ドラマチックで好きです。普段は裏庭でiPhone 撮影ですが、写真右下は息子の陸上クラブの練習場から。ぽこぽこ雲な日でした。

track and field practice
陸上クラブの練習風景

練習風景。
大会に出場しないランナー達の練習期間が終了したので、今週から厳しいトレーニングが始まりました。
(日本の父母へ→「こんなところで頑張ってるよ〜!」)

mixture 〜遠足で家具屋さんへ〜

ファニチャーデザインのクラスで遠足へ行ってきました。

遠足の目的地

① Spanish Landingにて、Marinetime Museum(マリンタイム・ミュージアム)による「サンサルバドル船の本物サイズレプリカ造船」の見学

② リトルイタリーの家具&ホームアクセサリー屋さん 「mixture」の見学

③ 先生がインスタレーションをコミッション中の「The New Children’s Museum」を見学

3カ所を3時間半ほどで回るというセレブ並みのスケジュール。
とっても行く気がしなかったのですが、このクラスはすでに1回欠席しているので、頑張って行ってきました。

写真が多いので、記事を2回に分けて書こうと思います。
順不同ですが、まずは目的地2番目の「mixture」(ミクスチャー)という家具屋さんのことから。なぜって?大興奮してしまって、一刻も早く紹介したいお店だから。笑

mixture in San Diego California

レンガ作りの倉庫のような建物で、大きなドアを入ると家具とホームアクセサリーが並ぶこのメインエリア。ディスプレイがステキだし、カラフルな雑貨にワックワク。

mixture in San Diego California

本や文房具類などもあります。

mixture in San Diego California

下の写真左の黒い服の女性が奥さんオーナー。ご主人と夫婦で始めたお店らしいです。

mixture in San Diego California

店内を進むと階段があり、数年前に増築したという家具とアートをメインにした大きなスペースがあります。

mixture in San Diego California

写真中央の細くて若い女性がファニチャーデザインの先生。こんなガールネクストドアみたいな可愛い女性が、木屑だらけになって木工しちゃうんです。

閉店後、家具科の生徒だけに特別お店を開けてくれたので、ここで奥さんオーナーがお店の歴史や家具のことなどを話してくれました。キレイな人でしょう?おっとりした話し方で、全く気取らないステキな人でした。

mixture in San Diego California

mixture in San Diego California

mixture in San Diego California

家具はドイツやオランダなど、ヨーロッパからの輸入品が多いようです。
アートや雑貨品は、ローカルアーティストをサポートしたいということです。

・・・なんて話しを聞いた後に目に入ったもの↓

mixture in San Diego California

アーティスト、Amy Paul さんの作品がずらーっと壁一面に!
以前大学で取ったカラーセオリー(アートのクラス)の先生です。
私はこの先生の作品が大好き。カラーセオリーの先生だけあって、色使いにドキッとする作品が多いです。
いつも値段が気になっていたので早速値札をチェックしてみたら・・・、写真中央よりちょっと右寄りの縦長の作品が1500ドル。私には払えないけど、当たり前の値段かな。

mixture in San Diego California

ファニチャーデザインのクラスのプロジェクトで、数週間前に提出したデザインがあるのですが、上の写真のローファニチャーがそれに似ています。私のはスライドドアにデザインが入るので、もうちょっとクドイです。葛飾北斎の版画絵からインスピレーションを受けたデザインなのですが、とても気に入っているので来年にでも実際作りたいなーなんて思っています。いつかこのブログに載せれるといいのですが・・・。

mixture in San Diego California

2階にも家具があるのですが、クラスメイトとのお喋りに夢中になり写真を撮り忘れました。でも2階から下を見た図(上の写真)は撮ってました。

このお店の近くにあるBlickというアートサプライ店には何十回と行ったことあるのに、なんでこんなにステキなお店に気が付かなかったんだろう。
家具って作るのも楽しいけど、見るのも本当に楽しい♪
これからちょくちょく立寄りたいお店の1つになりました。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
人気ブログランキングへ

