おしごと、おしごと・・・

2週間ほど前にエルトンさん(椅子の作り方を教えてくれた先生)に会いに行った時、サンディエゴのアンティークショップでウッドターナーを探していると聞きました。エルトンさんはアンティーク家具の修復作業もするので、アンティークショップのクライアントが何件かいて、その内の1件です。話しはトントン拍子に進み、今回家具の壊れたスピンドルのお仕事をさせてもらいました。

サンプルになったスピンドルは、どうやら犬かなにかに噛まれてしまったとかで左側が存在しませんが、上の写真を撮ったあと左側もシメトリーになるよう作りました。最後にさらにサンプルに近づけるよう気をつけて削り、ヤスリをかけて終了です。

そしてこの後、このアンティークショップのオーナーさんから将来のお仕事の件でミーティングがしたいと。修復作業よりも自分の家具や木工品を作っていきたい方向性ですが、家具を直して長く使うためのお仕事に関わるのも勉強になるので、時間が許す限り受けていきたいなーなんて思っています。

そして1ヶ月以上前の話しですが、他のお客さんの依頼で大型のディスプレイボックスのお仕事もさせてもらいました。急ぎで写真を撮り忘れたので記事に出来なかったのですが、その時一緒に作った同じスタイルのピクチャーフレームがこちら(↓)。

frames1

ディスプレイボックスはもっと奥行きがありますが、同じトラディショナルなタイプです。

frames2

中に入れるアートや写真がキュッと締まって引き立つといいなーと思い、フレームには角度を入れました。白いメープルの方は姉からのオーダーで、私が以前プレゼントした手ぬぐいを飾るのに使われる予定です。

frames3

上の写真はすっかりボケてしまいましたが、かなり大きいピクチャーフレームです。これにガラスと背面に薄板が入りました。

そしてなんと、ディスプレイボックスのお客さんからもまたお仕事をいただきました。
カスタムのお仕事はとーっても緊張しますが、喜んでもらえてまた注文してもらえる時の嬉しさと言ったら!
ゆっくりですが少しずつ増えるお仕事に感謝しながら、がんばっていきたいと思います。(がんばると言っても楽しいので、あまりがんばる感がないのが本当の所ですが。笑)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...