オフィスの壁をサユリタ土産で飾りました

どの壁に飾ろうかとさんざん悩んだサユリタで自宅用に買ったお土産の壁掛けプレート(ボール?)です。やっとオフィスのデスク前の壁に決めました。

壁選びだけじゃなくて、サイズ違いのプレートなので、どの順で飾るかとかあーだこーだと悩んだのです。
上に一番小さいの&下に一番大きいのを配置すると、安定感は感じるけど重い感じがする気がして。でも逆に一番大きいのを上にすると、不安定に感じる?じゃ、左右に並べようか、などなど。途中で考えるのがイヤになり、しばらく放ったらかしておきました。私の場合、「いい加減、床に置いてあるのを見たくない!」という理由で「決心」が付いたりします(笑)。今回もそのパターンで、さらに末っ子に「いつになったらこれ壁にかけるの?」って言われてしまいました。

結局プレートの並び順は、大きい方から下へ向かって小さく。と言うのは、どっしりした器のような壁掛けプレートなので不安定には感じないだろうというのと、逆に物自体にビジュアルな重みがあるので、雫のように下に流れると共に小さくなる方が、少し軽い感じを得れるかな?という計算をしてみたんです。あとあと天井がどんどん高くなっていく造りなので、上に大きいのを配置する方がつじつまが合うよねー?とか。

この壁、増築工事中にビルダーさんのうっかりミスだかで大きな穴を開けなくちゃいけなくなり(理由が思い出せない)、そのお陰で壁全体を増築部分とキッチンに合わせてフラットなテキスチャーにしてもらうことができたんですよー。ラッキーでした。

小さなエアプランツでもちょこっと乗せてあげたらもっと華やかになるかな?

週末に、ベトナムの肉まん屋さんを見つけました。TP Banh Bao 3。

肉まんはあちらではBanh Bao (バンバオ?)っていうのかな。これが美味しくって。感激!

ボックスに9コ入れてもらうと安くなるので、豚肉5コと鶏肉4コで9コ買いしました。どれがどれなのか、親切にマーカーで書いておいてくれましたよ。

上は豚肉まんで、ゆで卵入り〜。ベトナム人の口に合うように作っているのだろうから、どれだけ私たちが食べれるか?という冒険心で買ったのですが、癖とかまったくなくて、ふっかふか熱々のデリッシュ!でした。

働いている女性もとても感じいいし、何よりキッチンで夏休み中の子供達(女の子2人)が、扇風機を回しながらお手伝いしてるのが微笑ましかった。また行こうっと。

玄関横の仕切り壁が完成

エントランス(玄関)横に、新しい壁ができました。

エントランスの横がリビングルームなので、誰かが来たときに中が丸見えになるのがイヤで、仕切りの役目を果たす壁を作ったのです。
下の写真が去年、壁を立てた時の様子。フレームを設置し終わって、ドライウォールを取り付けているところです。

この後、ジョイントコンパウンドを塗る作業が面倒臭いなと思っていたところで増築工事が始まったので、例のごとく何ヶ月も放ったらかし。
ちなみにジョイントコンパウンド塗りの作業は今までやったDIYの中で一番か2番を競うぐらい不得意なので、もう自分たちでやるのやめることにしました。そんなわけで、先日やっとドライウォールの業者さんを呼んで、ジョイントコンパウンドを塗ってもらいました(↓)。

上の写真は1コート目が終わったところ。この上に「サンタフェ」というテキスチャーを付けてもらって終了。プロは早い!しかも全くヤスったりしないで綺麗にできあがってしまいます。

ジョイントコンパウンドが乾いたら自分たちでペンキを塗り、ベースモールディングを付けて完成!まるで入居したときからあった壁のように馴染んでいます。

新しくできた壁に取り付けたフックラックは、Rejuvenation のIron Double Hook Rack

5人家族なので、5つのフックがちょうどいい!と思って選びました。

以前作った小さなペーパーコード編みのスツールがぴったりなスペースになりました。
新しい壁のリビングルーム側の写真は、エンターテイメントセンターの設置が終わったらアップします。

ビンテージミラー

etsy で買った小さなビンテージミラー。

前に自分で作ったパントリー件食器棚にしているキャビネットの横にかけました。
この壁には以前ハンドメイドした鏡をかけていたのですが、増築工事のために外し、他の物と山積みにしていたせいかヒビが。

