注文のゼブラまな板

Cutting board order. Applied several coats of oil, and done. まな板の注文。オイルを数コート塗って完了  #woodworking #cuttingboard #servingboard #wood #zebra #kitchen #utensils #木工 #まな板 #ゼブラ材 #サービングボード #サービングトレー #vscocam

木工所は閉っていても手はあるので、やる気になればシンプルなまな板ぐらいはラスプやヤスリで作れるものですね。
と言ってもベンチトップ用の小さな機械をいただいたので、「手作業だけ」で作った物ではありませんが。それらいただいた機械の嬉しい話しはまた後日に。

今回のまな板は注文していただいたものです。
ご希望は「ゼブラ材で、サンドイッチが作れるぐらいのサイズ」。デザインの指定はなかったので、持ち手部分に手作業ならではのカーブを作ってみました。

親指の傷は、旋盤の横を通りかかった時にひっかけてしまいました。木工作業中より、フツーの生活で傷を作ってしまうことが多いオッチョコチョイです。多分母ゆずり。

Zebra Cutting Board

オイルを数コート塗って、日が暮れる寸前にiPhone でワンモアショット。
持ち手のできあがり、けっこう気に入ってます。
3枚作れる分のゼブラ材を買ったので、あと2枚。ガリガリゴシゴシと削ってヤスってがんばります。

Chevronサービングトレー 〜まな板チャレンジのつづき〜

一番下に、我が家の鯉のぼりの写真をアップしました。

Chevronまな板チャレンジ、しばらくガレージにほっぱらかしかと思いきや、思いもよらずほぼ完成です。

Chevron Serving Tray
*仕上げを塗ろうか悩み中。

周りにオレンジの木(名前ど忘れ)を入れたのは、前々回の記事に登場させた例のイタリア人木工おじさんのアイデアです。彼のイタリアンな提案に賛成していないのに、勝手に木を細くカットしてきて手渡され「ノー」といえず流されてしまいました。
幼いころから「やだ」「ノー」と言うことに全く障害を感じなかった私ですが、年のせいか人並みに情けが出てきたようです。笑

真四角にしたので(なってしまったので)、まな板ではなくサービングトレーということにします。先日Sushi Hut(アメリカの寿司デリ屋さんです)をお持ち帰りしたので、乗っけてみました。

Chevron Serving Tray
*Sushi Hut、美味しくなかったです。

ハイカラなChevronまな板になる予定が、イタリア人木工おじさんがオレンジの木を入れたせいで(?)、いかにも「木工おじさん」的な人が作りそうなアイテムに見えます。ま、たまにはこんなのも悪くないかな。気のせいか、ずれてしまったジグザグの一部が目に飛び込んでこなくなりました。

日本はこどもの日ですね。
最近子供たちが「お寿司食べた〜い。」と頻繁に言うので、先日上のお持ち帰り寿司を買ってしまったのですが、こどもの日まで待ってこのサービングトレーを登場させれば良かったと後悔。
サンディエゴはメキシコとの国境沿いのせいか、5月5日はメキシコのCinco de Mayo(シンコ・デ・マヨ)という祝日で賑やかです。
そんな中、我が家は負けずに日本の鯉のぼりを泳がせています。

両親が見たいだろうと思い、我が家の鯉のぼり写真を撮り追加しました。
賃貸暮らしでは出せるところが少なかったので、久しぶりに日の光を見る鯉のぼりです。

Koinobori for Japanese Kodomo no hi Celebration

まだまだ家の中が酷いので外に費やす時間がなく、写真は入居してから全く変わっていない玄関先です。後ろに写っているバラなんて、バラなのにまるで雑草のよう。

ポールを受ける金具が鯉のぼりのポールとサイズが合わないのでしっかり固定できず、紐がグルグル巻きになってますが、出すことができただけで満足。
風に泳いだ瞬間の写真を取りたかったのですが、そよ風程度しか吹いてくれないので豪快な泳ぎはなかなか見れなそうです。

Koinobori for Japanese Kodomo no hi Celebration

あとで検索したら、黒い真鯉が一番上にこなくてはいけないみたいでした。この虹色のはアメリカ人に「ここはゲイの家族ね。」なんて思われてしまいそう。笑

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ

ブログランキングに参加しています。ブチュッとクリックおねがいします!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...