簡易テーブルの仕上げ塗装

クラフトフェアへ出店するとき用に作った簡易テーブルがあるのですが、ブレックファーストヌックにテーブルを作るまで代わりに使っています。でも天板の仕上げ塗装をしていなかったので、何かをこぼす度にどんどん染み込んで汚れていく始末。今朝重い腰をあげて塗装しました。

ビフォア写真を撮らなかったので比べようがないのですが、パイン材なので明るい色の木で、汚れがとても目立ちました。

ざっくりヤスリをかけてもシミが残っていたので、手持ちのステイン(Minwax “Special Walnut 224″)を使ってごまかすことに。まだらになったら嫌なので、ウッド・コンディショナーを先に塗ります。ステインが乾いた後にクリアのウレタン(光沢はサテン)を3コート。「すぐに乾きます!」というウレタンだったので、半日で完成!

これで何かをこぼしても、サラッと拭き取れるようになりました。

テーブルのサイズがこのスペースにぴったりなので、いつか作るテーブルもこのぐらいの大きさにするつもりです。

先週ダーリンが買ってきてくれたお花。アメリカは購入の時点ですでに花が開いていることが多いので、枯れるまでが早いです。

フェルト手芸用引き出し

姉にプレゼントすると約束した、フェルト手芸用の引き出しを製作中です。
木材のカットはとっくに済んでいたのですが、マスターバスのリモデルでガレージが使えなかったため、ステインを塗る作業が中途半端な状態で止まっていました。

Desktop Drawers in Progress

姉はフェルト手芸をするのですが、アメリカのフェルトは日本と違って長方形(9x12インチ)だとか。
その長方形なフェルトがすっきり収まるよう、サイズ指定です。

ステインの色は Minwaxの Special Walnutを使いました。
2〜3度塗りしてこの濃さ。予想していたより薄めなので、
「この色で大丈夫?」
と姉に確認をとるために写真を撮ったので記事にしてます。
ちなみに写真の下に写る下駄箱は Red Mahogany色でした。この色も残ってるからこっちに変更も可能だよ。
全体にステインを塗ってフィニッシングをし、引き出しのプルを付けたらできあがり。取りにきてね。

ブログランキングに参加しています。
クリックで応援してね!

にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
人気ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...