キッチンドアの窓枠をブラックに

キッチンドア(勝手口)の内側の窓枠をブラックに塗りました。

キュッとしまった感じになってウレシい。
今まではどんなだったかと言うと、こんなでした(↓)。

このドアの外側の窓枠はすでにブラックに塗ってあるのですが、ペンキが付いちゃいけない部分はテープを貼ったりして準備をするのが面倒だったので、窓枠をドアから取り外してスプレーペイントすることに。できれば外側の窓枠もスプレーペイントで塗りなおしたかったのですが、外れたのは内側だけ。真ん中に挟まられているガラスも外側の窓枠に糊付けされてて外れませんでした。

上の写真は内側の窓枠が取れて、ドアを横に寝かせた状態。こうして見ると分かると思うのですが、外側の窓枠の裏側が白いままで、さらには塗った黒いペンキが滲んでたりしています。これが内側から見えてイヤなのですが、外れないからどうしようもできない、、、。すっごく気になるんだけど、見て見ないふりするしかなさそう、、、。

外れた内側の窓枠は両面セミグロスのスプレーペイントで数コート塗りました。こういう細かい部分は、取り外してスプレーペイントが楽ですね〜。

ドアのフレームとドアの内側はブラシとローラーで白く塗りました。

ドアが白く塗れたら、スプレー塗りした窓枠を元通りはめ込み、、、

ドアをまたインストールしなおしたら出来上がり〜!

今日の皆既日食をネガで見ていたら、近所のお兄さんがすっ飛んできてくれて「これで見ろー!」と専用メガネを貸してくれました。太陽が三日月状態で、不思議でした。あと暗くはならなかったのだけど、真昼間なのになーんとなくフィルムがかかったかのような明るさ、というか暗さで、不思議な感じがしました。
サンディエゴは朝晩冷えてきて、もう秋です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...