私は賃貸に住んでいた頃からの習慣で、キッチン周辺の壁に必ず鏡を確保します。
と言うのはいきなりピンポーンと誰かが来た時に、ドアに出る前に顔をチェックしたいから。とてもじゃないけど人に見せられる姿じゃないときが多々あるので。笑

鏡の後ろにはフックも何も付いていなかったので、もしかしたらバニティとかお化粧台に置いておくトレーなのかも。壁にかけるのにどうしようかと解体しながら考えた末、ピクチャーフレーム用フックをエポキシ糊でくっつけることにしました。解体する必要がなかったことになります(笑)。せっかくなので解体しなければ拭けなかった部分とか綺麗に拭いてから戻しましたよ。

こういう小さなネイルを打つ時は、以前自分で作った小さなハンマーが役に立ちます。軽いし、小さな力が完璧なんです。

今年のサンディエゴの冬は寒くて雨が多く、ここ1週間なんて大雨、今日はひょうも降りました。
寒いの苦手だけど、初年度から薪ストーブが大活躍!今年は増築工事で出た材木や、私のガレージ工房の端材、そして近くのセブンイレブンで無料でもらえる大きな木のパレットで、薪は買わずに済みそうです。

鳩のハンギングプランター

薪ストーブ上の飾り棚に、ビンテージのDove Hanging Planter (ハトの吊り鉢)を買いました。

doveplanter1

陶器製です。
どんな植物を入れようかな〜と迷っているのですが、まだ居場所が決まっていないエアプランツをとりあえずチョンと乗せて。

doveplanter2

薪ストーブ周りの飾り付けにあれこれ悩んだわりには、買い足したのはこの鳩のプランターだけ。あまりごちゃごちゃしてもね。

doveplanter3

まだまだ日中はポカポカな陽気のサンディエゴですが、朝晩の最低気温が15なんて日があるので、床からキーンと冷える我が家の最低気温はもっと低いんだろうなぁ。
そろそろストーブの薪を買いにいこう。

薪ストーブの設置完了

Tada! (じゃじゃ〜ん!)

woodstove1

数日前に薪ストーブの設置が完了しました。

woodstove2

まだツールも薪も買ってないので、明日突然冬が訪れても薪を焚けない状態ですが、いや〜、カワイイ。穴があくのではないかと思うほど見つめる毎日です。

woodstove3

以前ダーリンがスリフトストアで買ってきた中古のバスケット(写真上の左)を薪の保管所にするつもりですが、元暖炉があった穴に薪を積んでおくのもいいかも、と思っています。

woodstove4

上はダイニング側に向かったビュー。
まだ暖かい日が続くサンディエゴですが、先週の猛暑は去り、窓から入ってくる空気の温度がまた少し下がってきました。

shelfabovewoodstove1

ストーブ上の棚にはとりあえず手持ちの物を飾ってみました。

shelfabovewoodstove2

ビンテージのブルーの水差しに入れたのはユーカリ(↓) 。

woodstove5

トレーダージョーズで$1.90ぐらいで買いましたが、うちの裏のユーカリが全く同じ種類のユーカリです。柵のあっち側なので切りに行くのが大変なのですが、来年の春夏は裏のをカットしてここに飾ろう〜っと。

woodstove6

薪ストーブって、グリーンが似合うな〜。寒い季節も待ち遠しいけど、暖かい季節もデコレーションで楽しめそうです。

woodstove7

夜は、ストーブの中に入れた電池式キャンドルをスイッチオン。これもオフシーズンの恒例になるかも。
このキャンドルは去年ダーリンが3点セットで$4.99というのを見つけ、気を利かせて買ってきてくれました。
炎が揺れているように見える機能付き。10種類ぐらいの色があるので、末っ子が緑にしたり青にしたりして、ちょっと君の悪い雰囲気になっている時もあります。もうすぐハロウィーンなので、そんな色も面白いですが。

そしてエントランス(玄関)側から見たリビングルーム。

woodstove8

左側に未完成の壁があるの、お気づきでしょうか。夏休みに作った壁です。もう少し時間かかりそうですが、この話しもまた近いうちに書きますね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...