Cクランプの家庭での活用法

一番下に追記あり。

木工で使うCクランプ。ぐるぐると回す部分がフックの役目を果たしてくれるので、木工作業に限らず毎日の生活の中でも活用できるんです。

実際に木工作業に使うクランプは真剣に選びますが、家の中で使うクランプは、安さや見た目で買っちゃいます。上のはチープで壊れやすい物ばかりが並ぶ(笑)Harbor Freight というお店で買ったCクランプたち。一番小さいのはオープニングが1インチので1.99ドル。

うちでは最近ファームハウスシンクのタオルを挟むのに使っています。

ファームハウスシンクの画像をピンタレストなどで目にすると、タオルがそのままシンクに引っかかっているのですが、洗い物が多いとシンクの内側にかかるタオル半分があっという間に濡れてしまいます。でも吸盤フックとか格好悪いものは付けたくないなーと思ってミニチュアのCクランプを使っています。タオルを畳んで、ほんのちょっとだけ内側にいくように引っ掛けたらCクランプでギュッ。

上の写真はCクランプをシンクではなくカウンターに取り付けてタオルをかけています。どっちが使い易いかな〜と試しています。

それと以前紹介した延長コードの収納ドーナツ。ドライブウェイで車掃除に必要になったり、草刈り機に必要になったりする延長コードなのでガレージ工房の前付近に置いておきたいのですが、フックが付けれるところがなく困っていたんです。そんな時に思いついたのが、やっぱりCクランプ。テーブルや台など、何かCクランプが掴めるものがあれば、フックになります。

テーブルソーの延長テーブルに付けました。

この先はネットで見つけたCクランプの活用法。画像に発信元のリンクを付けておいたので、クリックで飛びます。

ここからはアイデア溢れるCクランプの商品です。

ボトルオープナーにもなるCクランプ!

&サインのCクランプ!

イエローが可愛いCクランプ!

木工作業以外にも大活躍なCクランプの紹介でした。

追記です。この記事を書いた翌日、アンソロポロジーへ行ったらCクランプが使われていました(↓)。

オリーブの小箱の注文/ツールのリタイア

先日のクラフトフェアで、私のオリーブの小箱をネットで見たと言って、注文をしに来てくださった方がいました。

BigHeadBox_Olive

この頭でっかちなデザインの小箱は作るたびに蓋の球が大きくなってるのですが、なかなか掴みやすくていいんですよ。ソルトセラーとして使ってもらうことを想像して作ってます。が、もちろん何に使っていただいてもウレシいです。

注文してくださったお客さんには写真を送って確認してもらったところで、急いで包んで送りました。今週の土曜日に会うヨガの先生へのクリスマスギフトなんだそうです。あとは郵便局が予定通りに届けてくれることを祈るのみ。

先日フッと気が付いたのですが、お気に入りのボールガウジ(ウッドターニングツール)がこんなに短くなっていました。クラフトフェア前だったので、器が作れなくなっちゃったらどうしよう・・・ってドキドキしちゃいましたが足りました。

woodturningtool

谷間がある部分しか使えないので、もう本当にあとちょっとでリタイア。
中位のこのサイズが一番好きなのでこればかり使ってしまうのですが、たまにしか使わない小さめのと比べるとこんなに長さが違います(↓)。

Woodturningtools

2016年もたくさんウッドターニングする予定なので、そろそろ新調しないと。

アボカドの器 〜乾燥待ち〜

先月のウッドターナーのミーティングで、アボカドの木が売りに出されていました。
アボカドの実はだ〜い好きでしょっちゅう買ってますが、ツリーは初めて。

まだ切り倒されたばかりのアボカドツリーだったので、水分が飛び散っていつも以上に汚れながらの作業。上の写真は、とりあえず外側だけラフに挽いた時のもの。その後バタバタと忙しくなり、今週やっと器の中を挽く作業へ。

avocadobowls2

木は乾燥の過程でヒビが入ることが多々あり、この3週間の間にもすでに小さなヒビが・・・。聞いてはいたのですが、アボカドツリーは歪みも大きいです。そんなのを取り除きながら、厚み2センチぐらいの器に残し、さらに乾かします。

avocadobowls1

さて、いくつ生き残ってくれるかな。数ヶ月後のお楽しみです。

tools

grinder

tinybowls

上は端材で作った、ウォルナットの器。おちょこ並みに小さいです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...