Maker Place San Diego

今日は「サンディエゴ在住で物作りが好きな人」という、かなり少人数の方がターゲットな話題です。

3月にオープンしたばかりという、サンディエゴのMaker Place
その名の通り「作り手の場」です。

Maker Place San Diego

私の趣味に家族みんなを引き連れて、施設の見学へ行ってきました。
到着して「まずは看板の写真!」と思ったらカメラのバッテリー切れ。写真はiPhoneで撮ったせいか(?)どんよりしてるし意味不明の色まで入っていますが、実際には明るく楽しい場所です。

オーナーが「作るのが好きな人たちの作業場クラブにしたくて建てた」と語るMaker Placeを知った時は、心拍数が確実に上がりました。笑
というのは私が利用するWoodshop(木工所)は、現在土曜日と日曜日しかオープンしていないので、製作が週末に限られてしまうのです。私が頻繁に必要とする機械はほとんど揃っているし、大好きな木工おじいちゃんで私のメンター的存在になってくれているケンさんもいます。イタリア人木工おじさんの存在と汚いおトイレ以外は文句なしのWoodshopなのですが、週末だけというのはやはり難です。
そこへMaker Placeがオープンとなると、運命を感じずにはいられませんでした。

上の写真はロビーです。
トイレや利用者が集うラウンジをぬけるとAssembly Room。組み立て作業などの部屋ですが、無料Wi-Fiありなので、コーヒー飲みながらラップトップ広げて、ヤスリかけながらお友達とお話してる人などなど・・・。まさに私が夢見る環境!
壁がホワイトボードになっているので、製作プランなど好きに書いていいそうです。
アイデアを盗用されないように注意ですね。笑

Maker Place San Diego

許可をいただいたので写真は大量に撮ったのですが、全ての機械の写真をアップするのは大変なので絞ってご紹介。こちらは3Dプリンター。

Maker Place San Diego

ちょうど1ヶ月ぐらい前、大学のクラスメイトから3Dプリンターの存在を聞いたばかりでした。今は最新テクノロジーですが、そのうちこれが一般家庭に置かれるようになる日が訪れたりするのかな。

Craft Roomには工業ミシンや刺繍マシーン(本名忘れました)などなど。

Maker Place San Diego

下はプラスチックで模型やパーツを作る個人用の小型機械です。

Maker Place San Diego

写真の方に「何を目標にしてるのですか?」と聞くと、「プラスチックも家庭などで簡単にリサイクルできるようにする、”Zero Waste”(無駄ゼロ)を可能にする機械を作り上げるのが目標です。」と言ってました。
ちなみにこの方、この機械を作り上げるクラスを教えています。材料費だけで$899。$8.99の間違いかと思ってしまいました。高いんですね。
なぜか本業が気になったので聞いてみたら、軍でのエンジニアをしているということでした。

試しにミニチュア竜巻模型を作ってくれている最中、熱心に見る息子。

Maker Place San Diego

男の子はこういうの好きですね。この後数日間、「あのクラス取らせてくれ〜。」が続いたのは言うまでもありません。

こちらはレーザーカットなどの部屋。

Maker Place San Diego

だれかの作品↓

Maker Place San Diego

レーザーカットのサービスってまだまだ高いので、この機械にアクセスがあるのはとっても嬉しいです。

そしてPaint Room。飛ばされたので、わざわざお願いして見せてもらいました。
Paint Roomと言っても、スプレーブースですね。

Maker Place San Diego

偶然にも、最近憧れているVolkswagenのバンがスプレーブースを陣取っていました。
写真では分かりづらいですが、キレイなメタリックオレンジにスプレーされています。できあがって外を走っている姿が見てみたいなー♪

写真はありませんが、Woodworking Room(木工室)やMetal Room(メタル室)にも機械が豊富に揃っています。私の一番のお目当てはもちろんWoodworking Room。
2階にはクラスルームやミーティングルームなどもあります。

気になるお値段ですが、1日だけの利用なら$45。
1ヶ月だと$150。学生、シニア、軍人は$130です。入会金などなし。
3〜4日以上利用するなら、1ヶ月分払った方がお得ということですね。
来週あたりから試しで1ヶ月利用してみようと思います。

この日は「私の趣味に無理矢理家族を引き連れて行った」つもりでしたが、機械の見学に、意外と子供達は楽しんだ様子でした。

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。
クリック(=応援)よろしくおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...