ユーカリの木でキッチンスクープ/木工旋盤の本

1年ぐらい前に作ったスクープにやっとオイルを塗りました。
お砂糖や小麦粉なんかのキャニスターに入れておくようなスクープ(スプーン)です。

友人宅の裏庭で倒れたユーカリの木で、チェリーの木の色に似てますが硬さが全然違くて、ユーカリの方が硬いです。

ユーカリは落葉樹。落葉樹は英語でDeciduous trees。口語的にはHard wood (ハードウッド)と呼びます。パイン(松の木)などはsoft wood(ソフトウッド)になりますが、英語だとまるで木の硬さでカテゴリーが決まるような響きがあるので、誤解している人が多いと木工の先生が言ってました。

スクープの周りにナイフでテキスチャーを入れてみました。

スクープの器の部分は旋盤から外した後、バンドソーで上の写真のように斜めに切って口になる部分を広げるというプロセスです。
こんな当たり前なプロセスも、初めて学んだ時には目からウロコで興奮しました。

上は私が買った唯一のウッドターニングの本で、リチャード・ラッファンさん(イギリス人)のTurning Wood です。

いまだに時々開けては技術の確認をしています。オススメ!

ひさしぶりにスプーンカービング

チェリー(さくら)のスプーンです。

spooncarving2

ひさしぶりに味わうスプーンカービング作業に伴う手の痛み。でも楽しい。水ぶくれができても、まめができても、次から次へとスプーンを削ってしまう人の気持ちが分かります。

spooncarving1

先週末は勝ち進んでいるサッカーシーズン最後のトーナメントで、Lancaster というドライブで3時間ちょっと北の町へ。

Lancaster

去年のApple Valley もそうでしたが、どどっぴろいだけで特に何もない場所です。

StateGovernerCup

ラウンド16で負けました。

毎年12月にあるサッカークラブのバンケットで、今シーズンはCoach’s Award というMVPのような賞をもらいました。嬉しくて笑顔が止まらない息子を見ながら、誇らしい日でした。

IZ_MVP

去年は陸上でも年齢別MVPをもらい、スポーツ大好き少年にとって思い出に残る年になった気がします。

これで1月からまた始まっている陸上の練習にやっとどっぷり浸かれるのですが、サッカーは今週休みなだけで、来週には次シーズンのトライアウト。U9で始めたサッカーですが、今年はU15!時が経つのは早い!
MLS(アメリカのプロのサッカー)シーズンも始まっているので、観戦にも忙しくなる時期です。

西洋トチの木のスプーン 〜完成〜

buckeyespoon1

Buckeye(西洋トチの木)スプーンにオイルを塗って、やっとできあがり。

buckeyespoon2

ころんと肉厚な仕上がり。
この木のアイテムは、同じ形でも1つ1つに全く違う表情がでて面白いです。

西洋トチの木のスプーン

西洋トチの木のスプーンを製作中です。

buckeyespoon

スプーンの中のボール部分は木工旋盤で挽いてしまいます。
外側は他の木のスプーンの場合、写真の左側にあるナイフで削るのですが、西洋トチの木は発泡スチロールを圧縮したような質感で木目の方向がない木なので、どの方向から削っても綺麗に削れてくれません。なのでヤスリで頑張って形を整える作業が増えます。スプーンカービングじゃなくて、スプーンサンディングと呼ぶのが相応しいかも。

一番手前のはオイルを1コート塗ったスプーン。ハンドルの先っちょに波のような柄が出て、なんだかカワイイです。

ダーリン用まな板と他小物たち

我が家の大黒柱のダーリンが、近々単身赴任で引っ越すことになりました。以前にも書いたかもしれないのですが、軍人という職柄上引っ越しは数年おきにやってきます。「イタリア行く?バーレーンもあるよ。」と好奇心旺盛な私をワクワクさせておいて、最終的には同州内の他のエリアへ移動することになりました。
いつもは家族丸ごと引っ越すのですが、今回は子供たちのこと、マイホームのこと、行き先に不都合があることなど色々考えて、私と子供たちは残ることに。
日ごろダーリンに甘えて生きてるので色々不安もありますが、きっと子供たちが生活をリードしてくれることでしょう。同州なのでちょくちょく帰って来るみたいですし・・・。

そこで。
最近ますますお料理を楽しんでいる様子のダーリンに、上の写真のまな板を作ってみました。引っ越し先でキッチンにアクセスがあるかどうかも分からないのですが、ダメなら壁掛けにでも?笑

そんなダーリンの引っ越しの準備と、ガレージ木工所の作業で人並みに忙しい日々ですが、合間に小物など作っています。

キッチンの小物
キッチンの小物

スプーンはあまりデザインにこだわらず、端材の形を元に削っています。

キッチンの小物
キッチンの小物

まな板は節の穴を利用して。

g peaking from live-edge hole
G peeking from live-edge hole

入れ子式の箱なんかも(↓)。

小物は比較的早いペースででき上がって楽しいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...