ボウタイ付き丸サービングボード

ドラマチックなヒビが入っているホワイトオークの使い道を散々悩んだ末、サービングボードにしました。

カッティングボード(まな板)でもいいのだけど、お肉とかを切った後にヒビの中まで洗いきれないことを考えると、やっぱりサービングボードと呼んでおいたほうが無難かな。

裏も表もなく両サイド使えます。片側はボウタイ2コ。反対側はボウタイ4コ。
ボウタイ(バタフライ)作りもハメ込み作業も慣れてはいるのだけど、何回やっても面倒です。今回は数が多いだけで平らな面に付けたので、その点は楽でした。器の曲線面だったりすると、もっと気を使います。

ざっくり切ったあとに旋盤で丸くして、周りにちょっとだけ角度を付けています。こうしないとテーブルに吸い付いちゃって、持ち上げたい時に結構な力を要し、テーブルから離れた瞬間にボードの上のお料理がすっ飛んでしまったりするんじゃないかと。、、、そんな経験があるのは私だけかな?

以前同じホワイトオークの板から、ボウタイ付き手鏡も作っています。

余談。
友人宅でのベトナム料理ディナー。フォーをいただいた後は生春巻き!

まるで手巻き寿司のように、自分で巻くんですよ。生春巻きの皮をお水にさっと通すのだけど、やりすぎると皮がペットペト〜。自分で好きな物(フライのお魚、パイナップル(!)、野菜など)を巻いてパクッ。

美味しかったです。

注文のゼブラまな板

Cutting board order. Applied several coats of oil, and done. まな板の注文。オイルを数コート塗って完了  #woodworking #cuttingboard #servingboard #wood #zebra #kitchen #utensils #木工 #まな板 #ゼブラ材 #サービングボード #サービングトレー #vscocam

木工所は閉っていても手はあるので、やる気になればシンプルなまな板ぐらいはラスプやヤスリで作れるものですね。
と言ってもベンチトップ用の小さな機械をいただいたので、「手作業だけ」で作った物ではありませんが。それらいただいた機械の嬉しい話しはまた後日に。

今回のまな板は注文していただいたものです。
ご希望は「ゼブラ材で、サンドイッチが作れるぐらいのサイズ」。デザインの指定はなかったので、持ち手部分に手作業ならではのカーブを作ってみました。

親指の傷は、旋盤の横を通りかかった時にひっかけてしまいました。木工作業中より、フツーの生活で傷を作ってしまうことが多いオッチョコチョイです。多分母ゆずり。

Zebra Cutting Board

オイルを数コート塗って、日が暮れる寸前にiPhone でワンモアショット。
持ち手のできあがり、けっこう気に入ってます。
3枚作れる分のゼブラ材を買ったので、あと2枚。ガリガリゴシゴシと削ってヤスってがんばります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...